スポンサーリンク

最近採用率が上昇している手札誘発、"古聖戴サウラヴィス"について見ていきましょう。

古聖戴サウラヴィス

星7/光属性/ドラゴン族/2600/2800

「精霊の祝福」により降臨。

(1):自分フィールドのモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その発動を無効にする。

(2):相手がモンスターを特殊召喚する際に、フィールドのこのカードを持ち主の手札に戻して発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを除外する。

精霊の祝福

光属性の儀式モンスターの降臨に必要。

(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から光属性の儀式モンスター1体を儀式召喚する。

概要

  • レベル7光ドラゴンの儀式モンスター
  • 手札から捨てて自分モンスターを対象とする効果を無効
  • 場の自身をバウンスして相手の特殊召喚を無効にして除外

レベル7光ドラゴンの儀式モンスター

レベル7以下の儀式モンスターということでセンジュマンジュと儀式の準備のサーチに対応。これらを使用する儀式テーマであれば、サーチできる手札誘発として活用することができます。

専用儀式魔法は"精霊の祝福"、光属性全般を儀式召喚でき、サイバーエンジェルや宣告者などの光儀式テーマと儀式魔法を共有することで、事故率を下げることにもつながりますね(そもそも儀式=事故率高いんだけど)

また少し変わったところでは、エクリプスワイバーンのサーチ対象とすることができます。

手札から捨てて自分モンスターを対象とする効果を無効

一つ目の効果は手札誘発。ハンドから切ることで、自分モンスターを対象とするあらゆる効果を無効にします。対象を取らない効果には使えませんが、対象を取る効果であれば破壊・除外・バウンス・奪取・効果無効などに対応し、複数体を対象とする除去にも有効です。

具体的には現環境で猛威をふるっている閃刀姫のアフターバーナーやウィドウアンカーのメタとしてサイドに投入しているプレイヤーがちらほら見えますね。またトロイメアの除去効果持ち(ユニコーン、ケルベロス)に対して撃つこともでき、相手から飛んできたヴェーラーや無限泡影に対しても返せるため発動機会は多いです。

場の自身をバウンスして相手の特殊召喚を無効にして除外

儀式モンスターとしての効果は、相手の特殊召喚に反応してセルフバウンスすることでその特殊召喚を無効にして除外します。手札に帰ったサウラヴィスは(1)の誘発即時効果のおかげで手札からも仕事ができるためシナジーがありますね。

問題は(1)の効果が優秀で場に出さなくても活躍できる上、儀式の特権であるリリーサーの存在。特殊召喚を封印するならリリーサーを素材として置物にする方が手っ取り早いです。

まとめ

儀式モンスターながら手札誘発の側面が強いこのカード。そこそこメタの範囲が広く「対象をとる効果」が蔓延っている環境であれば一定の活躍を見込めます。うさぎうらら増Gの誘発三種の神器を差し置いて採用することは少ないとは思いますが、それでも足りないヴェーラー無限に対する回答が必要ならば大いに活用できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク