【この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。】

京阪神在住で阪急阪神を利用する者にとって最強のクレジットカードであるペルソナSTACIAカードを作ってみました。

申し込みからカードが届くまで、一連の流れをまとめます。

審査が厳しいと定評のあるAmerican Express(以下:アメックス)で、実際に基準がハッキリしていないので今後アメックスを申し込む方へ何かしらの参考になれば、と思います。

ペルソナSTACIAアメックスとは

まずはどんなカードであるか概要を説明致します。

"ペルソナカード"は阪急阪神ホールディングスが打ち出しているカードの総称で、丸井ならエポスカード、伊勢丹三越ならエムアイカード、大丸松坂屋ならJFRカード、と同じ類のものです。

百貨店系カードということで、マイルを貯めるというコンセプトではなく快適に買い物ができるということを前面に押し出しているのが特徴です。

ペルソナカードはグレードによって何種類かあるのですが、その中でも最上級のものがペルソナSTACIAアメックスカード。

年会費¥14,000とそこらへんのゴールドカードと同等以上の会費を要求されますが、優待がハンパじゃない。

基本ポイント1%に加えて、阪急百貨店及び阪神百貨店での買い物であれば一部を除き10%上乗せ。10万の革靴を買えば1万ポイント付きます。また阪急系列の施設や店舗であれば、2~5%上乗せされるお店もあり、お得に使用できる範囲は百貨店にとどまりません。具体的にはグランフロント大阪、阪急○番街、HEP FIVE、Nu茶屋町などなど、梅田の北エリアの店であれば大体該当します。提携している店舗数でいうと1500店舗。おしゃれなレストランの優待もあり、普段行かないところも使いたくなります。

貯めたポイントは1ポイント1円分として支払時に購入額からしょっ引くこともできますし、1000ポイント単位で同額相当の阪急阪神クーポンに換金することもできます。阪急交通社でもこのクーポンは使えるので、貯めたポイントで旅行に行くことも可能。

快適に買い物を、という観点で、「手荷物預かりサービス」もございます。

購入金額に関わらず3時間まで無料で、下記2箇所にて預かってもらえます。

  • 阪急うめだ本店 地下1階サービスカウンター
  • 阪神梅田本店 2階クロークルーム

またフロアを跨ぐ買い物でも一括で荷物を受け取ることも可能です。阪急うめだ本店 地下1階サービスカウンターのみ対応しています。

さらに小さいお子様をお連れの親子に嬉しい、お子様一時お預かり「キッズルーム」も。こちらは有料ですが、買い物中は保育士さんに見てもらえるので、買い物好きな若いママさんのウケが非常に良いです。

阪急メンズ館でも当然使用できて、何かしら買い物をすれば会計時にメンズ館内の会員ラウンジを無料で利用できるチケットを貰えます。いつ行っても混雑している梅田界隈で広々休憩できるスペースを貰えるのは非常にありがたい。

購入した後の保証も3つのプロテクションで隙がありません。

万一商品が壊れても、心配は無用「ショッピング・プロテクション®」

国内・海外を問わずペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードでお求めのほとんどの商品について、破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、1名様年間最高500万円まで補償いたします。

※免責金額:1事故につき1万円

商品の返品もおまかせください「リターン・プロテクション」

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードでご購入いただいた商品の返品を万一購入店が受け付けない場合、購入日から90日以内なら1商品につき最高3万円相当額まで、1会員口座につき年間最高15万円相当額まで商品の購入金額を払い戻しいたします。

インターネットでのお買物も安心「オンライン・プロテクション」

万一、第三者による不正使用と判明したカード取引については、原則としてご利用金額を負担いただくことはありません。安心してオンライン・ショッピングをお楽しみいただけます。

※アメリカン・エキスプレスのカード会員規約第7条が適用されます。

個人的に購入した商品を返品することはないのですが、万が一の保険は付いていて損はありませんし、買い物中だけでなく買った後も見てもらえるのはさすがだなぁと思います。

専用ホームページがあるので、詳細は下記にてご確認下さいね。

https://www.americanexpress.com/jp/content/persona-stacia-american-express-card/

申し込み

ペルソナSTACIAの申し込み方法は色々ありますが、大きく分けて2種類。

オンライン入会申込かサービスカウンターのどちらかと思います。私は後者で申し込みました。

オンラインの場合

ネット入会申込の場合はこちらからどうぞ。

https://global.americanexpress.com/acq/intl/dpa/japa/jp/pers/begin.do?perform=IntlEapp:JP:persona_stacia&sourcecode=4IUNP00340&hccode=55175

よくあるクレジット申込と同じで、本人情報、本人確認、収入、職業といった情報を入力します。

サービスカウンターの場合

阪急うめだ本店か阪神梅田本店の専属カウンターでも申込できます。

阪急だとペルソナカウンター、阪神だとクレジットカウンターという名称になっています。

聞かれる情報はネット申込と同様ですが、ペルソナカードに関する質問もその場で応えてくれるので、細かな疑問点があるのであれば直接申し込んだ方がスムーズと思います。

審査と受け取り

t私の場合、下記のような流れでした。

  • 11月8日 カウンターで申し込み
  • 11月15日 本人確認書類の再提出メールを受領
  • 11月16日 住民票を提出
  • 11月19日 「ようこそ、アメックスへ」メールを受領
  • 11月23日 ヤマト運輸のセキュリティパッケージにてカード受け取り

アメックスって審査に受かっても、「合格」とか「通りました」みたいなワードって使わないんですね。

いきなり「ようこそアメックスへ、1週間以内にカードをお届け致します」との連絡が入り驚きました。

 

申し込みに際して特に対策などはありません。

ひたすら待つのみ。2〜3日で上がってくるものではなく、2~3週間は当たり前に掛かります。

私は直近で引越しをしたため、本人確認証明できる免許証や保険証の住所と現住所が異なっていたことから、

サービスカウンターで申し込んだ後、後からメールで再度本人確認を要求されました。

2回目の本人確認で、今そこで住んでいる証明となる住民票を提出し、オッケー判定を貰ったのですが

アメリカンエクスプレスカードの審査はとにかく時間が掛かるので、申し込んできた者の現況から過去の金融事故まで隈無くチェックしているのは間違いありません。

カウンターで聞いた話によると、過去半年以内に何かしらの金融事故を起こしたユーザーが審査に通る可能性は極めて低いとのことで、直近で別のカードでやらかしている人は申し込む前から無理です。 定職に付いていて問題なく支払いができる人が最低条件なので、そこを満たせていないのであればダメ元で申し込んでも審査不合格となるばかりか、別のカードを作る際にも影響しますのでご注意を。

まとめ

ペルソナSTACIAのコンセプト的にターゲットとしているのは京阪神間の金持ち女性と聞いたことがあります。いわゆるマダムってやつ。

カードのデザインも女性ウケしそうなもので、これはこれで良いなと思うのですが、

男である私がペルソナSTACIAアメックスを持ちたかった理由は、阪急メンズ館多用によるポイント乱獲とラウンジなんですよね。

別にマイルを貯めているわけでもないので航空系カードはいらないですし、それなら買い物に特化させてしまえって。

ラウンジはカードを見せるだけで入れたら最高なんですが、あいにく何かしら買わないと入れないので、1,000円程度で購入できる小物類がどんどん増えていきそうな予感… 靴下一足からクレジット払いする自分が容易に想像できますね笑

Twitterでフォローしよう