ホイール

  1. ロードバイクを完成車ではなくフレームセットで購入するメリットとデメリット

    これからロードバイクを始めようと考えていらっしゃるビギナーさん向けの記事です。スポーツバイクって専門店で販売されている完成車(購入直後すぐに乗れる状態)でしか購…

  2. 【最新版】ロードバイクを買う前に知っておくべき予算について-思ってたよりお金が掛…

    ロードバイクはここ数年ホビーユーザーが増えてきており、健康増進のために一台本格的なスポーツバイクを導入したいという相談をよく受けます。一番多いのは「10…

  3. 【2017年版】Shimano(シマノ) ロードバイク用ホイール 型番-重量-価…

    2017年、大人気だったアルテグラWH-6800がRS500と型番を変えてモデルチェンジされました。RSシリーズの代表作RS81はアルテより上、デュラよ…

  4. 【初心者向け】5万円以下のロードバイクホイールのオススメを厳選比較!-RS500…

    「ホイールを変えてみたい」クロスバイクやロードバイクにハマると必ず湧き出てくる欲望で、これは自転車乗りであれば誰しも通る道だと思います。一度変えてもまた…

  5. Lightweight MEILENSTEINのインプレッション -ZIPP40…

    究極の回転体、ドイツのLightweightのホイールをレンタルできる機会があったので、1ヶ月使用してのインプレッションをまとめたいと思います。50万超…

  6. Cosmic Carbon Ultimate インプレッション-ZIPP404と…

    先日到着したコスカボアルチですが、ZIPP404とタイプが違いすぎて驚きました。忘れぬうちに 比較レビューを述べたいと思います。基本情報使用コー…

  7. Cosmic Carbon Ultimate 米国からはるばると

    前記事中古品を海外から直接購入する場合の交渉術と注意点この中でオーダー実演していたCosmic Carbon Ultimateが到着しま…

  8. 中古ホイールを海外から直接購入する場合の交渉術と注意点

    先週あたりから目を付けていた獲物がようやく出荷されました。ロードバイクホイール MAVIC社のCOSMIC CARBON ULTIMATE 、通称コスカボア…

  9. FULCRUM RacingZeroとRacing Speedは憧れ

    FULCRUMとはFULCRUMは2003年に確立されたブランドで、Campagnoloの子会社です。一般的に、CampagnoloがSHIMANOユー…

  10. Campagnolo Boraの是非

    Campagnoloのカーボンディープのド定番、Boraです。ミドル~ハイグレードにホイールを変えたことのある方なら一度はBoraを検討したことがあるんじゃ…

  11. Campagnoloのクリンチャーモデル比較とZondaに対する問題提起

    Campagnoloホイールは何に合わせたって問題ないよく「SHIMANOのコンポにカンパのホイールを合わせるのはありえない」とほざく輩がいます。だった…

  12. 2017年 MAVICホイール まとめと各型番の違い

    MAVIC社とはMAVIC社は自転車大国フランスのメーカー。フランスで自転車というと、LOOK、TIME、LAPIERRE...イタリアの方が自転車…

  13. ZIPP教のススメ

    私もいつの間にやら入信していたようで、乗っててこれ程楽しいと思わせてくれるホイールはないと信じている生粋のZIPPERです。ZIPPとはZIPP…

  14. REYNOLDS社(レイノルズ)のホイール 現行型番と旧エアロファミリー

    一番気になってるホイールメーカーです。REYNOLDS社とはもともとReynolds Cyclingは、自転車用フレーム材料メーカーとして198…

  15. ロードバイク ホイール新調計画 比較検討編

    夏といえばボーナス商戦。どこかのデータでは会社員の半数以上の方は寸志すら貰えていないようで、少しでも出るだけでも幸せのご時世なんでしょうが、我が社は中小…

PAGE TOP