遊戯王

【考察】”金の城”活用 Part.3 相手カードを破壊して2回攻撃”ヘクサ・トルーデ”がシンプルに強い件

鉄コンビやシンデレラセットに注目が集まっていますが、個人的に出張させるなら間違いなく”ヘクサ・トルーデ”は入れておいて損はないんじゃないかと思っています。早速見ていきましょう。

ヘクサ・トルーデ

星8/闇属性/魔法使い族/ATK2600/DEF2100

(1):フィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在する場合、このカードはリリースなしで召喚できる。

(2):1ターンに1度、フィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在する場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は400アップする。

概要

  • レベル8闇魔法使いというステータス
  • 金の城がある時にリリースなし召喚可能
  • 場のカード1枚破壊して、自身に2回攻撃付与
  • 戦闘で相手モンスターを破壊したら自分モンスター1体をパンプ
  • 耐性は持たない

レベル8闇魔法使いというステータス

このステータスが優秀すぎます。サモソ経由でウィッチトーチサーチ、ランク8の素材、デスアルテマの対象、アクセルライト併用で銀河出張などなど。闇魔法使いということで、サモソとリンクすることで”闇鋼龍ダークネスメタル”のリンク素材になれるのもGoodです。

金の城がある時にリリースなし召喚可能

基本的に”金の城”から”ヘクサ・トルーデ”を出すことになるのであまり関係ありません。”金の城”のリクルート効果を使用したらそのターン通常召喚できなくなるのでややアンチシナジー。「手札から特殊召喚できる」だったら強すぎますし、リリースなしの妥協召喚ができるだけでデメリット効果にはなりませんので、「金の城発動手札からヘクサns」という動きができることは覚えておきましょう。

場のカード1枚破壊して、自身に2回攻撃付与

“金の城”が存在する場合に、自分相手問わず場のカード1枚を破壊して自身に2回攻撃を付与します。素の打点は2600なので直接攻撃が通れば5200ライフを取れる… ヴァレルソードには及びませんが、これはチャンバライダー以上の火力です。破壊対象に相手カードを選べるという意味ではヴァレルソードより使いやすいかもしれません。場に残しておいたら次の自分スタンバイフェイズにデッキトップ10枚を裏側除外させられる”金の城”を割ってもいいですね。

戦闘で相手モンスターを破壊したら自分モンスター1体をパンプ

自身が戦闘で相手モンスターを葬ったらその都度自分モンスター1体を対象として永続的にATK400アップさせます。2回攻撃で2体破壊したら合計800分のパンプになります。自身を対象に1回でも発動できれば3000打点になるので、長く場に留まらせたら戦闘で破壊されることが少なくなるでしょう。

まとめ

ヘクサ・トルーデ自体は破壊耐性・効果耐性・対象耐性を持ちませんので、処理すること自体は楽な部類です。基本的にこのカードが出てきたらそのターン中に決着が着くか、リンク素材として利用されるかのどちらかでしょう。

金の城経由で出しても後続をリクルートさせる効果持ちではありませんが、単体で”金の城”を処理しつつヴァレルソードさながらの2回攻撃でライフをごっそり取れる動きができますから、城ヘクサのセットが一番コンパクトにまとまっているような気がするんですけどね。

関連記事

  1. 遊戯王

    【ハンドから続々展開】空牙団のスペック考察 -バーン型に兆しあり-

    ダークセイヴァーズの発売がいよいよ迫ってきました。フラゲによりヴァンパ…

  2. 遊戯王

    【儀式】終焉の王デミス、破滅の女神ルインがリメイク決定!-覇王と美神のスペックを考察-

    4月発売の通常ブースターの情報がようやく出てきましたね。しかもその内容…

  3. 遊戯王

    【考察】汎用リンク1モンスター”サクリファイス・アニマ”のスペックについて

    まさかのサクリファイスリンクモンスターが登場!4月22日発売の…

  4. 遊戯王

    【考察】閃刀姫の強みと展開基本パターン -召喚獣と魔王ディアボロスを添えて-

    2018年4月改訂を見ると閃刀姫一強になってもおかしくない環境になりそ…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

注目記事

  1. IRIVER

    IRIVER AK70MKⅡ 音質レビュー ZX300の好敵手で携行性能に優れる…
  2. Campfire Audio

    Campfire Audio LYRAからATLASまで 歴代ダイナミックモデル…
  3. オーディオ全般

    MixWave(ミックスウェーブ)vsビックカメラ池袋本店 64Audio試聴機…
  4. IRIVER

    【試聴レビュー】IRIVER A&futura SE100の発売前試聴…
  5. オーディオ全般

    カスタムIEM Jomo Audio SAMBA実機レビュー-半年間使用して-
PAGE TOP