NOBLE AUDIO

シングルダイナミックイヤホン NOBLE Audio EDC Velvet(ベルベット)の試聴レビュー

Kaiser10でおなじみのNoble Audioからダイナミックモデルが登場しました。

その名も”EDC Velvet”、EDCとはEveryDay Carry=より身近に楽しんでもらうために小型で使いやすいことを目指して開発された製品群で、その第一弾モデルがシングルダイナミックVelvetというわけです。

ヘッドホン祭りなどのオーディオイベントでも出店されており、発売前から評判の良かった機種で、私自身は発売後に初めて聴いたのですが確かにしっかり作り込まれているサウンドで価格帯で好感が持てました。

スペック

周波数特性20Hz-20000kHz、インピーダンス35Ω以下とやや抵抗値が高いですがスマホでも問題なく音量を取れます。シングルダイナミックドライバーで5.8mm径のものを使用しています。

ケーブルは銀メッキ高純度銅リッツ線を導体に、リフレクディブリボン加工&ヴェクトラファイバーを採用し高強度を確保。SENNHIESER IE800のケーブルみたいに使用に伴い硬化しそうな質感。リケーブルは不可で、断線したら改造で何とかするしかありません。

定価は¥18,000。個人的にはリケーブルできない点を考慮しても納得できるサウンドだったので、この価格帯で推奨できる機種の一つにランクインしました。

フィット感

筐体サイズは小ぶりで、クリプシュX10/11のように耳穴の奥まで押し込むタイプ。鼓膜の側まで押し込めるほど小さくありませんが、長時間装着していても痛みが発生することはなさそうです。Shure掛け(耳掛け)できなくはありませんが、テンションが掛かって早期に断線する恐れがあるのでオススメはできません。

イヤーチップはスパイラルドット(シリコン)とコンプライ(ウレタン)の2種類を試してみました。個人的にh断然シリコン型の方が良かったです。内側から蓋できるようにジャストかワンランク小さめのシリコンチップで十分遮音性も確保できそうです。元々低域強めの機種なのでウレタンで密閉するとモコモコ感が強くなって帯域バランスが崩れるように感じました。

音質傾向

分かりやすくピラミッド型で低域>中域>高域です。めちゃくちゃ低域が多いという訳でもありませんが、ダイナミックのハイエンド帯のような質重視で量控えめっていうものではありません。ボーカルを主とする中域帯は一歩後ろに下がる印象ですが、量の多い低域に重ならず、分離感と一体感のバランス調整が上手いなと感じました。

この機種がいいなと思ったポイントは2点ありました。一つは中低域をメインに捉えた帯域バランスであるのにボーカルと重ならずリズミカルに聴かせてくれる点。最初聞いた時はドンシャリ系かと思いましたがじっくり聴いてみると高域はそれほど強くありません。シンバル、ハイハット、エレキの高音など刺さりがちな部分をカットしており、低音よりも中高域をメインに聴きたい方からすると曲によっては若干物足りない場合もあります。私としてキンキン刺さる攻撃的な鳴り方をするイヤホンは大歓迎なのですが、そこを好むオーディオパイルがどれほどいるのかって話なので、より万人ウケするように低~中をメインに捉えているのは良い判断だと思いました。 量としての低音は十分で、ボーカル帯に重ならずに鳴らしてくれるので分離感が感じやすかったです。裏を返せば中高域が艶やかに伸びていく煌びやかさは感じ取りにくいのですが、この価格帯でそこまで求めるのは酷かもしれませんね。

もう一つは音像がボヤけにくく苦手な楽器が少ない点。低価格帯(アンダー1万くらい)の低音イヤホンにありがちなのはベースやエレキギター等の電鳴楽器はパワフルに鳴らせるのに、ヴァイオリンやコントラバスといったクラシカルな弦楽器やサックスやトロンボーンといった金管楽器の後味をほんのり残すテクニックの必要な低音についてはからっきしというような機種がよくあります。Velvetはジャズやクラシック等コンサートホールで聴くような広い音場は持っていませんが、ロックやメタル等の激しめな低音はもちろん、フォークギターやパーカッションといったアコースティックなローサウンドも気持ちよく分解して聴かせてくれるのがこの機種ならではで、ジャンルを選ばず使用できる優秀な機種と感じております。

残念な部分は少ないのですが、やはりリケーブル不可というのは個人的にちょっとマイナス点です。ケーブルを変えてどれだけ音が変わるかは高望みは出来ませんけれど、断線した場合の保険としてリケーブルできる機構を設けてほしかったですね。

まとめ

アンガー5万くらいならば各価格帯で安牌はコレ!と決まりがちですが(それ以上は好み)、Velvetも予算2万円の枠ならば間違いなく選択肢に入れて問題ないくらいのサウンドクオリティを誇っており、サブ機として買い足そうか検討しています。

Noble Audioは代理店絡みで色々と問題のあるメーカーという認識を持たれている方も多いと思いますが、NobleのマルチBAが合わなかった方もダイナミック型はマッチするかもしれませんし、一度試聴されてみると案外良かったりするかもしれませんよ。

 

 

関連記事

  1. BIT(OPUS)

    OPUS Audio OPUS#1Sの試聴レビュー -音質十分、SDスロット2基搭載のオーディオプレ…

    オーディオ系の記事を書くのは久しぶりです。12月はゲームに明け暮れてお…

  2. IRIVER

    今更ながらIRIVER AK380を購入-使用感と音質レビュー-

    新しいDAPが欲しい。かねてよりDAPを買い換えたいという思い…

  3. SONY

    SONY最新ウォークマン ZX300はポータブルを突き詰めた良DAP-思ったままに試聴レビュー-

    SONYの新しいウォークマン ZX300が発表されましたね。ソ…

  4. AZLA

    【試聴レビュー】AZLA(アズラ)-ふくよかな低域が特徴、装着感に難あり

    イヤホン界でいま話題のAZLAを試聴してきました。当初、アズラ…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

注目記事

  1. DITA Audio

    ダイナミックイヤホンの極地点 HiFiMan RE2000の購入後レビュー -D…
  2. Vision Ears

    【最新版】カスタムIEM Vision Ears 主要モデルの内外価格差に関して…
  3. Jomo Audio

    【発売決定】Jomo Audioの新作カスタムIEM(Jazz,Tango,Sa…
  4. DITA Audio

    【生産終了品】国内品切のDITA Dream 本国から直輸入可能 -ヤフオクで転…
  5. Jomo Audio

    シングルBAイヤホンJomo Audio Haka 試聴レビュー “…
PAGE TOP