未分類

何やかんだでiPhone8 Plusを買ってしまった話 -ざっくりレビューと最新型である必要性に関して-

10月は更新頻度が落ち込んでいました。日中は会社員で、そちらが繁忙期を迎えたことで愛パソコンに対面できる時間が取れなくなりつつある状況です。ヘッドホン祭りもあることですし、自転車の2018年度モデルが出てくるシーズンでもありますし、雑多にやっていきたいと思います。

さて、今回は「新iPhoneを購入した」というお話。

9月にiPhone8/Plusが発売され、11月頭には新フラグシップのiPhoneXが満を持して登場します。

私は昔はAndroidを使っていたのですが、iPhone5が出たタイミングでAppleに乗り換え、それからiPad、MacBookProと矢継ぎ栄えにりんご製品を揃えてきました。所持したことのあるiPhoneは5→6sPlusの2機種で6sに変えてからちょうど2年が経過したところです。

今回出た8も、形状や機能面でそれほどの変化もなく、6sPlusが使える間は買い換える必要はないな〜と思っていたのですが、

先日ちょっと遠くへ出張した際にまだまだ使えるiPhone6sPlusを紛失するという私史上トップ3に入る情けない事件が発生しました。

最後に見たのは電車内(在来線)で新幹線に乗り換えたタイミングで「ケータイがない!ないないない!」ということに気が付いたのです。

なくした場所がはっきりしているので、駅内落とし物センターに紛失届けを出したり、Twitterでダメ元で呼びかけてみたり、

まぁ見つかるはずもなく、無念… 頼みの綱の「iPhoneを探す」も本体に電源が入っていなければ使えないし…

数日スマホなしでの生活を強いられたわけで、煩わしいラインや暇つぶしにしかならないスマホゲームから離れることで、普段は全くしない読書タイムを設けられたり、考えよう考えようと思って後回しにしてしまうおカネ回りの整理整頓(クレジットとか口座とか)の時間を確保できたりで、新鮮な感覚を楽しむことができました。

しかしながら、その場でパッと思いついたことをメモることができなかったり、種々の情報源であるTwitterとネットニュースをリアルタイムで追えなかったり、スマホがないと超不便であることも同時に思い知らされました。

「やっぱりスマホは必要」なくても生活はできるけど、あるに越したことはありません。

というわけで、当初購入する予定になかった新型iPhoneを手にすることに。買い替えではなく新規購入なので思い切って新型を行っちゃいました。

 

Apple社は新製品が出ると旧型は多少値下がりするのが一般的で、iPhoneも御多分に洩れず7s以下のモデルは1万〜2万ほど安くなっていました。(Appleストアにて)

新型8は通常サイズが78,800(64GB)、94,800(256GB)、Plusが¥89,800(64GB)、106,800(256GB)

同じく新型Xは112,800(64GB)、129,800(256GB)、という価格帯。

フラグシップで14万程、これを高いと感じるかどうかは人それぞれですが、最新鋭の技術が搭載されたデバイスならまぁこんなもんでしょう。別に驚きません。パソコンが買えるとは言っても、そもそもの用途が違うのでその比較はないんじゃないかなぁと思います。

争点となるのは「どのモデルをチョイスするか」

(1)容量

どのモデルも容量は64GBと256GBの二本柱で、デジタル出力できるサブDAPとしても活躍できることを考えると256GB一択。普段持ち歩いている音楽データだけで200GBくらいあるので、メインDAPがバッテリー切れになった際にプレイリスト50GBくらいは仕込んでおきたい。7以降はイヤホンジャックが廃止されていますが、Apple製品はポタアンありきで考えているのでジャックの有無は問題なし。

(2)サイズ感

もともと6sPlusを使っていたので通常サイズの画面が小さすぎて操作しづらいです。女性ならPlusは大きすぎるんでしょうが、標準的なハンドサイズを持つ男であればPlusの方が何かと便利です。手のひらに収まる最大サイズというのがグッド!

というわけで8PlusかXかの二択となります。

(3)価格帯

256GB同士で8Plus-Xの価格差は、129,800-106,800=23,000。

これは8Plus定価の20%に相当します。 値段だけで考えるなら、いたって単純。23,000円分以上の優位性がXになるならそちらをチョイスした方がいいということになります。

(4)8PlusとXの違い

大きく3点あります。

  • ホームボタンの有無。
  • FaceIDの有無
  • カメラ性能

iPhone8Plusはこれまで使用してきた6sPlusの正統進化バージョン。タッチIDはそのままで画質の解像度が高まっており、使用感はあまり変わりません。一方Xでは表面のキワッキワまで画面となりホームボタンが完全に排除されています。物理ボタンが無くなってしまい、個人的にこの部分は戴けません。

Xにあって8にない機構としては「FaceID」がその筆頭でしょうか。指紋認証ではなく顔認証を初めて搭載したiPhoneということで世間を賑わせています。指紋認証よりも精度が高いとのことですが、Apple社のテストで失敗していたのを見て、初物の人柱にはなりたくないと純粋に思ってしまいました。今まで通り指紋認証で十分ですし、FaceIDは来年以降に出る後継機まで様子見としたい。

カメラ性能はスペック上ではXの方が高いのですが、外側のカメラ性能は8もXもさして変わりません。一方インカメはXの方が解像度が高く画質良く写せるのは間違いありません。自撮りするならXの方がいい。ですがインカメは使わない人からすればカメラの性能面からXをとる理由にはなりません。

というわけでXに対して差額分の価値を見出せられないどころかデメリットが目立ってしまっているので、これまでのiPhoneの集大成とも言える8を差し置いて、どう転ぶか分からない新型を取るメリットは私には感じられませんでした。

(5)納期

8は通常モデルもPlusもそれほど話題になっておらず、全て在庫有りという買いやすさ。Appleストアのスタッフに言えばすぐに出してきてくれるので入店から5分以内で購入可能

Xは予約段階から大激戦で 直後は定価に数十%乗っけたご祝儀価格でヤフオクに流れていました。転売ヤーの餌食になり現状最短納期でも1ヶ月以上。

そこまで待って、2万以上余分に払って、8と目立って違う点はFaceIDのみ。

 

これらの観点からiPhone8Plusを購入することに決めました。

8とXで悩んでいる方へ、Xに優位性を感じられないなら無理に買い換える必要はありませんし、8の方が使いやすいと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【171203更新】関西最大級のラーメンイベントEXPO2017 -店舗口コミま…
  2. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.2 ハイアットリージェンシーリ…
  3. 阪急阪神ユーザーにとって最強のクレジットカード ペルソナSTACIA アメリカン…
  4. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.4 オールデンを求めてLeat…
  5. 【写真付き解説】カイルアタウン中心部からカイルアビーチへの行き方について【アクセ…

関連記事

  1. 未分類

    超オススメ!iPhone6s用バッテリーケース Keluoerの使用感

    バッテリー容量を少しでも多く持つため、iPhone6S plus(公称…

  2. 未分類

    【考察】儀式型強化!貫通と相手モンスターデバフ持ち”青眼の混沌龍”のスペッ…

    6月に発売するデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3で、各アニ…

  3. 未分類

    【減量挑戦】ソイジョイダイエット、始めました【ルール制定】

    今年に入ってさらに体重が増したような気がします。それもそのはず…

  4. 未分類

    【ネタバレ有】任天堂ゼノブレイド2 レビュー メインシナリオを一通り終えて

    久しぶりのブログ更新です。しばらく放置していたのは12月1日に発売と…

  5. 未分類

    阪急阪神ユーザーにとって最強のクレジットカード ペルソナSTACIA アメリカン・エクスプレスカード…

    京阪神在住で阪急阪神を利用する者にとって最強のクレジットカードであるペ…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

PAGE TOP