【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】

ここ最近、人気が加熱しているDITA AudioのDreamですが、いよいよ国内在庫が枯れてしまいました。品薄になって話題になるのは日本らしいですが、8月中旬〜下旬に最終ロットが入ってきて、9~10月は国内流通品なし、ポロポロと展示機が特価で投げられて、11月初旬のヘッドホン祭りで完全解放ってところでしょうか。

一時のANDROMEDAのように単に供給が追いつかないというわけではなく、企業の取引事情による生産不能ですからね。以降増産される見込みが皆無なので、欲しい人が全国にいるならプレ値も付くわな、といったところなんですが、諦めるのはまだ早いですよ。

シンガポールにMusic Sanctuaryというオーディオ販売店があります(ご存知の方も多いと思います。)

時たま現地の担当者の方と連絡することがあって興味本位でDreamの状況を聞いてみたら、「少量だけど残っている」との回答を頂きました。

個人的に転売ヤーに数万も余分に払うくらいなら、レート的にちょっと損でも輸入しちゃった方がいいと思うのですが如何でしょうか。

本国でのDream価格は2499シンガポールドル(表記S$)。

現状1S$=¥83.7ですので、クレジット手数料1.64%、輸入関税4.8%(記載価格の6掛の8%)と想定すると、

輸入Dream=(S$2499*¥83.7*1.0164)+(S$2499*¥83.7*0.048)≒¥223,000 が目安。

やや割高ですが、レートの関係上仕方ありません。関税はFedexならかからない可能性が高く、DHLなら持って行かれる率が高いように思えます。業者によっては掛からなかったり、掛かったとしても3000円程度だったり基準がよく分かりませんが、この部分は運ですね。

 

商品ページは下記URLです。

Dita Audio Dream

 

2017年11月初旬時点では"SOLD OUT"の表記になっておらず「ADD TO CART」のボタンを押せるようになっていますが、より確実に在庫状況の把握と購入の意思を伝えたければ

hello@music-sanctuary.com

こちらのアドレスに「Dream欲しいんだけど云々」とメールして下さい。

価格について「ダメ元で聞くんだけど、幾分か値引きできるもんなの?」と聞いてみると、「特別なものでサービスできない、すまん」との返答でした。そりゃそうよねと納得。

製品保証は国内同様、購入時より一年付いています。 もし不具合が出たら直接MusicSanctuaryの担当者と連絡を取り合うことになり、現地送りの送料は自己負担(EMSで¥2,000以内ってとこでしょうか)国内で購入しても代理店に直で依頼する点は変わりません。

私自身、Music Sanctuaryを通してJomo AudioのカスタムSambaをオーダーしたり、Effect Audioリケーブルを購入した経験があり、カスタムIEMのリフィットまで親身にやってくれましたから個人的に贔屓にしているお店です。

が、注意して頂きたいのは、海外通販をする以上はくれぐれも自己責任でお願いします。

私はMusic Sanctuaryの回し者でもありませんし、代理購入はもちろん、マージンを頂くために間に入ることは一切ありませんので、欲しい方はアタックしてみる価値があるのではないでしょうか。

 

DITA Audio 在庫分に関して

Music Sanctuaryで販売されているDITA製品の出荷元はDITA Audioの倉庫です。

数日前に残り在庫数をカウントしてもらったところ、11月12日時点で「残り2つ」です。

DITAが持っている分でこれがラスト。世界中探せばまだ残っているところはありそうですが、欲しいのならば直ぐに連絡することをオススメしますよ。

いつ無くなるか分かりませんので今時点での情報としてご了承下さい。品切れになっていても私の知るところではありません。

 

 

Twitterでフォローしよう