ホイール

REYNOLDS社(レイノルズ)のホイール 現行型番と旧エアロファミリー

一番気になってるホイールメーカーです。

REYNOLDS社とは

もともとReynolds Cyclingは、自転車用フレーム材料メーカーとして1989年にイギリス、バーミンガムで設立したサイクルパーツブランドです。 2006年に、のちのReynolds Cycling社となるアメリカにReynolds Composites社を立ち上げ、フレームチューブのReynolds社より独立して、カーボン製品の生産を開始。 世界初のフルカーボンフォークの製造にも着手した。 2009年にはホイール業界では伝説のデザイナー「ポール・リュー」を研究開発部のリーダーとして迎え、世界最軽量クラスの「RZR」を開発。 その後、ホイール専門メーカーへと転身し、現在へと至る。(フタバ商店 ホームページより)

SHIMANOOEM元でリムを提供していることで有名ですね。

日本の大企業の厳しい検査基準をクリアしているのですから、品質に関しては文句のつけようがない、ハズ。

代表的なラインナップを見ていこう。

RZRファミリー

RZR46

重量968g(T) 価格¥702,000

リム:高さ 90mm、幅 28mm

RZR90

重量1470g(T) 価格¥702,000

リム:高さ 90mm、幅 28mm

AERO-TLファミリー

AERO46TL Ready DB

 

重量1525g 価格¥324,000

リム:高さ 46mm、幅 28mm

AERO65TL Ready DB

重量1600g 価格¥324,000

リム:高さ 65mm、幅 28mm

AERO80TL Ready DB

重量1797g 価格¥¥302,400

リム:高さ 80mm、幅 28mm

チューブレスレディリムはクリンチャーも使用可能。

PERFORMANCEファミリー

ATTACK TL Ready DB

重量1365g(C) 価格¥193,320

リム: 高さ 29mm、幅 25mm

ASSAULT TL Ready DB

重量1365g 価格¥193,320

リム: 高さ 41mm、幅 25mm

ASSAULT Tubular

重量1315g 価格¥181,440(T)

リム: 高さ 41mm、幅 25mm

STRIKE TL Ready DB

重量1635g 価格¥193,320

リム: 高さ 61mm、幅 25mm

チューブレスレディリムはクリンチャーも使用可能。

 

普段使い用ならばもっと限られるが

一般的に選択肢となり得るのはこのあたりか。

型式によってはチューブラー/クリンチャー/チューブレスを選択できるものがあるのが特徴。

 

まずRZR46

ただでさえレイノルズ自体を見かけることが少ないのに、RZRの実物は一度も見たことがない。

これより軽い完組ホイールはLightWeight MEILENSTEIN OBERMAYER SCHWARZ EDITIONは重量935g 価格¥799,200

これらをポンと買える層がどれだけいるのかって話で、インプレ・レビュー等を探してもほぼ出てこない。

試乗車で数kmでいいから乗ってみたい。それだけで十分。

普段使いするにはあまりに気を遣いすぎて楽しくなさそう。

REYNOLDSの本命、AEROファミリーは現行チューブレスしか選べなくなってしまった様子。

確か少し前まではリムハイト90を除き、チューブラーも選べたハズだが。

AEROファミリー

AERO46

クリンチャー 重量1505g 価格¥291,600

チューブラー 重量1245g 価格¥280,800

AERO58

クリンチャー 重量1580g 価格¥302,400

チューブラー 重量1340g 価格¥291,600

AERO72

クリンチャー 重量1675g 価格¥313,200

チューブラー 重量1420g 価格¥302,400

AERO90

クリンチャー 重量1875g 価格¥324,000

 

まとめ

あえてREYNOLDSを買う冒険者はおそらく少ないだろうから、ショップによってはまだ在庫していそう。

買うならばチューブラーの旧モデル。

ZIPP404との比較するだけならAERO58が理想だけど、AERO46BORA ULTRA35/50の間の子のような重量/リムハイトのバランスで使いやすそう。

実際のところ個体差の有無がどうなのか不明で、FFWDみたいにハズレ個体が一定確率で存在していたら「運が悪かったネ」じゃ済まされんが、SHIMANOOEM元であることと下1桁単位で公称重量設定しているところに鑑みると、リム品質に関しては信頼できるのではないかと思う。

ピックアップ記事

  1. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.5 カイルアタウン散策 ブーツ…
  2. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.2 ハイアットリージェンシーリ…
  3. 【写真付き解説】カイルアタウン中心部からカイルアビーチへの行き方について【アクセ…
  4. 【171203更新】関西最大級のラーメンイベントEXPO2017 -店舗口コミま…
  5. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.3 結婚式編 アロハ・ケ・アク…

関連記事

  1. ホイール

    【2017年版】Shimano(シマノ) ロードバイク用ホイール 型番-重量-価格-比較一覧

    2017年、大人気だったアルテグラWH-6800がRS500と型番を変…

  2. ロードバイク

    関西空港-洲本ラインで淡路島へ行こう

    標題の通り、関西国際空港から淡路島へのルートが遂に復活しました。…

  3. ウェア

    【最新版】ロードバイクを買う前に知っておくべき予算について-思ってたよりお金が掛かる-

    ロードバイクはここ数年ホビーユーザーが増えてきており、健康増進のために…

  4. ホイール

    Cosmic Carbon Ultimate インプレッション-ZIPP404との比較-

    先日到着したコスカボアルチですが、ZIPP404とタイプが違いすぎて驚…

  5. ロードバイク

    ロードバイク関連用品の保管場所

    ロードバイクを趣味にするにおいてまず考えなければいけないのが保管場…

  6. ホイール

    Cosmic Carbon Ultimate 米国からはるばると

    前記事中古品を海外から直接購入する場合の交渉術と注意点&nbs…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

PAGE TOP