インフェルニティ

彼岸インフェルニティのざっくり考察-ケルビーニと相性が良好な件-

こちらの記事で【インフェルニティ】の歴史とトレンドについてまとめた。

【インフェルニティ】リンクが主体でもシンクロは健在-オガドラクリスタルの作り方-

来たる11月末に出るリンクヴレインズパックで、直接インフェルニティが強化されるわけではないが、各種リンクモンスターが軒並みインフェルニティと相性が良いことから、何かしら実践級の展開コンボが生み出され、インフェルニティが大暴れしないか戦々恐々としている。

というかここで出るリンクモンスター同士の相性がそもそも良すぎるのが問題のような気もするが、思いつきで召喚権を使わずに手札を減らしつつリンクを立てられる彼岸との相性について考えてみた。

彼岸が出た時点でこの組み合わせは注目されていたので真新しさはない。加えて、半分思いつきなのでその点はご了承頂きたい。

ケルビーニとキュリオスの登場

チェイン亡き今、デッキから墓地送りにできるカードはとりあえずインフェルニティに組み込めないかを検討するのは、満足民にとっては常識、朝飯前だ。

まずはテキストから見てみよう。

彼岸の黒天使 ケルビーニ

リンク・効果モンスター リンク2/闇属性/天使族/ 500

【リンクマーカー:左下/右下】レベル3モンスター2体

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのリンク先のモンスターは効果では破壊されない。

(2):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送る事ができる。

(3):デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送り、フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分アップする。

ライトロード・ドミニオン キュリオス

リンク・効果モンスター リンク3/光属性/戦士族/2400

【リンクマーカー:上/左下/右下】同じ属性で種族が異なるモンスター3体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。

(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

ケルビーニはデスガイド1枚から始動できるが、(3)の効果のデッキからレベル3モンスターを墓地送りにするのは効果ではなくコストっぽい。効果であればトリックデーモンを落としてデーモンサーチができるが、コストであればマンサーくらいしか対象がいないのが問題。一応彼岸二種から召喚権を使わずにマンサーを落とせるのは優秀ではあるが。

キュリオスは同属性で種族の異なる3体という素材条件が厳しい。インフェルニティは全員闇の悪魔、サポートの終末、ダグレは闇の戦士なのでもう一種族組み込めたら召喚可能。メインデッキでは難しいので、上記のケルビーニ(闇の天使)を経由して出すのが楽。

彼岸2種からケルビーニss→ケルビーニefダンディ落として線毛2体ss→線毛1体でリンクリボーss→ハンドの悪魔(ヘルパト・マンサー・デーモン)か戦士(終末・ダグレ)をnsして、闇天使・闇サイバース・闇悪魔or戦士でキュリオスss→任意のモンスターを墓地送りといった流れ。

こちらは効果で墓地送りができる上、カードの種類を問わないので、ヘルパトもトリックデーモンも落とせるのが強み。素材とした闇悪魔・戦士と他の手札の兼ね合い次第ではループに持ち込めそう。

(2)の効果は(1)と連動しており、何かしら墓地送りにしたら強制的にデッキトップ3枚墓地へいってしまう。メリットととるかデメリットととるかは人それぞれだが、ここで制限カードのガンが落ちてしまったらそのターン内でループに入れなくなる。一応、相手によってキュリオスが場から離れたら墓地のガンを回収できるので、ラグはあるもののさらなる展開に持ち込めるが、今の高速環境でそんな猶予があるかは疑問である。

インフェルニティに彼岸を組み込む意義

ケルビーニの登場で、純彼岸はもとより、リリーサーで特殊召喚封印に特化した儀式彼岸も、幻影騎士団と組んだ混成型も強化される形となった。ベアトリーチェを立ててワンキルできるパターンも増えて、トーナメントでも通用することと思う。

そんな彼岸をインフェルニティの混ぜ物にする理由は、最終的高リンクモンスターとベアトリーチェを両立させられる点にある。

彼岸2種を初動としてケルビーニ→キュリオスの流れで墓地を調整しつつマンサービショップデーモンのループに持ち込み、最終マンサー×2でダンテを立て、FWDの(1)効果で墓地から彼岸を含むモンスターを回収、彼岸を切ってベアトリーチェといった流れだ。加えてマンサーを蘇生できる手段の数だけリンクモンスターが立ち並ぶことになる。

ベアトリーチェ1体だけでもファーファによる除去と後続ダンテを呼べるため、万一全体除去を食らっても効果の対象にならない2800打点を残せるのがメリットになる。

メインに入る彼岸は全てハンドから特殊召喚できる効果持ちで、彼岸以外がいると自壊してしまうが、裏を返せば召喚権を残して無理やりハンドレスに持ち込むこともできる。

さらにトランスターンはもともとインフェルニティに入ったり入らなかったりするが、彼岸からデーモンへアクセスできる手段にもなる。

ガトルホッグorグラバースニッチを使用せずにケルビーニを出したタイミングでハンドレス状態であれば、彼岸1体をガトルで蘇生かグラバースチッチでリクルート、それにトラタン撃ってデーモンss→ガンサーチとなる。

逆に彼岸以外のモンスターが場にいる状況で、ダウンビートでデーモンから任意の彼岸へアクセスし、自壊→固有効果発動という流れも作れる。

起点が増えることとケルビーニ&キュリオスで安定的に墓地肥やしができるのが相性がいいし、なんなら幻影彼岸を主として組んで、ハンドレスでなくとも戦えるようにしても構築のし甲斐があって面白い。

問題点

彼岸2種と終末・ダグレ・デーモン・マンサー・ヘルパトのいずれかでキュリオスが立ち、キュリオスの墓地肥やしによってはそれだけでミラージュループに持ち込める。必要枚数は3枚だが、特定カードを指定しない分、初手でぶん回すことのできる確率がなかなか高いことを確認。

問題はエクストラデッキの枠が足りなさすぎることで、先行で10枚以上使い切ってしまうこともザラにある。エメラルや貪欲な壺を入れなければ、ぶっぱして盤面返されたら反撃できる手段がなくなる上、幻影彼岸のように後続を次々と呼んでこれる持久力がないのが弱み。

インフェルニティは展開の中でリンク2、3のモンスターを踏み台にする関係上、どうしても枠がなくなってしまうので、いくら相性が良いからといっても展開の中で貴重なEX枠を踏み台にしてしまうのは本末転倒のような気もするし、メタ枠を取れるようEX枠の省力化を図る必要性がある。

事故率と安定性は相反するがまだまだインフェルニティは進化の余地が残されているのは確かなことなので、じっくり詰めていきたい。

 

 

ピックアップ記事

  1. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.5 カイルアタウン散策 ブーツ…
  2. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.4 オールデンを求めてLeat…
  3. 【171203更新】関西最大級のラーメンイベントEXPO2017 -店舗口コミま…
  4. 【写真付き解説】カイルアタウン中心部からカイルアビーチへの行き方について【アクセ…
  5. 阪急阪神ユーザーにとって最強のクレジットカード ペルソナSTACIA アメリカン…

関連記事

  1. テーマ

    【考察】実戦レベルで機界騎士(ジャックナイツ)と相性の良いテーマ、カード 13選

    同一縦列に存在するカードに対してパワーを発揮する集団"機界騎士"と相性…

  2. 出張系

    【考察】”金の城”活用 イゾルデを容易にリンク召喚できる”鉄の騎…

    "シュトロームベルクの金の城"の関連カードである"鉄の騎士"と"鉄のハ…

  3. 単カード

    【考察】No.75 乱惑のゴシップシャドー のスペックと相性の良いカードについて

    コレクターズパック2018に収録される"No.75 乱惑のゴシップシャ…

  4. テーマ

    対彼岸の決戦兵器 水晶機巧-グリオンガンド-を純彼岸で検討

    長らく幻影彼岸を用いていましたが、グラバースニッチ、スカラマリオンが無…

  5. 単カード

    【考察】No.90 銀河眼の光子卿のスペックについて

    コレクターズパック2018に収録されるエクシーズモンスター"No.90…

  6. Kozmo

    命削りAFKozmoの展開考察 -アーティファクトムーブメントの活用に関して-

    マイフェイバリットテーマの一つにKozmoがあります。手札から後続を呼…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

PAGE TOP