テーマ

対彼岸の決戦兵器 水晶機巧-グリオンガンド-を純彼岸で検討

長らく幻影彼岸を用いていましたが、グラバースニッチ、スカラマリオンが無制限の今、あえて混ぜ物にする意味って何だろうと考えたら純彼岸に回帰するのもアリかなと思えてきました。

グローブブーツだけでリンク3ベアトが立つのは魅力ですが、1枚で動ける札はなくデッキスロットを大きく削らないといけないのは環境メタを捉えると構築的に非常に厳しく、中途半端に採用するならいっそ全抜きして少ない枚数で初動を取れるギミックを搭載した方が面白いです。

幻影彼岸構築はフリー用の誘発なし構築として作り直しておりますが、環境向けの純彼岸を再検討したいと思います。彼岸自体、常に墓地リソースを意識する必要があり、ダンテによる落ちの選択肢分岐、ベアト過労問題(何でもできるので常に択が発生)で難解なテーマと思われがちですが、下級彼岸の効果は自身の特殊召喚効果or固有効果いずれか1回迄しか使用できませんので、事前に場況パターンを調べ尽くすことである程度パターン化できます。相手の動きに連動して動く必要があり敵テーマがどういう展開をするのかも含めて、パズルのように覚えれば誰でも扱えるテーマですので、彼岸触ったことないけど難しいんだろうな、という方向けの記事も作成予定ですので、ぬる〜くご閲覧頂ければと思います。

グリオンガンド概要

水属性/機械族/攻3000/守3000

チューナー2体以上+チューナー以外のモンスター1体

(1):このカードがS召喚に成功した場合、そのS素材としたモンスターの数まで相手のフィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを除外する。

(2):S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、このカード以外の除外されている自分または相手のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

ハリファイバーが登場したことで扱いやすくなった水晶機巧の最上級シンクロ体で一躍話題に上がった一枚です。

チューナー2体+チューナ以外1体の計3体が必須素材で、シンクロ召喚成功時に素材の数まで相手の場・墓地のモンスターを対象を取って除外します。これは現環境にマッチしており、 耐性を持たないモンスターをまとめて除外することができ、墓地リソースを枯渇させることも可能という破壊力抜群のモンスターです。中盤以降の盤面返し、終盤の詰めに使うことができます。

水晶機巧というテーマ自体、クオン、シトリィ、リオンの3体のチューナーによるアクセルシンクロを得意としており、ハリファイバー1体でチューナー2体を確保できる容易さもあって場に出すこと自体は簡単です。一例を上げます。使用するのはシトリィで、蘇生後の強制シンクロはEXゾーンが埋まっておりリンクマーカーも伸びていない状態ならば蘇生のみ行い不発という強裁定を貰っているのが前提にあります。

自場が空という盤面で任意の彼岸2種類を自身の効果で特殊召喚から始まり

ケルビーニssグラバーおくってラビキャントss

ケルビーニとグラバーでハリファイバーssハリファイバーefシトリィss

ターン渡してシトリィefにチェーンしてハリファイバーef発動ハリファイバーからクオンダムに変換、シトリィefグラバーss(効果無効)(シンクロできないのでグラバーのssのみ行う)

クオンダムefクオンダムグラバーシトリィでグリオンガンドss

グラバーef

ファーファss自爆で妨害、

スカラss自爆でデスガイドサーチ

アリキーノss自爆で効果無効

グリオンガンドによる3枚除外とグラバー→後続の自爆連鎖によってもう1回行動できるのも大きな強みとなり、ベアトリーチェをさくらにぶっ飛ばされた時に意表を付くことができます。相手からすればハリファイバーからシトリィが出てきた時点でこいつが出てくることは想定の範囲内ですが、相手メイン1開始と同時に動くことができるので「分かっていてもヤバい」状況を作り出せるのです。スロット的にはメインにシトリィ1枚、EXにハリファイバー、踏み台用のクオンダム、切札グリオンガンドの3枠を使います。ハリファイバーはワンダーマジシャンとセットで入っていることが多いのでクオンダムとグリオンの2枠さえ確保できれば何とか…って感じ。

グリオンガンド成立手段

彼岸においてグリオンガンドを成立させようと思ったら、

  • ①ハリファイバー(ワンダーマジシャン)+効果無効のラビキャント+レベル1トークン
  • ②ハリファイバー(ワンダーマジシャン)+うさぎ+トークン
  • ③ハリファイバー(ワンダーマジシャン)+ラビキャント以外の効果無効の彼岸+バルブorヴェーラー
  • ④ハリファイバー(クオンダム)+シトリィ+彼岸
  • ⑤ハリファイバー(クオンダム)+バルブ+彼岸+レベル1トークン
  • ⑥ラビキャント2体とそれ以外の彼岸1体の計3

大体この6パターンになるのではないかと思います。この中で最も成立させやすいのは④でハリファイバーさえリンク召喚できれば返しのターンでグリオンガンドが立ちます。概要で紹介した展開通りで、自場が空の時の返しに打ち込めます。ただしメインにシトリィ、EXにクオンダムを踏み台として使わなければならないのでデッキ圧迫が難点。できればΩを降臨させるのに使用するワンダーマジシャンを上手く活用したいというのが本音です。⑤のパターンも効果無効の彼岸とレベル1トークンが同時に場に出ていないと繋げられません。

①~③はワンダーマジシャンを使うパターンでいずれの場合でも効果無効にした彼岸が場にいなければなりません。素材残しのベアトリーチェも場にいるならリビオッコ落として手札から特殊召喚させるのも一つの手段。ベアトがいないなら何らかの手段で相手ターンにグラバーを爆発させてリビオッコの自爆連鎖を誘発するしかありません。また③はレベル1チューナーを使用せずΩを展開することも可能です。

⑥は同じ条件でG以外の妨害を受けず素材3ベアトが立ちます。が、アクセルシンクロではない通常シンクロなので自ターンでグリオンガンドを立てられるパターンです。ラビキャント2体を素材としたベアトは妨害・展開効果持ちの彼岸を素材とした場合より弱いので、場況を見ながら分岐を考えましょう。

ワンダーマジシャンはレベル5、彼岸はレベル3ですので、残るレベル1分をトークンで補うかチューナーで補うかのどちらかになります。チューナー+チューナー以外でレベル4を成立できる良さげなパターンが他にもあれば追加していこうと思います。

効果無効の彼岸について

  • ①場に魔サイ
  • ②デスガイド
  • ③ケルビーニのリンク先
  • ④リビオッコおとし
  • ⑤シトリィで蘇生

①〜③はあらゆる純彼岸に普通に入っているものなので割愛。

④のリビオッコはハリファイバー登場で株を上げた下級彼岸。ガトルグラバーに次ぐ第三の展開効果持ちで、下級彼岸をハンドから効果を無効にして特殊召喚します。ガトルグラバーにはない”効果を無効にして”というのがミソですね。

⑤シトリィはクオンダムとセットであらゆる彼岸2枚から確定でグリオンガンドを出すことができますがEXスロットキツキツかつケルビーニも食ってしまうのが考えもの。

動き方

純彼岸である以上はベアトリーチェによるビートダウンが基本となります。大会に出る中級者以上であればハリファイバーからのグリオンガンドという可能性は考えていますし、初手でいきなりグリオンを出すムーブは取りませんし、出したところで旨味がありません。

グリオンガンドが活躍するのはやはり中盤〜終盤にかけての詰めの段階でしょう。対象を取るとはいえ複数枚除外は強いです。特にミラー戦ではエンドカード級のパワーを持ち、彼岸デッキとして差別化を図るポイントとなります。打ち所としては彼岸2体が並んだ段階が良い感じですが、素材持ちのベアトに対して打つことはできません。環境デッキもバラけていますが、グリオンガンドの効果にうさぎわらしヴェーラー無限とあらゆる誘発を当てられるので油断できませんし、あくまでメインは普通の彼岸の動きで余力があれば3枚除外の不意打ちをかませられたら一番美味しいです。

レベル1トークンの生成

トークンを使用しないならばバルブが必須となり、トークンを使用するならマスマティ+ダンディがそこそこ相性が良く、マスマティは初動可能、ダンディはケルビーニでも落とせるのでそれだけでリンク4の成立に寄与できます。

使えそうなカードを何枚か見ていきましょうか。

・トークン生成機といえばゴウフウ。1枚からハリファイバーを立てつつレベル1トークンを残せるのでマサイやデスガイド、リビオッコ墓地送りにつながる何らかの手段(ハンドにグラバー含む彼岸2種、墓地にグラバーいる前提でガトル含む彼岸2種など)があればそれだけでグリオンガンド成立… と思いきや朧影トークンはシンクロ素材にできません。できたら単体でレベル7シンクロが立ちますし強すぎますね笑 補足ですがゴウフウ+彼岸以外の通常召喚可能モンスターで素材4スカルデットを立てることは可能です。その際リンクリボーを踏み台にするため更なるEX圧迫となりますが、単体でもセキュリティドラゴン経由でデコードが立ちますし、ゴウフウのBF外での仕事も多岐に渡るようになりましたよね。

・マスマティシャンはレベル4以下限定のおろかな埋葬を内蔵した汎用モンスター。自身もレベル3ですが、彼岸においてこれが役に立つ場面は少ないです。マスマティnsバルブ落として自身の効果でバルブssマスマティバルブでハリファイバーssハリファイバーefうさぎssの構え、そのまま妨害に使ってもいいし、生き残っていれば魔サイ彼岸、ガイド彼岸でケルビーニssダンディ落としでトークン作ってグリオンガンド出せます。

・絶賛高騰中のオライオンはダンディと同じく墓地に行ったらトークンを1体生成します。機械族なのでハリファイバーとのリンクでサモンソーサレスを呼ぶことができ、展開にブーストを掛けられます。ただ個人的に相手ターンでも動けるハリファイバーをリンク素材にしてしまうのはもったいないのでオライオンサモソを彼岸でやる必要性は薄いかと感じます。

問題点

シトリィを使用しないならば出しどころが限られてしまうのが大きな問題です。彼岸オンリーでも出せないことはありませんが、本来純彼岸に入らないバルブとダンディ(場合によってはマスマティも)をメインに投入しなければならず、かつハンドに来てほしくないゴミ札が増えてしまい、彼岸の安定性を損なってしまいます。そう考えると 手札に来てもそのまま通常召喚できるシトリィの方が使いやすさで勝りますが、ただでさえEXスロットの厳しい彼岸でクオンダムを入れなければならないというのは考えものです。

またトークンを使用するならば環境トップの植物ほどうまく使えませんし、どうしても中途半端感は拭えません。植物なら初動1枚からアマリリスバーンキルしてきますから、相性の度合いが違いすぎて泣けてきます。

さらにグリオンガンド自体はうさぎわらし無限といった効果発動に起因する誘発を踏むため、数枚消費して止められましたでは笑えません。EX枠を消費して効果を起動できずに終了、となれば必然的にデッキから抜けてしまうのは自明の理でしょう。事故率を極限まで低くしてグリオンを展開できる選択肢を持てるようになれば間違いなく強いはずですし、デッキ構築の調整のし甲斐があって楽しいのでフリーマッチで細かく調整していこうと思います。

ピックアップ記事

  1. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.3 結婚式編 アロハ・ケ・アク…
  2. 【171203更新】関西最大級のラーメンイベントEXPO2017 -店舗口コミま…
  3. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.5 カイルアタウン散策 ブーツ…
  4. 【写真付き解説】カイルアタウン中心部からカイルアビーチへの行き方について【アクセ…
  5. 【2018年4月】ハネムーンハワイ旅行記Part.1 観光兼海外挙式 出発準備編…

関連記事

  1. 考察

    【考察】シャドウ・ディストピア、ディアボロスと相性の良い”コストとしてリリースするカード…

    ストラクチャーデッキ 闇黒の呪縛Rが発売となりました。注目の新…

  2. 単カード

    【シャドウ・ディストピア】ディアボロス、悪魔嬢リリス、悪王アフリマ・悪デッキのスペック考察まとめ

    次から次へと新弾が発売し財布ポイントが保たない私ですが、ハイスペックな…

  3. テーマ

    【考察】実戦レベルで機界騎士(ジャックナイツ)と相性の良いテーマ、カード 13選

    同一縦列に存在するカードに対してパワーを発揮する集団"機界騎士"と相性…

  4. EXモンスター

    【考察】20th ANNIVERSARY LEGENDARY DRAGONS トリシューラ、カオス・…

    5月21日発売のVジャンプ7月号に付録する応募者全員サービスの詳細が判…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

PAGE TOP