夜行バス

大阪-東京間の格安移動-新幹線と夜行バスの割引手段-

私は大阪市内在住ですが、仕事柄、月に何度か出張の機会があります。

旅行であれば移動も旅の一部と考え、シンプルに「安く」という考えは捨てるのですが

日帰りや一泊程度の出張では移動費を少しでも抑えて「出張交通費」の差額を懐に入れたい、というもの。

 

 

新大阪-東京間の移動手段は主に、”新幹線”と”高速バス”が挙げられるでしょうか。

単純にチケットを買えば高いが少しでも安くする方法をまとめたいと思う。

選択肢として飛行機(LCC)も考えられるが、価格と時間どちらを取っても中途半端なので今回は検討しない。

 

新幹線

料金さえ目を瞑ればもっとも使いやすい移動手段でしょうか。

新大阪-東京間の指定席運賃は通常¥14,450、所要時間約2時間30分。

新大阪-東京間を移動するなら、この”価格と時間”が比較対象として考えられるだろう。

閑散期と繁忙期

閑散期・繁忙期は年毎に設定されますが、基本的には

3月下旬〜4月上旬(年度の跨ぎ)、4月末〜5月上旬(ゴールデンウィーク)、7月中旬〜8月いっぱい(お盆、夏休み)、12月末〜1月上旬(年末年始)が繁忙期、

1月中旬~2月末、6月、9月、11月頭~12月中旬の月~木曜日(祝日とその前日は除く)は閑散期、

通常期はこれらを除く期間と設定されています。

閑散期は通常料金に対して¥200引、繁忙期は¥200増となります。

¥200上がったからといって別の手段を考える人はいないと思うが、乗ったタイミングによって料金が若干違うのはこの理由から。

割引手段

新大阪-東京間で、日帰りもしくは1〜2泊程度なら下記4パターンが代表的である。

区間・条件を考えなければ山のように割引手段が存在するが、ここでは割愛する。

チケットショップ

全国各地に存在する金券屋がまず思いつくだろう。

回数券のバラ売りで、割引率は多くの場合で5〜7%、金額にして約¥1,000程度。

構内通り掛かりに購入して駅弁代を浮かせられると考えればまずまずか。

金券屋で購入できるのは回数券なので、「東京⇄新大阪」と双方の改札で使用できる。

発券機・みどりの窓口で出されるものは全て「新大阪→東京」「東京→新大阪」と一方通行である。

これを利用して1枚の回数券で往復する手段が存在していたのだが、今では使えないハズ。

悪いことは考えないようにしましょう。

ぷらっとこだま

こちらも有名ですね。

こだま限定だが約25%の割引率、新大阪-東京間で¥10,500、ドリンク引換券付き。

プラス¥1,500でグリーン車にできるのもGood!

JR東海ツアーズ」の取扱い商品で、みどりの窓口では対応していないので注意。

ネットだと5営業日前、電話なら2営業日前、JR東海ツアーズの支店なら出発前日までに予約が可能。

ツアーの範疇であるものの、毎日運行しており最低催行人数1人〜と座席さえ空いていれば確実に利用できる。

エクスプレス予約

JR東海及び西日本の、会員制ネット予約サービス。

利用するにはクレジットカードが必須で、最初に”JR東海エクスプレスカード”か”JR西日本J-WESTカード”の入会申込をすることとなります。

その後、改札通過用のEX-ICカードが発行されます。

スマホでもパソコンからでも乗る直前に座席の確保ができるのが最大の強み。

座席の変更も何度でも無料。

エクスプレスカードに年会費¥1,080が発生するものの、

新大阪-東京間で¥1,080引、21日前予約のIC早割なら¥2,110引となります。

いずれにせよ年1回乗れば元が取れる計算。早得であれば10%以上の割引です。

新幹線駅までの移動中に席を抑え、切符を買わずにICカードで改札を通過できるので

そこら辺の手間とストレスがなくなるのは金額以上のメリットですね。

宿泊パック

私が最も推奨するのがこちら。

各旅行会社が取り扱っている”移動”+”宿”をアセンブルしたお得なセットで

一般的なビジネスホテルとのぞみ往復が付いて¥20,000〜と激安。

選べるホテルのグレードも選べて、¥1,500で新幹線グリーン席を選べるオプションもあったりする。

もちろん価格はシーズン・曜日によって大幅に変動するが、多くの場合¥30,000以下で利用できる。

 

往復新幹線チケットで¥28,990、東京圏のビジネスホテルで安くても¥5,000程度と考えても

だいたい¥34,000は掛かってくる計算。

¥20,000ちょいのプランを選べれば、割引率で考えると30%以上となり、お得感が半端じゃない。

旅行会社によっては東京メトロフリーパスやドリンク券などを付けてくれる。

連泊することもできるし、別の宿を個別に取って1泊3日とすることもできる。

日帰り出張でAM移動して数時間滞在して慌ただしく帰るよりも、

前乗りしてゆっくり午前中を過ごせてさらに安くなるからビジネス移動にも使える。

当然、行楽にももってこいのプランなので一度試してみてほしい。

私がよく使っている旅行会社は近畿日本ツーリスト、日本旅行JTBです。

 

高速バス

格安移動の代名詞、夜行バスです。

近年はコクーン型、完全個室型といったラグジュアリーな設計が施されたバスが出てきているが、従来の4列/3列シートは新幹線と比べると安価である。

夜行バスといえば、深夜のサービスエリア、

非日常的でワクワクするのは自分だけなのか、そのためだけに夜行バスを使いたくなる。

所要時間も8時間以上と長いので、旅感が強いですね。

料金相場

料金は新幹線とは違って時価である。各社その便の基準価格は設けているものの

キャンペーンや特別割引が当たり前なので、予約するタイミング次第で価格が異なる。

同じ便でも、2週間以上前なら安いし、 出発直前に空席が出ればそれを埋めるために通常よりも安くなるケースが多い。

新大阪-東京間の料金相場は

3列独立 ¥4,000〜¥5,000前後(月〜木) ¥6,000以上(週末〜日にかけて)

2-1型の便になると〜¥1,000安くなる。

4列シートはさらに安いが、隣に誰が座ってくるか分からないので博打感が強い。

独立シートでも快適とはとても言えないし、余裕がない時以外は最低でも2-1型の独立シートをオススメする。

私の感覚だと、3列シートで平日¥3,000以下、週末¥5,000ならかなり安いと思う。

高級路線

新幹線+ビジネスホテルを競合として捉えて設計されているようだ。

料金帯は¥10,000〜¥20,000で低価格帯シートとは比べ物にならない快適性が売りである。

バスというよりも”移動するカプセルホテル”で、女性からの支持が厚いようです。

「快適性と時間を犠牲にしてもいいから格安で移動するもの」と考えている方からしたら

バスでこの価格帯はありえない産物でしょう。

そういう固定概念を持った人もいる一方で、「快適に移動しながら一泊し朝一から目的地で活動できる」と考える人もいるはず。

ちなみに個人的にはそこまで出すなら先述した新幹線宿泊パックを使います(笑)

けれど最高グレードのバスでゆったり移動って考えも良いと思いますし、いずれ試してみたいとも思っています。

割引手段

3列/4列の一般型であればもともと安いが、さらにお得に席を押さえることもできる。

常に使える方法ではなく競争率も高いので、ピンポイントで席を取れたらラッキー程度に考えてもらえればいいかな。

キャンペーン

各運行会社が独自に行っているキャンペーンで、時々驚くほど安い座席が出てくることがある。

例えば、

Willerなら「水曜WillerでGo!」と称したディズニー・USJツアーパックパークでチケット込みで¥10,800

さくら観光ならサクゴーセール39.5%OFF

JAMJAMLINERならJ特割で通常料金から最大50%OFF(残席に応じて決定) などなど。

いずれも競争率が高いので、各社ホームページを随時チェックすると良いだろう。

回数券

高速バスにも回数券が存在する。

運行会社の窓口で購入する場合とWEBから購入する場合がある。

綴り枚数や割引率は各社異なるが高くても20%程度なので、

値段だけで考えるならば早特割を利用した方が良いだろう。

早割・学割・シニア割

早割は、座席数限定で21日、14日、7日、5日、3日前に予約すればお得というもの。

運行会社によって若干割引率は異なるが、20%前後安くなる。

数に限りがあるので、出かける日程が数週間前から決まっているならその時点で押さえておくと良いですね。

学割は学生証を提示することで20%引き、シニア割は○○%引だったり一律¥2,000円でOKだったり様々。

条件を満たしていない同伴者は通常料金なので注意しましょう。

 

ピックアップ記事

  1. 【171203更新】関西最大級のラーメンイベントEXPO2017 -店舗口コミま…
  2. 2017年 秋のヘッドホン祭り 試聴機種まとめと個人的ヒットモデル【簡易レビュー…
  3. SONY最新ウォークマン ZX300はポータブルを突き詰めた良DAP-思ったまま…
  4. 【減量挑戦】ソイジョイダイエット、始めました【ルール制定】
  5. 阪急阪神ユーザーにとって最強のクレジットカード ペルソナSTACIA アメリカン…

関連記事

  1. 移動術

    青春18きっぷの基本と心構え

    お金のない学生時代にえらくお世話になりました。10時間以上乗り…

  2. 夜行バス

    【2018年最新】高級夜行バス厳選比較 ドリームルリエ、ドリームスリーパー、ラクシアの乗り比べ

    今月は東京遠征が多かったので、これまで気になっていた高級バスとやらに…

  3. 移動術

    【2017年夏季】青春18きっぷ-夜行列車ムーンライトシリーズまとめ-

    夜行列車ムーンライトをご存知ですか。青春18きっぷが利用でき…

  4. 夜行バス

    【乗車記】Willer Expressの準高級夜行バス”Luxia-ラクシア-”を利用した話【東京-…

    友人の結婚式で東京に来ました。今月2度目の東京遠征…交通費が掛…

  5. 新幹線

    【超お得】新幹線+ビジネスホテルの宿泊パックを使ってみた【使い方】

    先日東京へ出張に行く機会があったので、こちらで紹介した宿泊パッ…

  6. 移動術

    【格安宿】キャビン系カプセルホテルは本当にオススメ!都内でも¥3,000~で宿泊可能!

    都内の店巡りを主とした旅行で何が困るかって言うと移動と宿なんですよね。…

特集

人気記事【ポータブルオーディオ】

人気記事【メンズアイテム】

Archive

PAGE TOP