スポンサーリンク

続々と"CYBERNETIC HORIZON"のフラゲが来ています。新たな汎用ドローソースとして活用できそうなカードが登場しました。

星呼びの天儀台(セレスティアル・セクスタント) 通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、レベル6モンスター1体を持ち主のデッキの一番下に戻して発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

概要

  • レベル6専用ドローソース
  • 名称ターン1制限
  • コストは"手札"or"自分フィールド"のレベル6をデッキボトムに戻す

レベル6専用ドローソース

これまでレベルに関するドローソースは、レベル8を手札から捨てる"トレードイン"、レベル7を手札か場から除外する"七星の宝刀"がありました。レベル6に対応する星呼びの天儀台はデッキボトムに戻して2ドローするので、墓地肥やしすることはできませんが、手札に来ちゃいけないモンスターをデッキに戻したり、融合・シンクロモンスターを再利用できる点では展開ギミックの中で役立つ可能性があります。

名称ターン1制限

最近のカードでは当たり前ですが、トレードインや闇の誘惑のように連発することはできません。3積みすると星呼びで星呼びを引く可能性も少なからず存在し、その際の処理方法を考慮する必要がありますね。

コストは"手札"or"自分フィールド"のレベル6をデッキボトムに戻す

パッと思いつくのは"D-HERO ディアボリックガイ"。手札に来てほしくない筆頭かつデッキに戻ってくれるのがメリットになります。闇の誘惑では除外されてしまいますから、リソース確保の面では勝りますね。

レベル6が多いテーマだと聖刻、ヴァンパイア、陽炎獣、リチュア、サイバーエンジェル、ペンデュラム(魔術師、EM、クリフォートなど)のドロー札として採用できそうか。

星呼び単体では使えませんから、安定性を求めるならばEXデッキ内のモンスターを活用したいところです。"デッキボトムに戻す"という表現がやや気になりますが、レベルを1つ下げたボウテンコウを絡めることができればタイミングを逃さず竜星モンスターのリクルートと2ドローでき、かつ次のターン以降にもう一回ボウテンコウをシンクロできるのはソリティア展開の中で利用できる可能性がありますね。EXモンスターをコストにできるかどうかは裁定次第ですが。

180405追記

よくよく考えたら「"デッキボトムに戻す"のはコスト」なのでメインデッキを指してます。EXデッキはボトムが存在しませんし、融合、シンクロモンスターは裁定とか関係なしに使えませんね。ディアボ用に3枚確保しときますか〜

スポンサーリンク
関連キーワード
遊戯王, 考察, 単カードの関連記事
  • 【常時更新】Kozmoの特徴と動き方の考察、相性の良いカードについて -基礎編-
  • 【考察】ネフィリムおかえり!シャドールの基本をおさらい!
  • 【考察】CYBERNETIC HORIZON ノーマルレア4種の使い道について(寝ガエル、予見通帳、ハイ・キューピット、ディーラーズ・チョイス)
  • 【2018年4月】CYBERNETIC HORIZON発売!各種テーマのまとめと価格について(サイバー、パラディオン、儀式、ドラグニティ他)
  • 【考察】CYBERNETIC HORIZONで登場するフリーチェーン汎用罠"弩弓部隊"について
  • 【シングル買い】FLAMES OF DESTRUCTION の汎用カードを購入【購入記録】