【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】

インスペクト・ボーター

星4/光属性/機械族/2000/2000

自分フィールドにモンスターが存在する場合、このカードは召喚・特殊召喚できない。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いにそれぞれ1ターンに発動できるモンスターの効果の回数が、フィールドのモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)の数までになる。

概要

  • レベル4光機械族、ATK/DEF2000というステータス
  • 他のモンスターが存在する場合、召喚・特殊召喚できない
  • 場に存在する限り、モンスター効果の発動回数がモンスターの種類の数に制限

レベル4光機械族、ATK/DEF2000というステータス

通常召喚できる下級モンスターにしては高い攻守を持っています。後述するモンスター効果封印のおかげで、このカードを先行で召喚できれば、相手はモンスター効果を使用せずに2000打点をクリアする必要がありますね。ペンデュラムモンスターはOK、耐性は持たないなので突破口はいろいろありますが、低攻撃力の効果に頼って展開するデッキには絶大なメタ性能を発揮します。

他のモンスターが存在する場合、召喚・特殊召喚できない

自分の場に他のモンスターが存在する場合は召喚及び特殊召喚ができません。後出しOKなら先行で大量展開した後、このカードを出すだけで簡単に制圧できてしまいますから当然ですね。

反転召喚・リバースはできるので、すでに自分モンスターが存在する場合でもセット状態からフリップする分には制限されません。

場に存在する限り、モンスター効果の発動回数がモンスターの種類の数に制限

その時点でお互いのフィールドに存在しているモンスターの種類の回数までモンスター効果を発動できる効果。一度場に出てしまえば、お互いに場に存在するモンスターの種類(儀式・融合・S・X・P・リンク)までしかモンスター効果を使用できなくなります。インスペクト・ボーダーだけならペンデュラムモンスター以外モンスター効果を使用できなくなります。

範囲は手札・場・墓地・除外ゾーンの全域に及ぶため、手札誘発や墓地発動もカウントします。モンスター効果を制限するだけなので、魔法カードでトークンを展開してリンクモンスターを出すことで制限回数を増やすことも可能。最近だとホーネットビット1枚からカガリなりハヤテなりを出して効果発動不可のロックから抜け出すことができますね。採用率が極めて高いため過信は禁物でしょう。

裁定

場のモンスターの種類をカウントするので、種類の増減の判定によってできることできないことが発生します。裁定的にややこしいカードなので、一通り頭に叩き込んでおくべきでしょう。

  • シンクロ→リンクモンスターを展開しても、一度リンク路モンスターが場を離れてリンクモンスターに入れ替わっただけなので1回しか発動不可。
  • 発動を封じるだけなので、場に2種類いる時に2回発動して、そのチェーン中に1種類に減ったとしても問題なし。ただしすでに発動してしまっているのでそのターンは3種類にならない限りモンスター効果を発動できない。
  • 1種類も存在していない場合は、そもそもそのターンはモンスター効果を発動できない。
  • 神カウンターなどで無効になった発動も回数にカウントされる。当然1ターンに1度の制約も発動してしまったらそのターン内では発動できない。
  • "覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン(エクシーズ/ペンデュラム)"や涅槃の超魔導剣士(シンクロ/ペンデュラム)のように1体のモンスターが2種類に該当する場合は2回としてカウントする。

まとめ

通常召喚でき永続効果を持つ下級モンスターを大量搭載するいわゆる【メタビート】と相性抜群ですね。自分もモンスター効果を制限されるため、魔法罠で妨害・除去する手段を増やし、通常召喚でロックを重ねていくのが強力です。モンスター効果主体の環境であればあるほど強くなりますが、現環境では閃刀姫のアフターバーナーで焼かれてしまいます。総じてサイドデッキ向けのカードで環境次第で強さが変動すると言えるでしょう。

Twitterでフォローしよう