スポンサーリンク

下向きマーカー持ちで閃刀姫1体を素材にリンク召喚できるハヤテが登場します。効果を活用するならバトルしなければならないため、先行で利用できない、バトルを封じられたら効果を発動できないというデメリットはありますが、ホーネットビットから召喚権を使用せずに下向きマーカーを出せるのは何かと利用できそうですね。ホーネットビット+αで動ける実用的な展開パターンを思いつく限りまとめたいと思います。

ホーネット一枚で下向きマーカーとモンスター1体確保

ホーネットビットefトークン生成カガリssホーネット回収ホーネット発動ハヤテss

ホーネット1枚で召喚権を使用せず左下マーカーとトークンの2体を作る事ができます。ハヤテは機械族、トークンはレベル1闇戦士です。

これに召喚権を使用すれば何でもできそうな気がしますね、EXの消費はかなり激しくなりそうですが。

クリフォート・ゲニウス

上記の流れでトークンでシズクss、機械族が2体揃うためクリフォート・ゲニウスss

ゲニウス単体では役に立ちませんが、リンク先2箇所に同時にモンスターが特殊召喚されたらレベル5以上の機械族をサーチ可能になります。レスキューフェレット・ラビット・機械複製術あたりが使いやすそうでしょうかね。これらが自然とデッキに入る"サイバー・ドラゴン"ではサブウェポンとしての閃刀姫が活用できそうです。

ハリファイバー

言わずとしれた強カード。チューナーの通常召喚でトークンとリンクするか、終末デストルドーやマスマティバルブの組合せで展開可能です。召喚権は使用するものの、ハヤテが機械族であることを利用してハリファイバーでリクルートするモンスターが何であれサモンソーサレスを展開可能。ハリファイバーでリクルートしたチューナーと同種族のモンスターをサモソで釣り上げる動きができます。閃刀姫トークンが残っているのであればチューナーの種族に関係なく戦士族のリクルートができます。

またハヤテでイーグルブースターを落とし、ハリファイバーを相手ターンにライフストリームドラゴンに変換しETに強く出る選択肢も生まれますね。

リリース素材に活用

単純に召喚権を使用せずに2体のモンスターを並べる事ができるため、最上級モンスターをリリース召喚に活用できます。閃刀姫トークンをシズク(水)、リンクスパイダー(地)、セキュアガードナー(光)とすることで炎以外の属性を確保できるため、烈風帝や怨邪帝等の最上級帝の追加効果を使用する事が可能。テスタロスはすまん…。

エンゲージスタートなら

エンゲージefホーネットサーチトークンssハヤテssバトル任意の閃刀魔法落としカガリssエンゲージ回収任意の閃刀魔法サーチ

これで墓地魔法3枚になるので最後のエンゲージでサーチした閃刀魔法を追加効果まで使用できるようになります。目次や副葬などで魔法肥やしができるならばエンゲージで2ドローした挙句バーナーやウェーブでフィールドをズタズタにすることも可能。

フルバーンやチェーンバーンで

エンゲージorホーネット1枚でシンプルに1500ダメージを与えられる札になり、エンゲージの追加ドローでバーンカードを増やすことに役立てる事が可能。閃刀カードを増やすと初手のバーン期待値が下がってしまうため、構築のバランスが難しそうだが相性は良さそう。

十二獣と合わせる

同じくダイレクトアタックできるワイルドボウを並べ、壁モンスターをすり抜けて致死量のダメージを与える構築も考えられますね。

トークン生成カードなら何でも

召喚権を余らせた上で2体のモンスターが並ぶので、オライオン・スチーム・ジェット・ダンディライオン・幻銃士といったトークンを生成するカードを合わせて連続リンクすることもできますね。チューナーだったらハリファイバー、トークン生成カードならリンク2を中継してリンク4を手軽に出せます。

まとめ

1500ダイレクト、カガリと合わせたサーチ、下向きマーカーと多方向にプラスに働く一枚です。メリットとデメリットが上手いことバランス取れていて、純構築でも出張構築でも使用できそうな良カードと思います。ゴウフウ・トーチみたいにあらゆるデッキに入るようなカードではありませんが、スロットの余るテーマにおいては採用できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク