サドル

ロードバイク サドルの話 ASTUTE SKYLITE VTに換装

サドル沼という言葉をご存知ですか。

自分の尻にフィットするサドルを探し当てるまでひたすら買い続けてしまうことを言います。

どんな乗り物でも座席は乗り心地に直結するというもの。

こればかりは個人差があまりに大きいため、他人のレビュー、インプレなど当てになりません。

他人のケツには上手くフィットしても自分のに合うかどうかなんてロングライドしなければわかりませんから、どのメーカーのモノが自分の身体に合うものかを時間を掛けて試していかなくてはなりません。

人気モデルの美品であれば海外通販価格同等でオークションに流せますし、気軽に買っては試し、合わなければ流して新しいものを、というサイクルで入れ替え続ければ金銭的損失は殆どありません。

とりあえず1本目ということでASTUTE(アスチュート)SKYLITE VT(BLUE)という中級モデルを購入してみました。

 

外箱外観

開封!

カーボンファイバーレール

  • 内側のベースにはカーボンファイバーで強化したナイロンを使用
  • 外側のベースには柔らかい肌触りの特殊なナイロンファイバーを使用

サイド面に型番が明記されています。

国内で約¥28,000するものがCRCのセール割引込で¥15874と爆安。

5/22()にオーダし6/3()に受け取りできました。

 

現サドルはSelle San Marco PONZA POWER

完成車初期装備品です。

割とメジャーなサドルでコレに落ち着くライダーも多いと思われます。

では、サクッと交換していきます。

使用工具は5mmアーレンキー1本のみ。

緩める部分はシートポストの形状によりまして、1本で済むものもあれば2本外さなければならないものもあります。私のは1本ものでした。

この部分を外すとシートピラーが緩まります。

既設サドルを抜いて

逆手順で取り付けるサドルのレールをシートピラーを挟み込んで

再度ネジ止めをしておしまい。

取り付け自体は10分程度で完了。

サドルレールの後部が厚めに作られているので

サドルバッグの固定用レールを取り付けるのに手間取りました。

大体この辺りかな~っていうところで固定。

休日走りに出かけたタイミングで細かく調整していこう。

ASTUTEはまだまだ新しいブランドということで使っている方は少ないと思います。

今回は安かったので即決してしまいましたが、比較すべき他メーカー、ブランドの比較は備忘録として別記事で上げようと思います。

ピックアップ記事

  1. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.5 カイルアタウン散策 ブーツ…
  2. 阪急阪神ユーザーにとって最強のクレジットカード ペルソナSTACIA アメリカン…
  3. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.3 結婚式編 アロハ・ケ・アク…
  4. 【写真付き解説】カイルアタウン中心部からカイルアビーチへの行き方について【アクセ…
  5. 【171203更新】関西最大級のラーメンイベントEXPO2017 -店舗口コミま…

関連記事

  1. ホイール

    Cosmic Carbon Ultimate インプレッション-ZIPP404との比較-

    先日到着したコスカボアルチですが、ZIPP404とタイプが違いすぎて驚…

  2. ホイール

    Campagnolo Boraの是非

    Campagnoloのカーボンディープのド定番、Boraです。ミド…

  3. ロードバイク

    ロードバイク関連用品の保管場所

    ロードバイクを趣味にするにおいてまず考えなければいけないのが保管場…

  4. ホイール

    中古ホイールを海外から直接購入する場合の交渉術と注意点

    先週あたりから目を付けていた獲物がようやく出荷されました。ロードバ…

  5. ホイール

    Lightweight MEILENSTEINのインプレッション -ZIPP404との比較レビュー-…

    究極の回転体、ドイツのLightweightのホイールをレンタルできる…

  6. ホイール

    FULCRUM RacingZeroとRacing Speedは憧れ

    FULCRUMとはFULCRUMは2003年に確立されたブランドで…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

PAGE TOP