インフェルニティ

【2018年4月環境】愛用デッキで現環境を生き抜くために-セフィラ、サブテラー、IF、彼岸-

先の制限改訂ではリンク植物に大きなメスが入り、それ以外のテーマはほぼ無傷という規制になりました。私の愛用するテーマは色々ありますが、彼岸、誘発サブテラー、インフェルニティ、セフィラ、影霊衣はいずれも厳しい戦いを強いられることは明白。セフィラとインフェルニティはまだ可能性があるものの、それ以外は閃刀姫にパワー負けしてしまうでしょう。次期環境トップメタは閃刀姫となるので、その環境でこれらのデッキがどう戦えるか相性面と対策について簡単に考察してみます。各テーマまとめて記載するので本当に要点だけ。テーマ別に改めて記事にしようと画策中でございます。

セフィラ

メインデッキの変化

ゴウフウ禁止、トーチ制限以外無傷。そもそもこれらのカードを採用しない型もあり、メインデッキ構築に大きな変化はありません。ダークヴルムは1枚でOKなので制限になろうが関係ありません。うららが準制限となったことはサーチを多用するセフィラにとっては追い風ですね。 神託、神意、霊廟、グラマトンといったキーカードは全て3積できるため、初動の安定性が高いことに変わりありませんが、竜星シンクロを多用する型では地光チョウホウがあまり意味を成さなくなるため、この属性を火や闇に変えられる展開ルートを考える必要があります。

各種対策について

対閃刀姫は、先行とって3~4妨害構えるか、後攻で閃刀姫の盤面を上からぶっ叩いてワンショットとするかどちらか。制圧盤面としてはうらら、神撃、九支は最低限持っておく必要がありますね。先行では神カウンター、後攻ではさくらでカガリ抜きとしたいけれど、そんなスペースを確保できるか否か。

閃刀姫以外では、閃刀姫メタの勅命、魔封じがセフィラに刺さります。閃刀姫をメタったついでに同じ札でセフィラもメタられてしまう事態となり大変。改訂前後でパワーは変わらないけれど相対的に弱体化しています。

誘発サブテラー

メインデッキの変化

うらら準制限で弱体化です。常に1~2妨害を構えるこのテーマですが、その程度の妨害では簡単に乗り越えられてしまう環境。変えるところはないがメインギミックがそもそも環境にマッチしておらず相当厳しい。

各種対策について

閃刀姫以外は比較的相性が良いかと思います。決戦を交えた導師と射手によるビート力が高く、常に誘発を構えられる安定性が魅力です。しかしながらシェアを多く占める閃刀姫には、シャンバラ導師妖魔の構えなど簡単に潰すことができます。名称ターン1ないの反則でしょ。。

彼岸

メインデッキの変化

デスガイドが帰ってきてくれれば言うことなしですが、制限改訂絡みでは特に可もなく不可もなくといったところ。基本的に彼岸3枚からシステム的に作れるベアトリーチェによるビートダウンですが、ショット力を高めることが課題。後攻ワンキル当たり前にしたい。

各種対策について

サブテラーと同じく閃刀姫には弱いです。閃刀姫対策の接触するGやイヴリースを送り付けられるとそれだけで崩壊する恐れがあり、セフィラのように閃刀姫メタのついでにブッ刺さる事態となっています。また採用率が上昇している墓穴の指名者も彼岸殺しに最適のため、多方向からメタが飛んできて苦しい戦いを強いられています。

インフェルニティ

メインデッキの変化

現在練り中ですが、一番可能性があるのは射手ワンキル型でしょうか。HERO採用前提で、多分このタイプが一番強いと思います。EXが若干空くので先行でキルできなかった場合に備えてトロイメアリンクできるプランを併用できるのが美味しい。

リンク型に振り切るならファイアウォールは制限でもなんとかなるとしてインフェルニティの枚数を抑えて、ハンドレスじゃなくても回せるサブウェポンが欲しいところ。ペンデュラム型もありだけど私自身ペンデュラムもからめて展開するのが苦手すぎるので誰か上手い人に教えてもらいたいのが本心。いずれの構築も明確なゴールを決める必要があり、40枚という限られた枠の中ですべての採用カードと枚数に理由付けが必要。サイドプランまで考え出すとわけがわからなくなります(笑)

各種対策について

ハンドレスという状況で、先行ならば誘発をピンポイントで食らったらアウトですのでケアルートを検討する必要あり、後攻ならば相手の展開を止めるためにいくつか誘発を挿しておく必要があり、かつそれを返しのターンで墓地に落としつつハンドレス展開できる状況を作らねばなりません。

 

復帰して半年も立っていないので大会勢となるかフリーでワイワイとするかは何とも言えませんけれど、デッキ構築自体が楽しくて特定のこのデッキで今季を!っていう考えは基本しません。全部好きなテーマなので均等に力を割いていきたいと思います。

とりあえず前半はここまで。後半は影霊衣、Kozmo、SPYRALについて。

 

 

ピックアップ記事

  1. SONY最新ウォークマン ZX300はポータブルを突き詰めた良DAP-思ったまま…
  2. 阪急阪神ユーザーにとって最強のクレジットカード ペルソナSTACIA アメリカン…
  3. 【減量挑戦】ソイジョイダイエット、始めました【ルール制定】
  4. 【171203更新】関西最大級のラーメンイベントEXPO2017 -店舗口コミま…
  5. SONY最新ウォークマン ZX300の音質レビュー -オーディオビギナーからマニ…

関連記事

  1. 相性の良いカード群

    【考察】簡易融合で特殊召喚可能な融合モンスター23選

    簡易融合はカードプールが広がるにつれ汎用性が高まるカードです。1000…

  2. 単カード

    【考察】待望の自己特殊召喚効果持ち サイバー・ドラゴン・フィーアについて

    続々と新規カードが明らかになってきています。サイバーサポートはこれで…

  3. シャドール

    【考察】ネフィリムおかえり!シャドールの基本をおさらい!

    エルシャドール・ネフィリムの緩和に歓喜の嵐が起こりました。ミド…

  4. 効果モンスター

    【考察】魔晶龍ジルドラスのスペックと使い勝手について

    10期パックにウルトラで収録されている〇〇龍。 亡龍の戦慄-デス…

  5. 単カード

    【考察】場を離れたら後続を呼ぶ”輪廻天狗”と相性の良いカード9選

    今回の制限改訂は多くの目玉カードがあるのですが、その中でも注目度が高い…

カード関連

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

PAGE TOP