【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】

コレクターズパック2018が発売となりました。昔アニメに登場したカードが大半で当時リアルタイムで見ていたので懐かしい気分です。最も注目されているのは"シュトロームベルクの金の城"関連カード。早くも出張セットとして活用できないか随所で研究されています。あらゆる誘発を踏むため実用性の面で汎用出張とならないかもしれませんが、面白いカードがOCG化されるのは大歓迎ですよね。

さて本題。ロマン効果を内蔵している"一撃必殺!居合いドロー"。

居合いドローは当たれば破壊したカード枚数×2000という極めて凶悪なバーンダメージを与えられ、外しても墓地を調整することができます。普通に使用する分には3枚積んでも当たることはほとんどありませんが、デッキトップ数枚を調整することができればあるいは…

一撃必殺!居合いドロー

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):手札を1枚捨てて発動できる。相手フィールドのカードの数だけ自分のデッキの上からカードを墓地へ送り、その後自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。

それが「一撃必殺!居合いドロー」だった場合、それを墓地へ送り、フィールドのカードを全て破壊する。その後、この効果で破壊され墓地へ送られたカードの数×2000ダメージを相手に与える。

違った場合、自分はこの効果でデッキから墓地へ送ったカードの数だけ、自分の墓地のカードを選んでデッキに戻す。

閃刀姫との相性

レイちゃんが人斬り抜刀斎になります。一般的な閃刀姫にスタミナを増強させつつ、マジカルエクスプロージョンのようなバーンワンキルに寄せることも可能。閃刀魔法を大量搭載して状況に応じたカードをサーチすることで相手の盤面を殲滅、展開妨害することこそが純閃刀姫の強み。さらに除外以外のスペース以外であればどこからでもキーカードに触ることができるのも特徴で、墓地を調整することのできる居合いドローはソコソコシナジーがあるのではないでしょうか。具体的には

  • エンゲージはデッキから手札
  • シズクは墓地に存在しない閃刀魔法をデッキから手札
  • カガリは墓地から手札
  • ハヤテはデッキから墓地
  • マルチロールは墓地からフィールド

リンク3形態はレイ、ホーネットビット、エンゲージの9枚体制で搭載可能。居合いドローの墓地調整効果でシズク効果で使ったエンゲージを回収することが可能になります。(居合ドローでエンゲージを戻してシズクでサーチ)

相手の場にカードが1枚でもあり、墓地に3枚魔法が溜まっている状態からエンゲージ+居合いの2枚スタートなら

  • エンゲージefビットサーチ1ドロー
  • ビットef閃刀姫トークンssカガリssエンゲージ回収
  • カガリ素材にシズクssエンゲージef閃刀魔法サーチ1ドロー
  • 手札1枚切って居合いドローefトップ1枚送って1ドロー、エンゲージ戻し
  • エンドフェイズ時にエンゲージ回収

これだけでエンゲージ+2ドローとなり次のターン以降もエンゲージスタートで1ドローでハンドアドを充実させることが可能。召喚権も使用せず、手札がメキメキと増えていきます。ちなみにスタート時に墓地魔法3枚なくとも、居合ドロー自体が魔法カードで、手札コストも魔法を選択すれば2サイクル目にはほぼ確実に墓地魔法3枚という条件をクリア。これまで再利用しづらかったカガリを居合いドローで戻してリソース回復してもいいですし、相手にとっては4回も5回もカガリに出てこられたらたまったものではありませんね。

バーンは期待せずシズクの補助として普通に墓地の閃刀魔法を戻してもいいし、使い切ったカガリを戻してリソース確保、閃刀姫はデッキが圧縮されやすいので居合いドローで居合いドローを引く確率も若干上がる、などなど、様々な相乗効果を見込めます。

またマジカルエクスプロージョン搭載型の閃刀姫であれば、もくじや成金といった圧縮札でデッキを引き切り、トーチをからめた素材4スカルデットで居合いドローを含むカード3枚をデッキに戻して位置調整。確実に居合いドローを当てて先行バーンキルすることもできそうです。それ以外にはエッジインプシザーとゾンビキャリアなどデッキトップを調整するカード2枚以上を複合させることで居合いドローで確実に居合いドローを引くプランも。

エンゲージ・カガリの使用回数を増やしてスタミナを強化してもいいし、居合いドローを当てて確実に先行で葬るバーン型にしてもいい抜刀閃刀姫、これから環境で顔を出すか見ものですね〜

Twitterでフォローしよう