【この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。】

デッキビルドパック「ダークセイヴァーズ」の発売も間近となりました。収録されるテーマは【空牙団】、【閃刀姫】、【ヴァンパイア】の3種類。空牙団と閃刀姫は大方収録カードが判明しておりますが、ヴァンパイアに関しては発売3日前で切り札のシェリダンしか判明していません。ダークホースとなり得るかはフラゲを待つしかありませんけれど、現状閃刀姫のスペックに魅了されている人が多いのではないでしょうか。メインに入るのはレイ一体のみであとはサポート魔法だらけとどこか召喚獣を思い出させてくれます。当記事ではそんな閃刀姫のスペックと出張できそうなテーマを思いつく限り書き起こしてみました。

閃刀姫

閃刀姫-レイ

効果モンスター星4/闇属性/戦士族/攻1500/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。(1):このカードをリリースして発動できる。EXデッキから「閃刀姫」モンスター1体をEXモンスターゾーンに特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の「閃刀姫」リンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

メインデッキに入るモンスターはこのレイのみ。凶悪な閃刀魔法をまとって孤軍奮闘するのが特徴です。レベル4闇戦士で攻守1500と恵まれたステータスで、自身をリリースすることで閃刀リンク体(後述するカガリ・シズク)を召喚できます。また場の閃刀リンク体が戦闘及び相手の効果で場を離れた時に自己蘇生する効果も持ち合わせており、それぞれターン1制限です。

閃刀姫-カガリ

効果モンスターリンク1/炎属性/機械族/攻1500【リンクマーカー:左上】炎属性以外の「閃刀姫」モンスター1体

自分は「閃刀姫-カガリ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「閃刀」魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。(2):このカードの攻撃力は自分の墓地の魔法カードの数×100アップする。

レイが炎の鎧をまとった姿。特殊召喚成功時に墓地の閃刀魔法を1枚サルベージする効果と墓地にある魔法カード×100のパンプ効果を持ちます。10枚魔法が落ちていても2500にしかならず、リンクマーカーは左上とEXゾーンに置いておくメリットがないため、閃刀魔法の回収が終わったらシズクに切り替えた後、別のリンクモンスターを展開するのが基本の流れとなるでしょう。リンク1ですが素材指定があるので、カガリからカガリを呼ぶことはできません。

閃刀姫-シズク

効果モンスターリンク1/水属性/機械族/攻1500【リンクマーカー:右上】水属性以外の「閃刀姫」モンスター1体

自分は「閃刀姫-シズク」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分の墓地の魔法カードの数×100ダウンする。(2):このカードを特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「閃刀」魔法カード1枚を手札に加える。

レイが水の鎧をまとった姿。主にカガリで閃刀魔法を回収した後切り替えられるリンク先です。カガリと同じく微弱なパンプ効果と特殊召喚したターンのエンドフェイズ時に墓地に存在しない閃刀魔法をサーチする効果を持ちます。閃刀魔法は手札から発動することはできないので、自分ターンのエンドフェイズ時にサーチできてもワンテンポ遅れるのが少しネックです。レイの効果で相手ターンに特殊召喚してタイムラグを少なくする等の工夫が必要となりそうです。こちらも素材指定があるのでシズクからシズクを呼ぶことはできません。

閃刀魔法

閃刀起動-エンゲージ(通常魔法)

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。デッキから「閃刀起動-エンゲージ」以外の「閃刀」カード1枚を手札に加える。その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、自分はデッキから1枚ドローできる。

3枚必須の閃刀サーチ。スーレアなので頑張って集めましょう。エンゲージ以外の閃刀魔法の方、レイを引っ張ってこれます。閃刀魔法の発動条件は自分メインモンスターゾーンにモンスターが存在しない状況ですが初動であれば関係ありません。追加効果は制約なしの1ドロー。墓地に3枚魔法がある状態で発動できれば、エンゲージ(1ドロー)→ホーネットビット→カガリ(エンゲージ回収)→シズク(閃刀サーチ)で召喚権を残しつつ3枚手札が増えます。

閃刀術式-アフターバーナー(通常魔法)

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

対象を取る破壊魔法で場の表側モンスター1体、追加効果で魔法罠1枚を破壊します。1:2交換となるのでフル搭載してもいい気がしますが、自分メインモンスターゾーンが空という条件が足を引っ張ります。

閃刀術式-ジャミングウェーブ(通常魔法)

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

アフターバーナーとは対の効果で、セットされた魔法罠を1枚破壊し、追加効果で表裏を問わず場のモンスターを破壊します。手札誘発が多く採用され、魔法罠がセットされにくい、すでに発動してしまっている永続罠に無力な為、採用枚数は環境に応じてってところでしょうか。

閃刀機-ホーネットビット(速攻魔法)

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。自分フィールドに「閃刀姫トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。このトークンはリリースできない。自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、そのトークンの攻撃力・守備力は1500になる。

レイとほぼ同スペックの閃刀姫トークン1体を特殊召喚します。追加効果でレイ同等の攻守1500となりますが、即リンク召喚に活用されるため役立つ場面は少ないと思われます。このカードでリンク体のカガリ・シズクをリンク召喚できるため、メインにレイがなくとも汎用的な閃刀魔法を出張させることが可能となります。

閃刀機-ウィドウアンカー(速攻魔法)

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る事ができる。

サーチできる禁じられた聖杯のような効果で、ターン終了時までモンスター1体の効果を無効にします。追加効果で無効にしたモンスターのコントロールを得ることができますが、自分のメインモンスターゾーンにモンスターが来てしまい、他の速攻閃刀魔法の発動条件を阻害することとなるので、条件を満たしていてもあえてコントロール奪取しないという判断が必要となる場面も出てきます。

 

閃刀機-イーグルブースター(速攻魔法)

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その表側表示モンスターは自身以外のカードの効果を受けない。自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、さらにこのターン、そのモンスターは戦闘では破壊されない。

場のモンスター1体を対象とし、あらゆる効果に対する耐性を付与させます。追加効果は戦闘でも破壊されなくなりますが、素のATKが高いEXモンスターを対象に取るケースが多いので、耐性付与のメイン効果のみだけでも十分だったりします。

閃刀機-シャークキャノン(速攻魔法)

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、除外せずにそのモンスターを自分フィールドに特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できない。

対象がモンスターのみのサーチできる速攻魔法版D.D.クロウです。墓地発動する魔法も増えてきましたが、墓地から湧き出てくる相手の展開札を封殺できるのは強そうです。追加効果は除外せずに自分の場に特殊召喚し、制約は特殊召喚したターンの攻撃のみ。ウィドウアンカーと同じく自分のメインモンスターゾーンが来るため他の閃刀魔法との兼ね合いで蘇生させるか判断しましょう。妨害と役割が変わってきますが、相手ターンエンドに奪いつつ、リンク素材にするもよし、総火力のカサ増しにするもよしと、応用が効きやすい閃刀魔法です。

閃刀機関-マルチロール(永続魔法)

(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。このターン、自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。さらに、対象のカードは墓地へ送られる。(2):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した「閃刀」魔法カードの数まで自分の墓地の「閃刀」魔法カードを選び、自分フィールドにセットする(同名カードは1枚まで)。この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。

初見時「どこかで見たことのある効果だ…」と思ったら、魔導書の神判のような効果を持ちます。効果は二種類、一つ目は自分フィールドのカードを墓地に送ることでそのターンの間は自分が発動する魔法に対して相手はチェーンできなくなるというもの。二つ目は互いのエンドフェイズ時にそのターン発動した閃刀魔法の数まで墓地の閃刀魔法(同名カードは1枚まで)をセットするというもの。この効果でセットをしたカードはフィールドから離れた際に除外されてしまい、カガリでの回収することもできなくなります。またセットした時点で墓地魔法3枚以上の追加効果発動条件を満たせなくなってしまうことも考えられますが、セットする枚数は上限が決まっているだけで何枚伏せるかは任意で選択できるのでうまいこと調整しましょう。

閃刀空域-エリアゼロ(フィールド魔法)

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。(1):このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。自分のデッキの上からカードを3枚めくる。その中から「閃刀」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。残りのカードはデッキに戻す。「閃刀」カードがめくられた場合、さらに対象のカードを墓地へ送る。(2):このカードが効果でフィールドゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「閃刀姫」モンスター1体を特殊召喚する。

(1)の効果はブラマジサポートの黒の魔導陣と似た効果を持ちます。自分場のカード1枚を対象に、トップ3枚めくってその中の閃刀カード1枚を手札に加え、残りはデッキに戻す。閃刀カードを持ってこれたら発動時に対象を取ったカードは墓地へ送られます。(2)の効果はエリアゼロがフィールドから墓地へ送られた場合にデッキからレイをリクルート。盆回しと相性が良いです。

 

閃刀機構-ハーキュリーベース(装備魔法)

自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合にこのカードを発動できる。(1):装備モンスターは直接攻撃できず、1度のバトルフェイズ中にモンスターに2回攻撃できる。(2):自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在し、装備モンスターが攻撃でモンスターを破壊した場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。(3):このカードが効果でフィールドから墓地へ送られた場合、「閃刀機構-ハーキュリーベース」以外の自分の墓地の「閃刀」カードを3枚まで対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。

盛り沢山な装備魔法ですが、装備対象は閃刀姫に限らずEXゾーンにいるモンスターであれば何でもよいです。基本は直接攻撃できず2回攻撃付与。墓地魔法3枚以上の追加効果で、装備モンスターが戦闘破壊したら1ドロー。閃刀カードをデッキに戻す効果はマルチロールとの相性は悪いですが、エンゲージで再度サーチが可能です。

相性の良いテーマ・カード

召喚獣

筆頭はこれでしょう。EXの融合体を絶えず供給することのできる召喚獣というテーマはメインモンスターゾーンを圧迫することが少なく、デッキ圧縮魔法を大量搭載するだけの枠を確保できるので墓地に魔法を溜めやすいのも特徴です。打点的にも召喚獣がいれば問題なかったりします。

エンゲージとエリアゼロによるサーチ力とホーネットビットで各属性のリンク1・2を採用することで任意の召喚獣が展開可能。暴走アレイスターが使いやすく、後攻でのまくり性能が非常に高い組み合わせです。おそらく混ぜ要素の筆頭となりそうなので、すぐにテンプレができることでしょう。

メタロフォーゼ

場を離れるとレイをリクルートさせるエリアゼロをメタルフォーゼで割ってもらう算段です。またマルチロールとエリアゼロは効果発動後に場のカード1枚を墓地に送るため役割を果たしたメタルフォーゼを捨て札とすることもでき、錬装融合による打点も高く持つことができます。

Kozmo

サイキックKozmoの除外効果にチェーンして速攻の閃刀魔法を発動させることで両立できないか思案中です。初動となるエンゲージはまだしもアフターバーナーやジャミングウェーブが使いにくいのをどうしたものか。

ディアボロス

レイのリリース効果でディアボロスが蘇生可能。打点の貧弱な閃刀姫にとって3000打点の相棒は頼もしい限り。ディアボロスは自身をリリースして誘発即時ハンデスができるので、相手ターンでは退場、自分のターンには蘇生をディアボロス単体で行えるため注目されています。

トポロジックボマードラゴン

リンク先にモンスターが特殊召喚されるとメインモンスターゾーン限定のブラックホールをかましてくるリンク4。とりわけホーネットビットが相性よく、閃刀トークンはトポロジックボマーを出すためにも使えるし、トポロジックが出た後にリンク先にトークンを置いて全体を爆撃しつつ閃刀魔法の発動条件をクリアできます。

妖仙獣

場を荒らすだけ荒らしてエンドフェイズに手札に帰るスピリット系テーマとも相性が良さげです。レイを起点としたリンク召喚は相手ターンでも行えるので、メタビ寄りの妖仙獣に閃刀を混ぜることで除去能力を高めることができます。

 

 

まだまだ相性のいいテーマ・カードは沢山あると思いますが、発売前から注目されているテーマで、環境入りするか楽しみです。

堕天使や魔弾のように期待値が高すぎて失速する可能性もありますが、EXモンスター単騎をサポートする閃刀魔法は汎用カードとしても多くのデッキに出張することでしょう。

Twitterでフォローしよう