遊戯王

【考察】儀式型強化!貫通と相手モンスターデバフ持ち”青眼の混沌龍”のスペックと相性のいいカードについて

6月に発売するデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3で、各アニメのライバルの新規カードが収録されます。DMなら海馬(青眼)、GXならヘルカイザー(サイバー)、5D’sならクロウ(BF)、ZEALならカイト(銀河)などなど強テーマが目白押し。青眼は映画社長人気よって継続的に供されているのでまだまだ発展途上というのが恐ろしいですね(笑) 今回は”青眼の混沌龍”に絞りスペック考察、相性のいいカードなどをまとめたいと思います。

青眼の混沌龍

星8/闇属性/ドラゴン族/3000/   0

「カオス・フォーム」により降臨。このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。

(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):「青眼の白龍」を使用して儀式召喚したこのカードの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの表示形式を変更する。この効果で表示形式を変更したモンスターの攻撃力・守備力は0になる。このターン、このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

概要

  • カオスフォーム対応
  • 対象耐性・破壊耐性持ち
  • 攻守0のデバフ付き強制守備表示
カオスフォーム対応

儀式魔法はカオス儀式モンスター専用の”カオス・フォーム”。青眼構築の中でも異色の”カオスマックスドラゴン”と儀式魔法を共有することができ、儀式青眼にとっては新規の専用儀式モンスターが出ることは嬉しいですね。

“青眼の混沌龍”は”カオスマックスドラゴン”と同じくレベル8なので、”青眼の白龍”1体を墓地から除外することで特殊召喚することが可能。追加効果発動条件も”青眼の白龍”をコストとする必要があるため基本的には墓地の白龍除外で出すことになりそうですね。

対象耐性・破壊耐性持ち

一つ目の効果は耐性。カオスマックスドラゴン同等の対象耐性・相手による破壊耐性を無条件で持ちます。あちらの方がATKが1000高いため、混沌龍の方が戦闘破壊されやすいとはいえ、それでも素の打点が3000あるので、トリシューラや深黒の落とし穴などの対象を取らない除去手段を用意しておかねば詰みかねない性能です。

攻守0のデバフ付き強制守備表示

こちらが追加効果で、”青眼の白龍を使用して儀式召喚された場合”に発動します。”リリース”ではなく”使用して”と記載されているのでカオス・フォームの墓地除外儀式でも問題なく発動します。

内容は混沌龍の攻撃宣言時に相手モンスター全ての表示形式を変更し、かつATK/DEFをゼロにするデバフを掛けます。さらに守備表示モンスターを攻撃した際に貫通ダメージを与え、戦闘破壊できれば確実に3000ライフを取ることが可能。

表示形式がどちらであっても貫通持ちならダイレクトアタック同等のダメージを与えることができ、カオスマックスドラゴンが並んでいるなら攻撃表示から守備表示に変わったモンスターを撃破すれば8000ダメージでデュエル終了です。相性面でも悪くありませんね。

守備力が存在しないリンクモンスターに対して発動することはできないため攻撃力をゼロにすることもできません。リンク環境であることを考えると、一発大逆転の効果にはなりにくいですね。

高等儀式術と竜の霊廟の比較

儀式青眼において青眼の白竜を墓地へ落とす手段は主にこの2択。それぞれのメリット・デメリットは

高等儀式術

カオスフォームで足りない場合に採用できる儀式魔法。デッキの青眼の白龍を落として1体目を儀式召喚。カオスフォームで墓地の白龍を除外して2体目を儀式召喚という流れを作ることが可能。反面、カオスマックスor混沌龍とセットで来てくれないと白龍を落とすことができず、手札でダブついたりしようものなら相当厳しい戦いを強いられる諸刃の剣。儀式モンスターのサーチなどデッキスロットを圧迫するので、採用枚数はよく考える必要がある。

竜の霊廟

ドラゴン族専用のおろ埋とも言えるカード。一般的な青眼なら採用されるが、高等儀式術により儀式ついでに墓地肥やしができるため、儀式軸では採用されにくい。カオスフォース主体で確実に落としたい場合は採用圏内。デッキ内の白龍が枯渇することが多いため、伝説の白石などデッキ内の白龍に効果を及ぼすカードの兼ね合いも構築段階でよく考える必要がある。

トレードイン・復活の福音の重要度

混沌龍もレベル8なので儀式青眼ではデッキ内の上級モンスターのほとんどがレベル8という状況。的が増えたのでトレードインは使いやすくなるでしょう。また復活の福音もカオスマックスに対するホープザライトニングの攻撃から守ることができましたが、それよりも戦闘破壊されやすい混沌龍を福音を落としておくだけでガードできますので、重要度は増したと言えるでしょう。

聖刻青眼に混沌龍をぶちこむ選択肢も

混沌龍の効果は戦闘に偏っており、相手モンスターの攻守を全てゼロにします。もともと攻撃表示で設置されているなら守備表示になってしまうため、貫通持ちがいないとダメージが通りません。

そこで青眼と相性のいい聖刻でサクッと出せるガイアドラグーン。こいつはランク5/6に重ねてエクシーズできるランク7ドラゴンで、貫通効果を持っています。効果を使用したアトゥムスに重ねて出すことが多く、混沌龍の攻撃と合わせて5600ライフを取ることができます。残りはアトゥムスで引っ張ってきたレダメで何かしらの青眼を特殊召喚すればワンキルです。

この場合は聖刻寄りの構築になると思われますが、聖刻と相性のいいディアボロスなどを採用することで終焉龍カオス・エンペラーを出しやすくできるなど、事故率も高いけど殺意の高い構築も可能となりそうですね。

関連記事

  1. 遊戯王

    【2018年1月改訂】セフィラの基本考察 -主要カードと展開・対策について-

    最新情報やレート増減についてまとめているサイトはめちゃくちゃ多いのです…

  2. 遊戯王

    【考察】鎖龍蛇-スカルデッド-全ての効果がインフェルニティと相性が良い!

    鎖龍蛇-スカルデッドリンク・効果モンスター リンク4/地属性/…

  3. 遊戯王

    【随時更新】不特定多数の墓地肥やしできるカード12選【遊戯王】

    テーマぐるみで墓地に落ちてなんぼのカード群がありますが、おろかな埋葬や…

  4. 遊戯王

    【考察】バーンテーマ!?新規”時械神”含む計15種類の効果と特徴を一挙紹介!…

    昨年のコレクターズパック2017に引き続いて、今年のコレクターズパック…

最新記事

ポータブルオーディオ

メンズアイテム

Archive

注目記事

  1. オーディオ全般

    【リケーブル】Effect Audio(エフェクトオーディオ) Leonidas…
  2. IRIVER

    IRIVER Astell&Kern主要プレイヤーの発売直後から現在に…
  3. BIT(OPUS)

    OPUS Audio OPUS#1Sの試聴レビュー -音質十分、SDスロット2基…
  4. Vision Ears

    カスタムIEM Vision Ears VE6XControl実機レビュー -…
  5. Vision Ears

    【実機レビュー】カスタムIEM Vision Ears VE5 ボーカル主体のリ…
PAGE TOP