【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】

CYBERNETIC HORIZONに収録されるサーバー流新規カード。早速ですがまずはステータスと効果を確認しましょう。

サイバードラゴン・ズィーガー

リンク2/光属性/機械族/2100【リンクマーカー:左/下】「サイバー・ドラゴン」を含む機械族モンスター2体

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。

(2):このカードが攻撃宣言をしていない自分・相手のバトルフェイズに、自分フィールドの攻撃力2100以上の機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで2100アップする。この効果の発動後、ターン終了時までこのカードの戦闘によるお互いの戦闘ダメージは0になる。

リンクモンスターのサイバードラゴンは初物で、素材にサイバードラゴン名称1体を含む機械族2体を要求します。クリフォートゲニウスのように機械族2体で出せませんので注意。パンプ量が大きいのでリミッター解除と合わせたワンキルが横行するのを防止するための措置でしょうね。EXデッキに入るサイドラといえばノヴァやインフィニティといった派生カードが存在していますが、サイドラ名称となるEXカードは初めてですね。

ATKは無印のサイバードラゴンと同じく2100、マーカーは下と左に向いているのでEXゾーンに置いても使えますが、マーカー先に関わる効果を持っていないのでメインゾーンで左に伸ばすほうが使いやすそうです。

フィールドと墓地でサイバードラゴン名称となるルール効果と、ATK2100以上の"機械族"1体を対象に取りノーコストでその攻守をターン終了時まで2100UPさせるパンプ効果を持ちます。相手のバトルフェイズでも発動できるのはお利口です。もっとも、この効果発動後、発動したズィーガーでは戦闘ダメージを与えられなくなってしまいますが、別の機械族であればダメージは有効です。

出し方

「サイバー・ドラゴン」を含む機械族モンスター2体という厳しめの指定ですが、サイバー流であれば比較的容易にリンク召喚可能です。

フィールドでサイドラ名称となるモンスターはズィーガーを除けば、元祖サイドラ、コア、ツヴァイ、ドライ、プロトの5種類。特にコアは自身が墓地に存在し相手の場にのみモンスターが存在している場合にデッキからサイドラをリクルートすることができ、トークンでもいいから何かしらの機械族をフィールドに並べることができれば条件が整います。が、ズィーガー自体は展開効果を持たず他に機械族がいなければダメージを与えられない高打点というだけで、ただ出しただけならあっさり除去されてしまいます。

強そうなのはレベル5のサイドラ名称カードを素材としたサイバードラゴンノヴァを出した上でサイドラ名称カードを蘇生、ノヴァにインフィニティを重ねて、蘇生したサイドラと何かしらの機械族でズィーガーを出すのが一番丸そうです。単体で制圧できるインフィニティの打点の弱さを補う形でシナジーがありますね。まぁこれをするにもリンクマーカーを増やしておかないとEXゾーンにインフィニティが座ってしまうことになるので、初手で安定して並べるのは難しそうではあります。

用例

パンプ効果の対象は"機械族"であれば使えるのですが、サイドラだけを出張したデッキでは場に出すことも難しいため、基本的には表サイバーで運用することになりそうです。

サイバーツインドラゴンであればATK4900打点の2回攻撃、サイバーエンドドラゴンであればATK6100の貫通持ち、サイバードラゴンインフィニティもATK4200超、キメラテックランページドラゴンは4200打点の3回攻撃、キメラテックオーバードラゴンに至ってはオーバーキルもいいところ。パワーボンドやリミッター解除するまでもなく高速でライフを削りきることができるようになるのは、表サイバー的には願ってもない強化なのではないでしょうか。

ズィーガー自身も墓地でサイドラ名称と扱うので、オーバーロードフュージョンで仕事を終えたズィーガーと大量の機械族でキメラテックオーバードラゴンを呼ぶのも面白そうですね。

まとめ

単体でサーチ効果、展開効果を持たないので優先度は低そうです。クリフォートと混ぜるにしても同じ条件でゲニウスが出ますし、レベル5サイドラ2体ならインフィニティの方が断然強いです。

ノーコストでの打点補助がどれだけ有効に働くかは回してみないとなんとも言えませんけれど、サイバー流にとっては願ってもない強化なので追加のサポート魔法罠を期待したいですね。

Twitterでフォローしよう