【この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。】

テーマぐるみで墓地に落ちてなんぼのカード群がありますが、おろかな埋葬や終末の騎士のようにピンポイントで落とすのではなく数が重要になる場合に使用されるカードをまとめて紹介します。

ライトロード共通効果

自分エンドフェイズに発動する。自分のデッキの上からカードを○枚墓地へ送る。

毎ターンエンドフェイズ時に2~4枚デッキトップを墓地へ落とす効果を持ちます。タイミングが遅いのでメインフェイズでも使えるライデンが優先される傾向にありますが、召喚権が余り相手ターンでも動けるテーマであれば活躍が見込めるでしょう。

ライトロード・アサシン ライデン

「ライトロード・アサシン ライデン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。この効果で墓地へ送ったカードの中に「ライトロード」モンスターがあった場合、このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで200アップする。

(2):自分エンドフェイズに発動する。自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

ライトロード共通効果のエンドフェイズ時墓地肥やしに加えて、メインフェイズにトップ2枚を落とす起動効果を持ちます。光戦士でチューナーでもあるのでハリファイバー展開に繋げることも可能。

ライトロード・アーチャー フェリス

このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。

(1):このカードがモンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動する。このカードを墓地から特殊召喚する。

(2):このカードをリリースし、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターを破壊する。その後、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

下級ライトロードの中でも珍しい特殊召喚モンスター。モンスター効果でデッキから落とされたら墓地から蘇生し、自身をリリースすることで、相手モンスター1体を破壊しつつ3枚墓地肥やしする効果を持ちます。

ライトロード・セイント ミネルバ

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。その中に「ライトロード」カードがあった場合、その数だけ自分はデッキからドローする。

(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。自分のデッキの上からカード3枚を墓地へ送る。その中に「ライトロード」カードがあった場合、その数までフィールドのカードを選んで破壊できる。

ライトロード名称ですが汎用ランク4XYZ。素材1つでトップ3枚落とし、その中のライトロードの数だけドロー。相手によって破壊されたらトップ3枚落として、その中のライトロードの数まで破壊する2つの効果を持っています。不確定ですがライトロードの数が多いほどドローと破壊の枚数を重ねられるため専用デッキ向けと思われますが、3枚落とすだけならランク4が立つデッキで採用可能。

クリバンデット

(1):このカードが召喚に成功したターンのエンドフェイズにこのカードをリリースして発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。残りのカードは全て墓地へ送る。

召喚されたターンのエンドフェイズに自身をリリースしてトップ5枚めくり、その中の魔法罠を1枚サーチした上で残りを墓地へ落とす効果を持ちます。シャドールと相性が良すぎたため一時期制限指定されていた時代あり。

魔導雑貨商人

(1):このカードがリバースした場合に発動する。魔法・罠カードが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、その魔法・罠カードを手札に加える。残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

クリバンデットと相互互換。リバースしたら魔法罠が出るまでトップから落とし続けます。落とせる枚数が指定されていないため、1枚も落とせない場合もあったり10~20枚単位で落とせる場合もあります。フルモンスターに近い構築のインフェルノイドに採用されるケースがあります。

カードガンナー

(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする。

(2):自分フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

元祖墓地肥やし兼アタッカー。3枚落とすことでターン終了時まで1900打点になり、破壊され墓地へ送られたら1ドローのおまけ付き。

彼岸の旅人ダンテ

(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする。

(2):このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。

(3):このカードが墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地の「彼岸」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

トップ3枚落としてエンドフェイズまで2500打点になるランク3XYZ。攻撃したら守備表示になるのも偉い。3つ目の効果まで使用するなら彼岸専用となりますが幻影騎士団などでは容易に採用されます。

名推理

(1):相手は1~12までの任意のレベルを宣言する。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、そのモンスターのレベルが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。違った場合、そのモンスターを特殊召喚し、残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

制限カード。不確定ですがノーコストでデッキ内のモンスターを特殊召喚できるカード。レベルを当てられたらアド損になりますが、大量墓地肥やしが可能。インフェルノイドに採用されているため、相手のデッキが不明ならば通常召喚できるデカトロンを警戒しての"レベル1"宣言が基本。

モンスターゲート

(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、そのモンスターを特殊召喚する。残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

リリースコストが必要となった代わりに墓地を肥やしつつ通常召喚可能なモンスターを特殊召喚するカード。名推理とはともに採用される傾向にあり【推理ゲート】というデッキジャンルの歴史は古いです。現代版推理ゲートはインフェルノイドですね。

隣の芝刈り

(1):自分のデッキの枚数が相手よりも多い場合に発動できる。デッキの枚数が相手と同じになるように、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

自分のデッキが60枚、相手のデッキが40枚なら初手で20枚の墓地肥やしが可能。しかしながら自分のデッキ枚数を増やすと初手で引ける確率を下げてしまうことになるため、そのあたりの兼ね合いが難しいカード。デッキ枚数を増やしてこのカードを採用するデッキも増えており、【芝刈り◯◯】と称されます。

針虫の巣窟

(1):自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。

フリーチェーンでトップ5枚を落とす通常罠。単純にアド損なので枠が余っていてどうしても墓地へ送らなければならない場合に限り採用されます。

Twitterでフォローしよう