【この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。】

次から次へと新弾が発売し財布ポイントが保たない私ですが、ハイスペックな新規が定額で入手できることは感謝の極みです。もうじき発売するストラクR"闇黒の呪縛"、前回の恐竜ほどパワーはなくとも悪用できそうなコンボが後々できそうなカード群ということで楽しみにしているデュエリストも多いのではないでしょうか。

とりあえず判明している新規カードを一挙見ていきましょうか。

 

闇黒の魔王ディアボロス

星8/闇属性/ドラゴン族/3000/2000

このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。

(3):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

頼りなかった魔王のリメイクです。以前は相手ドローフェイズ前に本来ドローすべきカードを確認してデッキトップそのままかボトム送りにする効果でした。ちょっとヤバそうなカードだと思ってボトム送りにした結果もっと都合の悪いカードを引かせてしまう惨事を呼ぶこともあり、単体でアドも取れない最上級ということで日の目を浴びることはありませんでしたが、今回はちょっと様子が違います。

まず場に出るためのトリガーは自分場の闇属性モンスターがリリースされること、ただそれだけ。アドバンス召喚でも、コストとしてリリースが必要なカードでも、効果でリリースするカードの発動に連動して3000打点が出てきます。手札か墓地にあればよく、1枚挿しで終末などで序盤から墓地送りにしておくことで召喚機会を手広く持つことができますね。

メインの効果は自分場の闇属性モンスター1体をリリースして発動、相手選択ですが手札1枚をドローロックするかデッキボトム送りにするかの選択に迫れます。自信をリリースして発動してもいいですが、その場合は同一ターンで蘇ることはできません。(これができるならこのカード1枚でループできますから当然の制約です) おまけにリリース耐性、対象耐性も持っており、壊獣による除去や対象を取る破壊・除外・墓地送りは効きません。これが10期パワーか。

汎用的なところではリンクリボーや閃刀姫レイ、ジュラゲド等と相性が良いです。特にレイはメインゾーンを空にする必要があり、自分ターンはレイをリリースしてカガリなりシズクにチェンジ、そこで魔王降臨、3000打点でしばいた後、自身をリリースしてハンデスし、閃刀魔法の発動条件を再び満たします。閃刀姫にはこのようなヒット&アウェイモンスターが待ち望まれていますので、召喚獣を搭載したタイプに後攻ワンキル型に加えて、ディアボロス型も流行るのではないでしょうか。

悪王アフリマ

星4/闇属性/悪魔族/1700/   0

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」1枚を手札に加える。

(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。この効果を発動するためにこのカード以外の闇属性モンスターをリリースした場合、ドローする代わりにデッキから守備力2000以上の闇属性モンスター1体を手札に加える事ができる。

このカードと次のリリスを見て、堕天使新規かと目を疑いました。

1つ目の効果は専用フィールドサーチ。ハンドから捨てることでシャドウディストピアをサーチできます。汎用フィールドサーチのテラフォ・盆回しと合わせてディストピア9枚体制というVIP対応。

2つ目の効果は自分場の闇属性モンスター1体をリリースして1ドロー。ヴァルキュルスの影霊衣のようなターボ効果持ちです。特筆すべきは自分以外の闇属性をリリースした場合、ドローする代わりに守備力2000以上の闇属性をサーチする効果に変わります。この効果、カードプールが増える程突然注目される可能性が高く、後の闇属性汎用サーチとなり得るスペックを秘めています。

堕天使においてはルシフェル、イシュタム、スペルビア、ゼラート、マスティマ、テスカトリポカ、アムドゥシアスといった主要モンスターを全てサーチでき、召喚権もアフリマに割くことができるのでリリースコストを用意できるならば相性は悪くなさそうで、個人的には注目しております。

悪魔嬢リリス

星3/闇属性/悪魔族/2000/   0

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。

(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

レベル3闇悪魔ということでデスガイドから呼べる2000打点の登場です。墓地に行ってどうこうするカードでもないので選択肢に挙がることはなさそうですが。

効果は通常召喚したら打点が半分になり、メインは闇属性モンスターをリリースコストとしたランダム罠サーチ。3枚選んでランダムに1枚セットし残りはデッキ戻し。通常罠しかサーチできないので永続罠やカウンター罠は持ってこれません。

堕天使では背徳、魅惑、神属といった相手にすると厄介な罠を持っている上にウイルスカードを全てサーチすることが可能になります。この手のカードにしては珍しく同名3枚でもOKなので3積の罠を選択することで確実に引っ張ってこれます。加えて重要なのは「このカードは相手ターンでも発動できる」この一文が入っていることでしょう。相手ターンに罠をセットできるカードと言い換えることができ、フィールドシャドウディストピアの効果と合わせることで相手モンスターをリリースコストにした上で自分は罠サーチというアドしか生まないムーブを取ることが可能です。こちらも通常罠のプールが広がるにつれ後々注目される可能性のあるカードでしょう。

闇黒世界-シャドウ・ディストピア-

(1):フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。

(2):1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。

(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。

9期のフィールド魔法のように発動時のサーチこそないものの、ブラックガーデンやアンデットワールドのようなコンボ性の高い一枚に仕上がっています。

1つ目は場のモンスターを全て闇属性にするというもの。この効果は2つ目の効果で重要になる他、同属性で種族の異なる3体を要求するリンクモンスター"キュリオス"が使いやすくなるのも大きなメリットです。

2つ目は自分モンスターをリリースして発動するカードのコストを相手場の闇属性モンスターに肩代わりさせるというもの。リリスはフリーチェーンでリリースコストを必要とした罠サーチを発動できますから、回避手段の難しいリリースによる除去を撃てるのは厄介そうです。他には

  • 自分場のモンスターをリリースして蘇る隠れ蓑のスチーム、
  • 融合呪印生物"闇"で相手モンスター共々スターヴヴェノム・フュージョンドラゴン召喚
  • 痛み分けで相手モンスター2体リリース
  • エネミーコントローラーで相手モンスター1体リリースしてもう1体寝取り
  • 対象モンスターの攻撃力を0にして破壊したら元々の攻撃力分のバーンを追加するミニマムガッツ
  • 闇霊術"欲"だと1:1+ピーピングか2ドローを迫れる鬼カードに変貌します。

3つ目の効果は互いのエンドフェイズ時にそのターン内にリリースされたモンスターの数までターンプレイヤーの場に可能な限りシャドウトークン(レベル3闇悪魔)を生成。トークンの使用用途の制限はないのでアドバンス召喚にするもよし、シンクロ素材にするもよし、リンクにつなげるもよしです。

悪のデッキ破壊ウイルス

(1):自分フィールドの攻撃力3000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。そのモンスターの攻撃力500につき1枚、相手は自身の手札・デッキからカードを選んで破壊する。このカードを発動するために攻撃力2000以上のモンスターをリリースした場合、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内のモンスターを全て破壊する。また、このカードの効果で破壊され墓地へ送られているカードは、破壊されたターンには効果を発動できない。

第五のウイルスカードです。リリース条件はこれまでのウイルスの中で最も発動しやすいATK3000以下の闇属性1体。そのモンスターの攻撃力500につき1枚、相手自身が手札・デッキから選んで破壊します。さらにATK2000以上であるなら追加で相手ターンで3ターンの間にドローしたモンスターを全て破壊し、全体通して破壊したターン内でそれらのモンスター効果は発動できないオマケ持ち。低ATKモンスターをコストにしても墓地肥やしを助けるだけなので、ATK2000以上3000以下をコストとするのが最も旨味のあるウイルスですね。

 

ストラク内である程度シナジーのある新規ですが、相手にリリースコストを強要させようと思ったらシャドウディストピアを維持し続ける必要があり、除去手段がワンサカある現環境でどう動けるか見ものですね。

Twitterでフォローしよう