eBay

eBay取引において押さえておくべき4つのポイント

前回、こちらの記事で国内での個人間取引に関して、代表的なサイトであるヤフオク・メルカリに準拠したマニュアルを作成しました。

【完全保存版】ヤフオク-メルカリのシステム比較と最も合理的な運用方法

 

今回は国際個人間取引における抑えるポイントを簡潔にまとめます。

国内でもトラブルが絶えないのに海を渡った国外間取引はどうなるか?という疑問はありますが、言語が変わるだけで注意すべきポイントは同じです。手に取って見れないのであれば国内も国外も変わりませんよ。

ただし相手の言っているコトが全て理解できる程度の言語力は必要ですが、中学レベルの英語をググれば解読できるレベルのスキルがあればなんら問題ありません。

 

 

中古品を海外から購入するにあたって注意すべき点は4点。

説明欄にしっかり書いてあったとしても、順を追って確認すべき点は改めて問い合わせることで認識の違いを防ぐことができます。

これさえ押さえておけば国内と変わらずに個人取引ができます。

1.売り手の評価

取引をする上で相手の素性が分からないと話になりません。

対ショップであればショップに対するレビュー、対個人であれば実績確認のできるサイトを利用することが鉄則。

いずれの場合でも、実績がないor悪質と思われる評価が付いている場合はどんなに商品が魅力的でも食いついたらいけません。

悪質と思われる評価というのは詐欺性があったり、売り手側の不備に対してまともな対応をしていない等。

単に配送に時間がかかった等は輸入においては仕方のないことですし、買い手側の主観と運送会社の都合によるところが大きいので気にする必要はありません。

eBayで言えば、数百件の取引実績に対して99.5%のポジティブ評価であればかなり優秀な売り手だと思います。100件以内では十分な実績とは言えませんね。

2.商品の仕様

いつのモノか分かるのが一番ですが、売り手が把握していないケースが多々あります。

何年以降のモデルか確実に特定できる外観上の特徴を問いかけ、それに対する明確な回答をもらうのが理想。

それすら不明であれば見送った方がよいと思います。

3.商品の状態

中古品ですから商品の状態については特に詳細に聞く必要があります。

外国人の感覚で”Good Condition”はどこかしら不備があるのは当たり前と思っておいて下さい。

言い分は「多少もげてても使えりゃ問題ない」ということです。特にイタリアとアメリカは要注意です。適当な奴が多すぎる。スイス、ドイツあたりは日本と感覚が近いと思います。

‘Great’‘Good’に毛が生えた程度。

‘Excellent’ ‘Perfect’がいわゆる良品で、‘Mint’が極上品といったニュアンスでこれらが狙い目。

新品は‘New’‘New Other’‘Brand New’です。

ちなみにジャンク品はコンディションのところには書かれずに説明文中に‘a few issues’などと書かれることが多いです。見逃さないようにしましょう。あえてコンディションとして表記するなら‘For Parts’‘Need Repair’です。

私の趣味はロードバイクと携帯オーディオですので、ホイールとヘッドホンを例に出します。

ホイールの場合ですと、まず購入時期と使用距離を聞きます。

大概の場合、2年前に店で買って、使用距離は1000miles、頻度はonly 5 racesくらいと返ってきます。

明らかに適当に返してる感があります。実際どれだけ使ったか正確に覚えている売り手が少ないので参考程度にしかなりません。

客観上の評価は良いけど嘘をつく悪い売り手もいますし、素直に分からんと返してくる正直者もいます。

またヘッドホンだと、いつどこで購入したか、稼働時間はどれくらいか、壊れていないか。

完動品であれば、ちゃんと店で新品購入してそれほど使っていないアピールをしてくるコトが多いです。

いずれにせよ本当か嘘かは文面でのやりとりなのではっきり言えるコトはできません。

早く手放したい(換金したい)売り手が多く大事なコトを見逃しているかもしれないので、事細かに質問するようにしましょう。

コミュニケーションを取る中で「この書い手は状態を気にして後々問題になると面倒だな」と思わせることが重要です。

写真を見て不審な点があれば、「あなたはこう言ったけど写真を確認する限りこうなんちゃいますの?」と投げかけましょう。

こちらは新品を求めているわけではなく中古の完動品を求めているのですから、状態を正直に話してくれさえすればそれでいいんです。

双方の捉え方の違いを解消することなくして、個人取引は上手くいきません。

4.支払と発送手段

相手が海外にいるので、支払方法は基本的に送金かクレジット(Paypal)かどちらかです。

ここはバイヤープロテクションのあるPaypalを利用しましょう。

発送してくれない、発送して到着したものの破損している等のトラブル時に頼りになります。

送金や直クレジットしか選択肢がなければ、それは取引してはいけない相手です。

ヤフオクでナイジェリア詐欺ってあるじゃないですか。

アレと同じでPayPalを使い気のない売り手だったら手を引くべきです。

それと発送までのリードタイムは支払う前に必ず聞いておきましょう。

「今日中に払うけど、支払完了して24h以内に発送してくれるんか?」ってね。

24時間以内ってのは求めすぎですが、「◯◯までに出荷する」と返事をくれたら相手はそれを守ってくれます。

リードタイムは3日以内ってのが多いと思います。

最初の段階である程度まともな売り手を選定しているのですから信じましょう。

発送されたらトラッキングを眺めながら到着を心待ちするのみ。

発送国によって到着までの日数が大きく変わるので、少なくとも2週間は気長に待ちましょう。

国際輸送なので時間はかかって当然というコトは予め理解しておくべきで、しつこく売り手に問いかけても「eBayを理解していないバカな客」と思われるだけならまだ良いですが、日本人全体がそうだと思われてしまうのは他のバイヤーにとって迷惑な話になります。

 

基本的にはヤフオク・メルカリとなんら変わりません。

相手も人間ですから、気にな他店の大小に関わらず細かくコミュニケーションを取ることで成功確率を高められます。

ピックアップ記事

  1. 【試聴レビュー】IRIVER A&futura SE100の発売前試聴…
  2. Campfire Audio LYRAからATLASまで 歴代ダイナミックモデル…
  3. 【注目機種】Final E4000/E5000の音質・仕様比較 -アンダー500…
  4. 【レビュー】次期カスタムIEM検討 EMPIRE EARS Nemesis -L…
  5. 【レビュー】Fitear EST 静電ツィーター搭載のハイブリッドモデル-ボーカ…

関連記事

  1. 中古靴の是非-格安で最高級革靴を入手する方法とその落とし穴 –

    突然ですが質問です。「中古の靴にどのような印象を抱きますか?」…

  2. JH AUDIO

    【最新版】カスタムIEM JH AUDIOの主要モデルの内外価格差に関して-通常時とブラックフライデ…

    カスタムIEMの主要ブランドの多くは海外製です。直販してくれるメーカー…

  3. 中古革靴 失敗しない購入法と買ってから後悔しないために事前に知っておくべき6つのポイント

    中古革靴というジャンル、実は販売する側からすれば激アツな市場なんです。…

  4. ホイール

    Cosmic Carbon Ultimate 米国からはるばると

    前記事中古品を海外から直接購入する場合の交渉術と注意点&nbs…

  5. ホイール

    中古ホイールを海外から直接購入する場合の交渉術と注意点

    先週あたりから目を付けていた獲物がようやく出荷されました。ロードバ…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

注目記事

  1. SONY

    SONY最新ウォークマン ZX300の音質レビュー -オーディオビギナーからマニ…
  2. Fitear

    2018年 カスタムIEM試聴レビュー Part.2 fitear比較編(MH3…
  3. Fitear

    【レビュー】Fitear EST 静電ツィーター搭載のハイブリッドモデル-ボーカ…
  4. AZLA

    【レビュー】AZLA HORIZON(ホライゾン)をガッツリ試聴-サウンドステー…
  5. オーディオ全般

    ヘッドホン beyerdynamic DT1990PROの音質レビュー 明瞭自然…
PAGE TOP