スポンサーリンク

CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライズン)で登場するスーレア罠です。初期に登場したミラーフォース専用カードが今になって登場するとは感慨深いものがありますが、実際使えるのかどうか考察したいと思います。

ミラーフォース・ランチャー 永続罠

(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに手札からモンスター1体を捨てて発動できる。自分のデッキ・墓地から「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選んで手札に加える。

(2):セットされたこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。墓地のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選び、そのカードとこのカードを自分フィールドにセットする。この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

概要

  • ターン1で手札のモンスターを切ってデッキ・墓地からミラーフォースをサーチor回収
  • セットされた自身が相手によって破壊され墓地に送られた場合に2つの効果を発動
  • 手札・デッキ・墓地のミラーフォースと墓地に送られた自身を共にセット
  • セットしたミラーフォースはそのターン内でも発動可能
手札のモンスターを切ってデッキ・墓地からミラーフォースをサーチor回収

ターン1で手札のモンスターをコストにデッキor墓地のミラーフォースを手札に持ってくることができます。墓地で発動するモンスターも多く、能動的にモンスターを墓地に送ってバックを固めることが可能になります。ミアーフォース自体は攻撃宣言に反応する罠のため除去には弱いのですが、ミラーフォースが伏せられていると相手に知らせるだけで十分牽制になりますし、ミラフォに除去を撃たせても次のターンにランチャーで再度回収が効くようになります。

セットされた自身が相手によって破壊され墓地に送られた場合に2つの効果を発動

相手によってセットされている状態のランチャーが墓地に送られたら2つの効果を発動します。

アーティファクトの神智のように相手に破壊されたら発動する効果ではなくあくまでもセットされていなければならないため、一度(1)の効果を使って表になっているランチャーが破壊されても(2)の効果が起動しない点に注意しましょう。

手札・デッキ・墓地のミラーフォースと墓地に送られた自身を共にセット

手札・デッキ・墓地という広い範囲からミラーフォースをセットし、なおかつ破壊されたランチャーもセットします。伏せられて居るランチャーに破壊による除去を撃ったら、ミラーフォースを伏せられるどころか破壊したランチャーも蘇ってきますので、アド的には+2の働きですね。

セットしたミラーフォースはそのターン内でも発動可能

本来罠カードは伏せたターンには使用できないルールですが、この効果でセットしたミラーフォースは伏せたターンでも使用することができます。セットカードは相手ターンのバトル前に除去される機会が多く、ランチャーでせっかく相手ターンに伏せたのに、相手の猛攻に対して発動できませんでは意味をなしませんからね。(2)の効果は1ターンに1度までというターン制限がありませんので、裁きの龍等の全体除去を繰り返し撃ってくるカードに対して耐性があるとも言えます。

考察

ランチャー自体はサーチできず、2枚目以降が腐る

ミラーフォースはランチャーで引っ張ってくることができますが、ランチャーは永続罠ゆえにサーチすることが困難です。またサーチできたとしてもセットしているランチャーに対して除去を撃ってくるはずもなく、このカード特有の奇襲性を最大限発揮するためには素引きすることが大前提。初手率を高めるために3枚投入しても、初手でダブったりしたら笑えません。スカルデットのドロー4などでうまく引き込めると良いですね。

ミラーフォースが除外されたらランチャーが腐る

ミラーフォースをどこからでも持ってくることができるので、最悪ミラーフォースは1枚でも使い回すことができます。が、1枚しかないミラーフォースが除外されてしまったら回収する手立てがなくなりランチャーが腐ってしまいます。ミラーフォースを複数枚採用するなら手札にミラーフォースを持っている確率も上がり、ランチャー入れるくらいなら神カウンターでも入れたほうが良いんじゃない?って思ってしまいます。

コズミックサイクロンが天敵

ランチャー(2)の効果は相手によって破壊されないと発動しません。よってコズミックサイクロンで除外されたら(1)効果をチェーン発動することもできず何の働きもせぬまま除去されてしまいます。

相手の展開に対して抑制効果はない

ミラーフォースは確かに強力ですが、相手が攻撃してくれないと意味がありません。展開を止めるカードではないので、効果を無効にする制圧効果持ちを大量に並べられたらなす術もありません。

ランチャーの存在は良い方にも悪い方にも働く

ランチャーを活用するなら奇襲性の高い(2)の効果を上手く使いたいところです。マッチならば1戦目に発動すればそれ以降相手はランチャーの存在を知ることになりセットされた魔法・罠に対する除去を控えるかもしれません。それ自体はランチャーを通しずらくなりますが、逆にセットした別のカウンターを生き延びらせるブラフにもなりますので、2戦目以降はミラフォ関連は全て抜くのもアリかもしれません。

スポンサーリンク
関連キーワード
遊戯王, 考察, 単カードの関連記事
  • 【常時更新】Kozmoの特徴と動き方の考察、相性の良いカードについて -基礎編-
  • 【考察】ネフィリムおかえり!シャドールの基本をおさらい!
  • 【考察】CYBERNETIC HORIZON ノーマルレア4種の使い道について(寝ガエル、予見通帳、ハイ・キューピット、ディーラーズ・チョイス)
  • 【2018年4月】CYBERNETIC HORIZON発売!各種テーマのまとめと価格について(サイバー、パラディオン、儀式、ドラグニティ他)
  • 【考察】CYBERNETIC HORIZONで登場するフリーチェーン汎用罠"弩弓部隊"について
  • 【シングル買い】FLAMES OF DESTRUCTION の汎用カードを購入【購入記録】