【この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。】

話題沸騰中の閃刀姫ですが、爆発的な火力を得るために召喚獣と混ぜるのが定常化されています。大会で勝っているほとんどのタイプはこのタイプですが、それ以外のテーマ・カード・出張セットで使えそうなものがないかを一挙まとめました。閃刀姫の力を利用できそうなテーマは山ほどあると思いますが、デッキ全体のシナジー次第で採用を検討できそうなものを集めたので参考にどうぞ。

フォーマッド・スキッパー

星1/光属性/サイバース族/  0/  0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。

(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

カガリ、シズクを見せることで名称レイになれます。ただそれだけで高騰しているのが現状。正直召喚権使うのは弱いと思うんですけど、相性的には悪くはありません。

召喚僧サモン・プリースト

星4/闇属性/魔法使い族/ 800/1600

(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した場合に発動する。このカードを守備表示にする。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードはリリースできない。

(3):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

デッキの大半が魔法だらけ、唯一メインに入るレイはレベル4戦士族。切った閃刀魔法もリクルートしてきたレイをカガリにすることで即回収でき、閃刀以外の魔法でも3枚以上の条件を満たしやすくしてくれます。この場合問題になるのがサモプリがメインゾーンに残ってしまうことですが、エリアゼロやマルチロールのコストにしてしまえば閃刀魔法の発動条件をクリアできます。先にトークンを出しておけばリンク2以上も出せますし悪くはなさそう。ディアボロスが来たら終末持ってきて

お手軽リンク出張

トーチゴーレム

星8/闇属性/悪魔族/3000/ 300

このカードは通常召喚できない。自分フィールドに「トーチトークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守0)2体を攻撃表示で特殊召喚する事によって相手フィールドに特殊召喚できる。このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。

朧影のゴウフウ

星5/闇属性/鳥獣族/  0/  0

このカードは通常召喚できない。自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。

(1):このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。このトークンはリリースできず、S素材にできない。

(2):このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、そのレベルの合計と同じレベルを持つ自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。

スケープゴート

このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。

(1):自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

よくある出張セット。純閃刀姫だとEXデッキはカガリとシズクのみでいずれもフル搭載されることは稀でしょうからスロットがかなり余っています。召喚獣を使用しないのであればリンク+シンクロに寄せるのも一考。

チューナー+ハリファイバー

リンク2/水属性/機械族/1500【リンクマーカー:左下/右下】チューナー1体以上を含むモンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。

個人的にハリファイバーうさぎの構えがかなり好きです。うさぎ以外の汎用チューナーを数枚忍ばせておくだけでグリオンガンド出せます。

ホーネットビット→カガリ→ホーネット回収→チューナとカガリでハリファイバー→うさぎリクルートにチェーンしてホーネットで場がハリファイバーうさぎ閃刀姫トークン。相手ターンにワンマジ変換で1妨害、うさぎでもう1妨害、トークンとワンマジシンクロでヴァルカン出してバウンス妨害の3妨害かワンマジに変換した後、全モンスターでグリオンガンドとしてもOK。チューナーにゴウフウを使用すればホーネットが余るので別の閃刀魔法をカガリで回収してもいいし、シンクロと妨害でメインゾーン空けられるし良いことずくめじゃない?シンクロをする関係上EXも結構食うし召喚獣との噛み合わせは悪いのが難点。

機界騎士(ジャックナイツ)

紫宵の機界騎士

星8/光属性/サイキック族/2500/2000

このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。

(2):自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外し、デッキから「紫宵の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスター1体を手札に加える。この効果は相手ターンでも発動できる。

蒼穹の機界騎士

星5/光属性/サイキック族/2000/2500

このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。

(2):このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカードと同じ縦列の相手のカードの数だけ、デッキから「蒼穹の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。

打点補助、後続展開に優れる出張セット。EXにカガリを出せる手段はホーネット、エンゲージの基本6枚。間接サーチも含めれば高確率でリンク召喚可能。手札の多くは魔法なので伏せれば自分場で縦2枚の機界騎士の召喚条件を満たせる上、紫宵は自身の効果でメインを空けられるので閃刀魔法との相性も悪くありません。

百万喰らいのグラットン

星1/闇属性/悪魔族/  ?/  ?

このカードは通常召喚できない。自分の手札・フィールド・エクストラデッキからカード5枚以上を裏側表示で除外した場合のみ特殊召喚できる。

(1):このカードの攻撃力・守備力は、裏側表示で除外されているカードの数×100アップする。

(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。

(3):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを裏側表示で除外する。

EXをあまり使わない純構築に便利な一枚。戦闘を介す必要があるが再利用を許さない裏側除去は何かと強い。個人的にEXの枠はフル活用してなんぼだと思っているので普段は使用しないのですが、使われると鬱陶しいことこの上ありません。

成金ゴブリン

(1):自分はデッキから1枚ドローする。その後、相手は1000LP回復する。

ライフ1000与える代わりに墓地魔法溜めとデッキ圧縮を同時に行えます。複数枚使用した際、ライフを削りきるプランを練れているのであれば余裕で採用権内でしょう。相手ライフ10000までで2枚採用している人が多そうです。

盆回し

(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、その内の1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。

召喚獣とセットで入れる際のウルトラC。エリアゼロの墓地送り手段さえあれば、盆回しでワンキル可能です。暴走魔法陣を自分、エリアゼロを相手、暴走魔法陣でアレイスターサーチ、ジャミングウェーブでエリアゼロ割ってレイリクルートから恒例の流れです。

チキンレース

(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。

(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

デッキから1枚ドローする。

このカードを破壊する。

相手は1000LP回復する。

盆回しで押し付けるフィールドとして優秀なドローソース。相手にも利用されるが成金ゴブリンとの相性も良くセットで採用される傾向にあり。

トゥーン出張

トゥーンのもくじ

(1):デッキから「トゥーン」カード1枚を手札に加える。

トゥーンサイバードラゴン

星5/光属性/機械族/2100/1600

(1):相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

(2):このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。

(3):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。

トゥーンのもくじ1枚から閃刀魔法の追加効果条件を満たせる他、EXモンスターを食えるメガフリートドラゴン用のサイバードラゴンを最後にサーチできる出張セット。もくじ2枚ダブり、サイドラ素引きが弱いので好みが別れるでしょうね。私は安定性を求めるので入れません。

出張魔導

グリモの魔導書

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから「グリモの魔導書」以外の「魔導書」カード1枚を手札に加える。

ルドラの魔導書

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

アレイスターと相性の良い魔導出張です。アレイスターコストに2ドローしつつメインゾーン空けてバーナーとウェーブで除去った後召喚魔術って流れがシンプルに強いです。

おろかな副葬

「おろかな副葬」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

おろ埋の魔法罠バージョン。カガリで墓地の閃刀魔法を回収できるので、カガリを出す手段が擬似的なエンゲージになります。

錬装融合

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の手札・フィールドから、「メタルフォーゼ」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

(2):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。墓地のこのカードをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

メタルフォーゼは採用せずこれ一枚だけ。副葬との併用、ハンドに来てもエリアゼロ、マルチロールのコストに使った後ドローに換えられます。

名推理

(1):相手は1~12までの任意のレベルを宣言する。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、そのモンスターのレベルが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。違った場合、そのモンスターを特殊召喚し、残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

閃刀魔法の追加条件を見たしやすくする一枚ですが、出して嬉しいモンスターが少ない上、手札誘発が出る確率が高い。閃刀魔法を溜められるかも…程度。

リミッター解除

(1):自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

自己強化持ちのカガリの火力を高める一枚。4000~5000くらいの打点が完成、自壊デメリットもメイン2でシズクに変えればチャラ。

マジカルエクスプロージョン

自分の手札が0枚の時に発動する事ができる。自分の墓地に存在する魔法カードの枚数×200ポイントダメージを相手ライフに与える。

魔法だらけかつドローソースが多いので専用構築にすればバーン型にできないこともなさそう。マジカルエクスプロージョンだけで削りきるのはほぼ不可能なので連鎖爆撃も入れたチェーンバーン型の新しい形ができるか。考えてみる価値があるかもしれない。

先攻取るならハリファイバー、後攻取るなら召喚獣ってところ。召喚獣型の火力がえげつないのでそっち寄りの構成が増えてくると思います。

確かに強いけどワンパターンで飽きそうなんですよねぇ。個人的には択の多い方が構築しがいがありますし妨害撃ちまくりたいのでハリファイバー使ったタイプでヤバいムーブができないか練ってる最中でございます。今週中にパーツ類が全部届くはずなので、デッキ組み次第調整重ねますよ〜

Twitterでフォローしよう