【この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。】

ダークセイヴァーズがリリースされました。3テーマのパーツは通販で全て押さえておりますが、まだ届いていないのでソワソワしています(笑)

もともと注目されていた閃刀姫は案の定大会優勝を決め、キーカードの"閃刀起動-エンゲージ-"の初動が高騰しています。大会シーンに登場した直後にありがちな初見殺しとなるか今後も使用され続けるかで安定価格が決まりますが果たしてどうなるか。当記事では閃刀姫と召喚獣の相性と展開ルート、構築について述べたいと思います。

召喚獣のキーカード

召喚師アレイスター

星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800(1):このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

召喚魔術

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。

(2):このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

暴走魔法陣

フィールド魔法「暴走魔法陣」は1ターンに1枚しか発動できない。(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

法の聖典

「法の聖典」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドの「召喚獣」モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「召喚獣」モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

暴走召喚師アレイスター

リンク2/闇属性/魔法使い族/1800【リンクマーカー:左下/右下】種族と属性が異なるモンスター2体

(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「召喚師アレイスター」として扱う。

(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、

融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。

手札を1枚選んで捨て、デッキから「召喚魔術」または「法の聖典」1枚を手札に加える。

(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。

デッキから「魔法名-「大いなる獣」」1枚を手札に加える。

閃刀姫のキーカード

閃刀姫-レイ

効果モンスター星4/闇属性/戦士族/攻1500/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。(1):このカードをリリースして発動できる。EXデッキから「閃刀姫」モンスター1体をEXモンスターゾーンに特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示の「閃刀姫」リンクモンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

閃刀姫-カガリ

効果モンスターリンク1/炎属性/機械族/攻1500【リンクマーカー:左上】炎属性以外の「閃刀姫」モンスター1体

自分は「閃刀姫-カガリ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「閃刀」魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。(2):このカードの攻撃力は自分の墓地の魔法カードの数×100アップする。

閃刀姫-シズク

効果モンスターリンク1/水属性/機械族/攻1500【リンクマーカー:右上】水属性以外の「閃刀姫」モンスター1体

自分は「閃刀姫-シズク」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分の墓地の魔法カードの数×100ダウンする。(2):このカードを特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「閃刀」魔法カード1枚を手札に加える。

閃刀起動-エンゲージ

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。デッキから「閃刀起動-エンゲージ」以外の「閃刀」カード1枚を手札に加える。その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、自分はデッキから1枚ドローできる。

閃刀機-ホーネットビット

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。自分フィールドに「閃刀姫トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。このトークンはリリースできない。自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、そのトークンの攻撃力・守備力は1500になる。

閃刀空域-エリアゼロ

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。(1):このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。自分のデッキの上からカードを3枚めくる。その中から「閃刀」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。残りのカードはデッキに戻す。「閃刀」カードがめくられた場合、さらに対象のカードを墓地へ送る。(2):このカードが効果でフィールドゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「閃刀姫」モンスター1体を特殊召喚する。

閃刀術式-アフターバーナー

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

閃刀術式-ジャミングウェーブ

(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

相性について

メインに入る召喚獣要素は上記5種類。アレイスターは制限カードですが、専用サーチ"暴走魔法陣"が3枚搭載できるためあまり気になりません。暴走魔法陣をサーチするテラフォーミングと盆回しも墓地に魔法を溜めつつサーチができるため利用しない手はありません。暴走アレイスターは闇魔法使い(アレイスター)と炎戦士(カガリ)でリンク召喚できます。主にバトルフェイズ中に追撃が行える"法の聖典"の引っ張ってきます。

カガリを出す手段は場にレイか閃刀トークンのどちらか1体。"ホーネットビット"か"盆回し+ジャミングウェーブ"で召喚権を使用せずにカガリを展開できます。特に後者は同時にアレイスターをサーチすることができるため相性的には極めて良好。

閃刀専用サーチの"エンゲージ"は自分メインゾーンにモンスターがいない場合限定ですが、ハンド状況に応じて足りない閃刀パーツを自在に引っ張ってこれます。いくつか展開パターンをまとめましょう。

略称:通常召喚=ns、特殊召喚=ss、効果発動=ef

アレイスター+ホーネットビット

ホーネットビットef閃刀姫トークンssトークンでカガリssホーネットビット回収

アレイスターns召喚魔術サーチ

カガリとアレイスターで暴走アレイスターss

ホーネットビットef閃刀姫トークンssトークンでシズクss

召喚魔術ef墓地のアレイスターとカガリでプルガトリオss暴走アレイスターef法の聖典サーチ

バトル 暴走アレイスター1800+シズク1500(+α)+プルガトリオ2300

法の聖典efプルガトリオ対象にメガラニカssそのまま攻撃3000

全部通れば合計ダメージ8600

ハンド2枚で後攻ワンキルができる上に、相手の場を荒らすアフターバーナー、ジャミングウェーブを搭載しており、各種サーチ手段の多さも相まって成功率が極めて高いのが特徴。この時点で召喚魔術効果でアレイスターは手札に戻っているのでメガラニカのATKは3300に上げることが可能。メガラニカは全モンスター攻撃+貫通持ちなので生半可な壁では簡単に突破されてしまいます。

盆回し+ジャミングウェーブ

盆回しef相手場にエリアゼロセット自分場に暴走魔法陣セット

暴走魔法陣efアレイスターサーチ、ジャミングウェーブefエリアゼロ破壊しレイリクルート

ハンドにアレイスター、場にレイがいるのでここからの流れは上記と同じ。墓地魔法3枚以上あればジャミングウェーブで1体対象耐性無視の破壊付きです。

召喚権を使わずにカガリを出すことが重要となりますが、ホーネットビットは一枚でその役割を担えますし、エリアゼロを能動破壊することでレイを持ってこれるのも見逃せません。相手の場を荒らすために他の閃刀魔法を使用するならば墓地魔法3枚のおまけ効果をどれで発動させたいかを考えながら打てば複数枚除去も可能です。

全ての閃刀カードはエンゲージでサーチ可能、アレイスターは暴走魔法陣でサーチ可能、盆回しは能動破壊手段があればそれだけでアレイスターサーチとレイリクルートを同時に行える壊れカードになります。

後攻ワンキルできそうにない場合でも、エンゲージスタートでホーネットカガリを経由してシズクを出しイーグルブースターで除去されにくくなります。カガリでエンゲージを回収しておけば自分エンドでもエンゲージサーチできハンドに2枚のエンゲージが溜まることになります。

万が一破壊されても墓地にレイがいればレイの自己蘇生から再度カガリorシズクをリンク召喚することで状況を戻すことができるのも強みですね。

弱点

魔法の効果無効、遅延

魔法無効に付きます。魔法効果を無効にする王宮の勅命・ナチュルビースト、魔法のセットを強制する魔封じの芳香がその筆頭でしょうか。展開・除去を魔法に頼るこのデッキは何もできなくなります。魔封じに関しては次のターンからは伏せた魔法は発動できるため遅延にしかならないので極力その間にワンキルできるようなテーマであればいいのですが、ライフの削りスピードの遅いタイプだと対策にならないかもしれません。

特殊召喚封印

特殊召喚 できなければ閃刀姫召喚獣としては詰みですが、魔法罠であれモンスターであれ閃刀術式で除去してきますので単体であれば軽々突破されそうです。

闇のデッキ破壊ウイルス

魔法を根こそぎ破壊できますが、カガリで回収された閃刀は発動できるのであまり意味を成さないかもしれません。

接触するG

アレイスターの存在次第ですが有効。閃刀姫のみであれば身動きできなくなります。

うらら

エンゲージに打ってどうなるかですが、他のハンド次第では全く無意味だったりします。エンゲージにうららを通せたとしても閃刀魔法はターン発動制限がないためカガリの召喚を許したら再度エンゲージを発動されてしまいます。またマルチロールを使うタイプだったら発動できません。

壊獣

ブースターで耐性付与されたカガリシズクを退かしにいけます。場合によっては有効。

バトルフェイズスキップ+拮抗勝負

フェーダーと拮抗の合わせ技で乗り切れますが引けますかね…

耐性持ちの高火力

召喚獣閃刀姫側の最大火力はメガラニカにアレイスターパンプを付与した4000。これを上回る攻撃力を持つ除去耐性持ちのモンスターは突破できません。超限定的ですがクインテットマジシャンとか出しとく…?まぁ非現実的ですね。

魔法と特殊召喚に依存しているので弱点が全くないわけではありません。セフィラ・魔術師メタにもなる勅命が天敵ですが制限カードなので先行で持ってくるには苦しいところ。通常の手札誘発が効きにくいのが強みで、召喚獣に限らず様々な型が生まれていくと思われますので、今後も注目したいテーマの一つです。私はパーツが届き次第、マルチロールを強く使えるタイプで構築していきたいと思います。

Twitterでフォローしよう