スポンサーリンク

まさかのサクリファイスリンクモンスターが登場!

4月22日発売の週刊少年ジャンプ21・22合併号の付録カード"サクリファイス・アニマ"は汎用的に使えそうなEXモンスターで、確実に押さえておく必要があると個人的に思います。まずはステータス・効果を確認しましょう。

サクリファイス・アニマ

素材 トークン以外のレベル1モンスター1体
リンクマーカー
ステータス rリンク1/闇属性/魔法使い族/ATK0
効果 kこのカード名の効果は1タイーンに一度しか発動できない。

(1)このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。(1体のみ装備可能)

(2)このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。

概要

  • トークン以外のレベル1モンスターを変換可能
  • リンクマーカーは上のみ
  • リンク先の相手モンスターを吸収
  • 名称ターン1、効果の発動後の制約なし

トークン以外のレベル1モンスターを変換可能

リンクリボー以来の汎用リンク1モンスターですが、トークンは使用できない制限が付いています。トークン以外で採用率の高いモンスターといえばバルブがいますが、バルブ召喚から"サクリファイス・アニマ"に変換することで、EXゾーンの先にモンスターがいるならハリファイバー展開のついでに相手モンスター1体を除去できますね。サブテラーやオルターガイストといった特定モンスターを盤面に維持してなんぼのテーマだとEXゾーン先にキーモンスターを置いてしまうと簡単に除去されてしまうため、そこらへんも意識する必要がありそうです。

リンクマーカーは上のみ

リンク先の相手モンスターを対象に取るためリンクは上のみです。除去したい相手モンスターの対面に出す必要があるため、装備効果はおまけ程度に考えておきましょう。リンクリボーやリンクスパイダーに次ぐ汎用リンク1モンスターとして、展開の踏み台としてだけでも十分な役割です。

リンク先の相手モンスターを吸収

対象を取る効果なのでダークシミターや巡礼ダンテのような耐性持ちには効きませんが、破壊耐性、リリース耐性持ちには効く除去で汎用性は高いです。リンク先限定で上向き矢印のみのため除去したいモンスターの対面にアニマを置く必要があります。相手がどこにモンスターを置くかはその時々によって変わりますし、「相手が除去したいであろうモンスターをあえてEXゾーンの先に置いておいたら択に迫ることができる」場面も出てくるでしょう。逆にアニマで除去されにくいゾーンも出てくることでしょうから、この部分は発売後に回してみて考えたいと思います。

名称ターン1、効果の発動後の制約なし

制限としては名称ターン1のみで、吸収効果自体はリンク先限定でノーコストで発動できます。装備モンスターは1体迄ですが、アニマ自体に自分の展開を促進する効果を持っていないため、次のリンク素材にして装備モンスターを確実に葬りましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード
遊戯王, 考察, 単カードの関連記事
  • 【常時更新】Kozmoの特徴と動き方の考察、相性の良いカードについて -基礎編-
  • 【考察】ネフィリムおかえり!シャドールの基本をおさらい!
  • 【考察】CYBERNETIC HORIZON ノーマルレア4種の使い道について(寝ガエル、予見通帳、ハイ・キューピット、ディーラーズ・チョイス)
  • 【2018年4月】CYBERNETIC HORIZON発売!各種テーマのまとめと価格について(サイバー、パラディオン、儀式、ドラグニティ他)
  • 【考察】CYBERNETIC HORIZONで登場するフリーチェーン汎用罠"弩弓部隊"について
  • 【シングル買い】FLAMES OF DESTRUCTION の汎用カードを購入【購入記録】