【この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。】

制限改訂からしばらく時間が立ち、様々なテーマがしのぎを削る良環境となっています。一番注目のトップメタはやはり閃刀姫でしょう。様々なテーマに出張しており、純構築だけでなく他のテーマでもエンゲージビットカガリの動きを警戒しなければなりません。細かい出張構築までまとめるとキリがなくなるので、代表的な閃刀姫を使用したデッキ構築例を実績から追ってみましょう入賞デッキURLも載せておくので非常に参考になるかと思います。

純閃刀姫

閃刀姫の中でも最もシェアの多い形態。当初は召喚寄せが多かったと思いますが、純構築で様々な閃刀魔法を撃ち分けられるメリットが大きすぎる点、レイカガリシズクハヤテのループさせることでスタミナを持たせたタイプ。ライフを削れるテーマではないのでチャンバライダーやヴァレルソードなどの連撃持ちに任せることが多いですね。また使用した閃刀魔法はマルチロールでも回収できるので、名称ターン1制限なしの強みを活かしてアフターバーナーで相手フィールドを焼け野原にするのも容易いのも純構築の強みの一つ。

閃刀関連はレイ、エンゲージ、アンカーが3積、バーナー、ウェーブ、キャノンはピン、マルチロールは1~2枚、エリアゼロはお好みで。誘発はうさぎうらら増Gヴェーラー無限から10~12枚積んでいる構築が多く見受けられます。その他、墓地肥やしとしてはトゥーン型、副葬錬装型、成金型から選択する形。オルターガイストやサブテラー、ペンデュラムを見るためにツイツイやコズミックを3枚以上搭載しているのも現環境の特徴でしょう。

参考レシピ

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=313048

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=312789

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=312717

召喚閃刀姫

閃刀姫が登場してすぐに注目された混成型。他の出張構成に比べて閃刀姫の関連札が多いのが特徴。それでいて召喚獣の火力を併用することができ、特定札2枚で後攻ワンショットに向かえるのは凶悪極まりありません。リンクアレイスターや召喚獣がEXデッキを圧迫するため汎用リンクに割ける枠が少なくなるのがデメリットだが、必然的に手札に魔法が貯まりやすくなるため、先行メルカバーでミラーには若干強くなれます。

召喚獣はもともと何か別のテーマと混成されることを前提とする出張テーマですが、デッキスロットが少なくて済むと思いきや、メインはアレイスター2魔術1~2魔法陣3聖典1で少なくとも7枚、EXデッキはメルカバー1プルガトリオ1メガラニカ1で最低3枚は食うことになります。フィールドサーチの盆回し、テラフォも入るのでメインを10枚空ける必要があり召喚獣型にするなら後攻ワンショットの成功率を上げることが全てになります。少ない手札で動けるとは言え、純構築のような閃刀姫のループを強みとするわけではないのでそのあたりのスタミナがないのが弱みでしょう。

参考レシピ

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=310845

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=310345

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=310142

魔王閃刀姫

閃刀姫と同時期に登場したストラクの看板モンスター、"闇黒の魔王ディアボロス"をサブウェポンに搭載した構築です。自分の闇属性モンスターのリリースに反応して手札墓地から特殊召喚される3000打点で、攻撃が済んだら自身の効果でハンデスしつつ退場しメインゾーンを空けることができます。閃刀姫の弱みは火力のなさですが、単体でそれを補うことができある程度閃刀姫とのシナジーを考えられて開発された可能性が高いですね。

純構築に魔王を1~2枚投入した構築が多く、EX枠を食うわけでもないので純構築の打点向上のために利用されます。が、最近ではヴァレルソードという脳筋が登場したのでお役御免となりがちなのも否めません。上記の召喚獣も含めた召喚魔王閃刀姫という構築も取れないこともありませんが、召喚獣は後攻ワンショットを強みとするので魔王と召喚獣のシナジーが無く微妙です。

参考レシピ

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=310155

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=310136

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=309713

ABC閃刀姫

少しずつシェアを伸ばしているABC。ドラゴンバスターの制圧力は現環境でも健在です。加えてキャノンソルジャーによるバーンワンキルも狙うことができます。リンクユニオンとも呼ばれますが、一部閃刀魔法が投入されている出張構築です。これを閃刀姫と呼んでいいかどうかは疑問ですが、いかにホーネットビットの汎用性が高いかを説明するにはうってつけなので当記事では含めるとします。

使用される閃刀関連札はエンゲージホーネットビットカガリシズクのみ。召喚権を使用せず機械族を特殊召喚できる点に主眼を置いています。ABCのパーツは全て機械族、サモソから引っ張ってこれますよね。またユニオンでありチューナーである唯一のモンスター、"トルクチューン・ギア"を利用することで格納庫からチューナーを用意することができハリファイバーに繋げられます。ユニオンであるのでCの効果で特殊召喚することも可能。

さらに格納庫を引っ張ってくるためのサーチとしてテラフォ・盆回しもフル搭載。相方のフィールドは"トリックスター・ライトステージ"。素引きしても除去魔法となり、キャロベインをサーチすることでリンク素材を供給。

さらにさらにドラゴンバスターを採用せずにABだけで回すリンク主体の構築もあり、現環境のABCはわけがわかりません(褒め言葉)

ハリファイバーサモソが登場して1段、閃刀姫が登場してもう1段変化を遂げているので気になる方は回してみると良いでしょう。ちなみにプレイングが難しすぎるので私は諦めました(笑)

参考レシピ

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=310138

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=312800

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=312709

閃刀剛鬼

剛鬼の展開要員として閃刀姫を搭載した構築。要するに剛鬼トロイメアです。ABC以上に閃刀姫をただの素材として活用します。

関連札はエンゲージホーネットビットカガリのみ。カガリのためにメイン6枚積みます。エンゲージかビットを引けたら強いくらいのもので引けなくても普通の剛鬼として戦えます。初動の安定度が非常に高い展開デッキです。参考レシピは載っけておきますが、閃刀姫としてみればスレ違いなので詳しくは言及致しません。

参考レシピ

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=312546

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=312215

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=311632

閃刀機界騎士(ジャックナイツ)

私、機界騎士は大好きなんです。閃刀姫との相性も折紙付で、ホーネットビット単体でEXゾーンとその下にセットカードを置くことが可能で、それだけで機界騎士の特殊召喚条件をクリアしてしまいます。ビットを伏せると発動できませんが、エンゲージであれば通常魔法の閃刀魔法をサーチすることでスムーズは動きができそうです。明星の機械騎士のみその名の通り機械族なのでカガリシズクハヤテと合わせることでサモソになれ、明星でサーチした機憶から紫宵リクルート、サモソ効果で別の機界騎士リクルートといった流れが可能。

弱みとしては同じ縦列に複数のカードが存在することを条件とし、その中に相手のカードがなければ効果を発揮できないジャックナイツが多い。つまり相手依存で能動的に動きにくい点。こちらのデッキが機界騎士とバレてしまうと設置するカードの位置を変えられるだけで対策されてしまう。プレイングが難しく慣れるまでに時間がかかるが、使いこなしたいテーマの一つである。

参考レシピ

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=312797

閃刀パラディオン

パラディオンはとどのつまり一枚リンクテーマであります。あらゆる下級パラディオンはサーチ効果持ちのマギアスに変換することができ、そのリンク先にビットからリンクしたカガリを特殊召喚して後続にパラディオンをサーチしていきます。パラディオン+エンゲージorビットの2枚から

  • パラディオンnsビットef閃刀姫トークンss魔境素材にマギアスssリンク先にカガリssビット回収、百獣サーチ
  • マギアスカガリでレグレクスssビットef閃刀姫トークンssリンク先に百獣ssクルセイドサーチ
  • レグレクス百獣でサモソss神樹ssトークン神樹でハリファイバーss任意のチューナーss

みたいな動きができて応用が効きやすいですね。入賞デッキには入っていませんが、研究しがいのある構築です。

閃刀トリックスター

トリックスターもトリックスターで一枚初動を持っており、初手によって閃刀姫で動くかトリックスターで動くかはたまた両方でぶん回すかを選択できるのが強み。トリックスターは召喚獣ほどではありませんがメインの使用スロットが少なめで他のテーマを受け入れられるので混成構築が多数存在します。トリックスター単体で進める場合はライトステージを張り替えながらパーツを集めていき、キャンディナ、キャロベイン、マンジュ、ブーケでバーンしていきます。閃刀姫単体で進める場合はカイザーコロシアム併用で相手モンスターゾーンをロックしていきたい。召喚獣や魔王がいるわけでもないので打点よりもコロシアムをのロックを併用したいところです。エンゲージorビット+チューナーでグリオンガンドを構えることもでき、カイザーコロイアムがない時はハリうさぎ閃刀姫トークンでターンを回すのもアリ。

ともあれワンショットできるほどの火力を備えているわけでもないので、トリックスターのバーンとキャロベインのパンプでライフを取っていく側面が強いので、トリックスターを基軸として展開除去を閃刀姫が担当するイメージですね。

参考レシピ

https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=312390

Twitterでフォローしよう