ロードバイク

ロードバイク関連用品の保管場所

ロードバイクを趣味にするにおいて

まず考えなければいけないのが保管場所と思う。

最初は完成車1台だけでも

凝り出してくると、フレーム・コンポ単位で買って自分で組む人もいれば

ホイールスパイラルに陥り何本も所持している人もいる。

ハマってしまうと色々と手を出す。

結果モノが溢れる。

収拾がつかなくなる前に保管場所をキチッと考えなければならない。

 

我が家の事情

一軒家ならばそう難しくないだろうが、一般的なマンション・アパートだとそのスペースを確保するのが課題となる。

リビングの一等地にラックを置いて愛車を眺めながらワインを飲む、というのが夢。

現実はバルコニーの一角。

エアコンの室外機に立て掛け防水防塵カバーで風雨を凌いでいる状態である。

上階なので盗まれることはないだろうが、この扱いはあまりに可哀想ではないか。

我が家の間取りは1LDK

(予定)との二人暮らしである。

これが私一人だけならLDKのデッドスペースに

車体ラック、ホイールラック、ローラー台でも置いて、思う存分楽しむことができるし

なんならカンパニョーロのコンポを組み付けたいがために、もう1台フレームを仕入れて2台体制にしたい。

だがしかし

3平米くらい下さい」とお願いしても、許可が下りる訳がないのは容易に想像できる。

家賃を半分ずつ出し合って住んでいるので基本的には室内空間は全て共有スペースだ。

家賃を半分出しているからといって室内面積の半分を頂けるわけではないのだ。

壁面を有効活用すれば

インテリア兼保管もできて一石二鳥と説明したものの邪魔の一言。

まるで聴く耳を持ってくれない。

長期的に刷り込んでいく他あるまい。

トランクルームという選択肢

室内保管は長期計画として遂行するとして

臨時対応策を考えると

「家に置けないならば倉庫借りればいいんじゃね??」

ということに気付いた。

倉庫というと仰々しいが、いわゆるトランクルーム。

0.5平米~10平米くらいの空間を借りるのである。

バイク保管ではかなりメジャーで

駐車場より安くて、機材、メンテ用品も同時に保管できるから人気なのも納得。

大阪市内で借りられるのは

収納ピット

https://www.syuno-pit.biz/

キュラーズ

https://www.quraz.com/home.aspx

ライゼボックス

https://www.reisebox.co.jp/

値段がこなれてて信頼できそうなのはここらあたりか。

街中歩いててもあまり見かけたことがないんだけど

大阪市内そこら中トランクルームで溢れかえっているようで供給が多い。

 

選定条件

わりかし選択肢があるということが判明したので

トランクルームに求める条件をまとめてみる。

1.比較的安価である

あくまでメインの居住空間で足りないものを補うだけなので月々何万も掛けたくない。

年間換算するとハイエンドホイールが買えてしまう料金は勘弁。

2.高防犯性

 室内とはいえ自身の管理下から離れるわけなので絶対に侵入できないセキュリティを有していること。

 なので、侵入されやすいです、盗難が発生しましたじゃお話にならないしトランクルームとしての価値が皆無。(そんなトランクルームないだろうけど)

 スタッフが在中しているのか、入退室のシステム、監視カメラの有無でおおよその判断ができそう。

3.必要スペース

 ロードバイクを収めるか収めないかで変わる。

 (ⅰ)ロードバイクを収める場合

  ロードバイク1台あたりに必要な面積としては、W500×D1400=0.7m2必要。

  ほとんどの場合、高さは問題ないので奥行きがちょうどよい場所があるかどうか。

  ホイール・メンテ工具・他機材も収めることを考えると

  単純にこの倍くらいの積載容量は最低でも必要となる。

  畳数で言えば1.52畳程度か。

 (ⅱ)ロードバイクを収めない場合

  奥に大きい車体がないのであれば

  最もサイズの大きい機材であるホイールが入る寸法で済む。

  ただこの程度だとわざわざトランクルームを借りる意義がどこまであるのか。

  工夫すれば家のどこかに綺麗にしまっておけるのではないか。

  おいおい車体が増えることを想定し、ロードバイク収納ありきで考えておきたい。

4.拠点候補地

 こちらも2通りある。

 (ⅰ)自宅から徒歩10分圏内。

  極力家からすぐに行ける距離感。

  せいぜい10分が限度だろう。

  モノの出し入れを頻繁に行うとなると近ければ近い方が良い。

 (ⅱ)勤務先から徒歩5分圏内

  自宅から勤務先まで、ドアtoドアで30分以内、距離にして5km程度。

  勤務先周辺の方が自宅周辺よりも栄えているので、選べるトランクルームの数が多い。

  自転車通勤も考えている最中であり、トランクルームを屋内駐輪場代わりにできるのは特大メリット。

  会社帰りに寄れるのでわざわざ取りに行かなきゃならないデメリットを軽減できる。

  自宅から少し離れることになるため会社に行かない日に寄り辛いのが難点。

他細かいけど事前確認が必須と思われるポイントは

  • 初期費用
  • 更新料と解約料
  • 空調・照明設備
  • 入り口寸法・エレベーターの広さ
  • 無料駐車場の有無
  • 見学できるのか
  • 見学後即時契約できるのか
  • 保険適用範囲

これら全てが判明すれば選びやすくなると思う。

ただ実際に借りるとなるとロードバイク関連品以外に

  • 使用頻度の低いスーツケース
  • 季節物家電・衣類
  • 書籍・CD
  • キャンプ用品
  • 防災備グッズ etc…

こういったものも移したくなってくると思うんだよな。

住生活の質を向上させるためと嫁氏を説得して毎月出し合うというのも一つの手かもしれない。

ピックアップ記事

  1. 【試聴レビュー】Campfire Audio COMET(コメット) CA史上最…
  2. 【2018年7月】ポタフェス後の注目機種まとめ (DAP/イヤホン/カスタムIE…
  3. 2018年カスタムIEM試聴レビュー Part.4(64Audio/A12t、q…
  4. 【試聴レビュー】IRIVER A&futura SE100の発売前試聴…
  5. 【レビュー】Campfire Audio ATLAS(アトラス) 重厚な中低域と…

関連記事

  1. ホイール

    FULCRUM RacingZeroとRacing Speedは憧れ

    FULCRUMとはFULCRUMは2003年に確立されたブランドで…

  2. 選手

    【最新版】完全私見で選ぶ現役ロードレース選手ランキングトップ5 総合狙いのオールラウンダー編

    梅雨入りにより自転車を走る気分ではありませんが、UCI的には自転車のシ…

  3. ジロデイタリア

    【自転車話】ジロデイタリア2018結果概要 サイモンイェーツとデュムランについて

    ベネットのステージ優勝で幕を閉じたジロデイタリア2018。マリアビアン…

  4. サドル

    ロードバイク サドルの話 ASTUTE SKYLITE VTに換装

    サドル沼という言葉をご存知ですか。自分の尻にフィットするサドルを探…

  5. ジロデイタリア

    【自転車話】ジロデイタリア 2015年から2018年までの激アツレース展開について

    軽くジロデイタリアロスです。ここ数年のジロはラスト数ステージの展開が…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

注目記事

  1. オーディオ全般

    【2018年新ヘッドホン】beyerdynamic AMIRON Wireles…
  2. DITA Audio

    【試聴レビュー】Dreamとは別物!DITA Audioの新作ダイナミック型Tw…
  3. AZLA

    【試聴レビュー】AZLA(アズラ)-ふくよかな低域が特徴、装着感に難あり
  4. Dynamic Motion

    ハイブリッドイヤホン Dynamic Motion DM200H -開封後50時…
  5. Jomo Audio

    カスタムIEM Jomo Audio 6R/6V2/Flamenco-思ったまま…
PAGE TOP