スポンサーリンク

CYBERNETIC HORIZONで強化されるサイバー・ドラゴンですが、専用罠が収録されることが判明しました。

サイバネティック・オーバーフロー(通常罠)

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに一度しか発動できない。

(1)自分の手札・墓地及びフィールドの表側表示モンスターの中から「サイバー・ドラゴン」を任意の数だけ選んで除外する(同じレベルは1体まで)その後、除外した数だけ相手フィールドのカードを選んで破壊する。

(2)フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

概要

  • 「サイバー・ドラゴン」を任意の枚数除外してその枚数分相手カードを破壊
  • 自身が破壊されたらサイバーorサイバネティック魔法罠をサーチ

「サイバー・ドラゴン」を任意の枚数除外してその枚数分相手カードを破壊

手札・墓地・フィールドの「サイバー・ドラゴン」名称カードを除外しその枚数分だけ相手カードを破壊できるフリチェ罠です。サイドラ名称となるカードは、サイドラ(レベル5)、コア(レベル2)、ツヴァイ(レベル4)、ドライ(レベル4)、ヘルツ(レベル4)、フィーア(レベル1)、プロト(レベル3、場のみ)、ズィーガー(リンク2)。種類は多いですが同じレベルのサイドラは1体までの制限があるため最大6枚まで除去できます。リンクモンスターのズィーガーはレベルを持ちませんが、「レベル1~5のサイバードラゴン」という指定がないため問題なくコストとして使用できると思われます。除外できる枚数に制約がなくなることになるため、この部分は裁定待ちですね。タイムラグがあるとはいえ、罠1枚で盤面を引っ繰り返すことができる性能を有していますね。

自身が破壊されたらサイバーorサイバネティック魔法罠をサーチ

自身が破壊されたらサイバーかサイバネティック魔法罠をサーチできます。アーティファクトの神智のようにこのカードに対する除去(サイクロンや羽根帚)に対してチェーンすることで上記の破壊効果と両方使用することができます。

サーチ対象としてはとりわけ強力なのが除外されている光属性機械族モンスターを可能な限り特殊召喚する"サイバーネットワーク"、サイバーのサーチ魔法である"サイバー・リペア・プラント"。前者は自分魔法罠を全破壊するデメリットがありますがオーバーフローで除外したサイドラを大量展開でき、後者は表側表示モンスターを全て墓地へ送る効果を持つサイバーエルタニンをサーチすることができます。(エルタニン自体はオーバーフローと相性が良くはないのですが)

使用上の注意点

墓地リソースを食うため"オーバーロード・フュージョン"や攻撃力が除外したモンスターの数に依存する"サイバー・エルタニン"とは相性がイマイチです。能動的に(1)(2)の効果を両方発動するならばランページですが、ランページが通る場合はだいたい勝てるのでサーチ効果がなくてもいいというジレンマ… 破壊できるのは相手フィールドのみで自分の場を触ることができないのも地味にデメリットでしょうか。能動破壊させない鉄の意志を感じさせますね。

現状サイバーネットワークの自分だけ次元融合はなかなか魅力ですが、罠ゆえの遅さとバトルフェイズ飛ばされるのが痛く、この辺りは構築段階でよ〜く考える必要がありますね。少なくとも弱いカードではないので、ここまで強化されるサイバーが羨ましいです。

スポンサーリンク
関連キーワード
遊戯王, 考察, 単カードの関連記事
  • 【常時更新】Kozmoの特徴と動き方の考察、相性の良いカードについて -基礎編-
  • 【考察】ネフィリムおかえり!シャドールの基本をおさらい!
  • 【考察】CYBERNETIC HORIZON ノーマルレア4種の使い道について(寝ガエル、予見通帳、ハイ・キューピット、ディーラーズ・チョイス)
  • 【2018年4月】CYBERNETIC HORIZON発売!各種テーマのまとめと価格について(サイバー、パラディオン、儀式、ドラグニティ他)
  • 【考察】CYBERNETIC HORIZONで登場するフリーチェーン汎用罠"弩弓部隊"について
  • 【シングル買い】FLAMES OF DESTRUCTION の汎用カードを購入【購入記録】