【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】

シクブルやシクガールが100万円に近い価格で取引されており、宝くじと化したスターターデッキ2018。

100箱単位で開けても全部トークンという例があるように秘蔵カードが入っている確率は相当低いのが実情ですが、「未開封=シクブルが入っているかもしれない」という射幸心を煽り、メルカリヤフオク等では『未開封ストラク自体』にプレ値が付き始めています。秘蔵カードがうん十万円という価値があることが分かり、一発当てたいという方が参入しているのでしょうな。

まぁカートンで買うなら運が良けりゃあと言えるのですが、今回のスターターくじ、ストラクを開けずにトークンか秘蔵カードかを見抜く術があります。下記画像はストラク上面から撮った写真ですが、隙間からトークンないしは秘蔵カードを抜き取って確認することが可能です。

正確には「上面の隙間から細いピンセットで抜き取れる」というものですが、下手にやると傷付けかねませんし振ったら出てくるというような簡単なものではありませんけどね。実際に私が抜いてみたら箱上面に折れ線が入ってしまったので、確実に無傷に抜き取る事は不可能かもしれませんが、逆にコツさえつかめば元に戻す事もできそうな感じ。

しかしながら本体を傷つける可能性はあるものの『開封せずに』取り出せることが明るみになる事自体が大問題なわけで、スターター2018を複数カートン仕入れている転売野郎はこの手法でサーチし、『秘蔵カード入りストラク』だけピックアップして『トークン入りストラク』は『未サーチ・未開封』として販売している可能性があります。全ての個人出品者の方がそうではないと思いますが「そういう事もできるんだ」という事は買い手は知っておいて損ではありません。あくまで可能性の話ですから特定の誰かに焦点を当てているわけではありませんよ。

売り手は「秘蔵カードは入っていない」ということが分かっているけど、未開封に釣られた買い手は「もしかしてシクブルが入っているかも…」と思ってしまう。初めから秘蔵カードは入っていないことを書い手側が知る術はありませんから、当たらなくても「運が悪かった」と思うしかないんですよね。

実際にメルカリやオークションに流れている『未開封ボックス』は自己防衛の意味で全てサーチ済と思った方がいいでしょう。なんならカードショップ・専門店も価値ある秘蔵カード欲しさにサーチしている疑惑すら有り得ますから、何を信用したらいいのか分からない事態になっているくらいです。

再録カードがそこそこ豪華なのでいつも通り3箱購入する分にはいいのですが、99%以上外れるくじを目当てに今から何箱も購入するなんて馬鹿らしいじゃないですか。本当に狙うならそれこそ予約段階からカートンのカートン買いでもしないとって思うんですよ。後から参入しても遅すぎるってもんです。

まとめると

  • スターター2018は開封せずに隙間から抜き取って秘蔵カードかトークンかを確認可能。(無論万人が簡単に抜き取るサーチ法ではないが)
  • 自己防衛の意味で今個人売買で出回っている『未開封品』の大半は『全てサーチ済』『秘蔵カードなんて入っているわけもなく全てトークン』と思っておいた方がいい。
  • なんならトークンすら入っていない可能性もある。
  • どうしても秘蔵カードくじを引きたいならカード知識のなさそうな店員がいる売り場に行く。

※もちろん不買運動を呼びかけるものではありませんし、どこまで疑うかは各人のご判断でどうぞ。

【追記】

コメントを頂いたので追記します。サーチ可能というワードが一人歩きしている感は否めませんけれど、買い手的にはそれがサーチされたかされていないかが分からない以上、購入前に知っておくべき当然の権利です。サーチ自体は本体を傷つける可能性はあるものの『開封せずに』取り出せることが問題になっているのですから。

ただ誰でも簡易的に行えるものだと勘違いされる方もいらっしゃる事をご指摘頂けたので、その点は追記させて頂きます。言葉足らずで申し訳ありませんでした。

Twitterでフォローしよう