【この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。】

私自身最近まで閃刀姫を使用していましたので、使われて辛いカード、ここで誘発打たれたらヤバいポイントっていうのがおおよそ分かりました。ピンポイントメタも含めて閃刀姫に有効なカードとプレイングについてまとめたいと思います。

手札誘発

ここら辺は言わずもがなですが、増Gうららうさぎの誘発三種の神器に加えてさくら(カガリ抜き)とヴェーラー(無限)がそこそこ効きます。

閃刀姫のポイントはビット(レイ)からカガリに繋げ、名称ターン1制限のないサーチと除去を1ターンの間に使いまわして相手の場を殲滅・かつ手札増強してくるため、墓地の閃刀魔法を回収するカガリを潰すことが第一。そういう意味では三種の神器よりもカガリをとめられるさくらとヴェーラーの方が閃刀姫対策として向いています。増Gは後攻ワンショット型の閃刀姫には何の対策にもなりませんが、こちらが後攻である場合であれば展開を止める重要な札になります。エンゲージへのうらら撃ちは無駄になりがち。シズクにも撃てますがエンドフェイズまでいってしまっているので妨害になりません。うさぎは撃ち所が少ないので閃刀姫の対策には向きませんね。基本カガリを封じる方向でいきたい。

他だとドロール&ロックバードは1枚目のサーチを通してしまいますが、それ以降のサーチを封印。エンゲージを一回通せれば十分な構築もあるので対策としては不十分かも。ヴェーラーに勝るポイントがない気がします。

誘発対策として投入される墓穴の指名者はレイに撃つこともできるので誘発対策のついでにレイ効果に強く出れるので非常にオススメ。

閃刀魔法の発動・効果を封印

ナチュル・ビースト

閃刀姫の天敵。素材に地属性を求めるレベル5シンクロ体。閃刀姫は展開にも除去にも魔法が絡みますので、その効果を制限なく止めるナチュビは非常に有効です。誘発で対策するよりも、ナチュビを立ててターンを回す方がよっぽど効きます。魔術師やサブテラーではサクッと出すことができるので、使用できるテーマは限られますが、閃刀姫側はこいつを処理する手段を用意しておきましょう。

魔法族の里

魔法使い族を多用するデッキであれば難なく採用できるフィールド魔法。閃刀姫は戦士族と機械族なので召喚獣を使用しないタイプであれば里一枚で半壊させることができます。ロックを解除するためにはまず魔法使い族をメインゾーンに出す必要があるため、今度は閃刀魔法の発動条件に引っかかります。

王宮の勅命

チェーンブロックを作らず魔法全般を無効にする永続罠。汎用的にどのデッキにも入れられますが制限カードのため、このカード1枚だけでは対策としては不十分。引ければ間違いなく強いので閃刀姫相手に採用しない理由はありません。

送りつけ

イヴリース

閃刀魔法のほとんどは発動条件に「自分のメインゾーンが空」という縛りがあります。よって展開スタート時点でモンスターを送りつけられてしまえば動くに動けなくなります。そこで送りつけに適しているのは夢幻崩壊イヴリース。トロイメアリンクを採用しているのであれば、マーメイドからリクルート可能、リンク2トロイメア→マーメイド→イヴリースという流れでリンクすれば実質的に異なるモンスター2体で展開可能。

問題は閃刀姫側もマーメイドを採用している場合で、その際はリンク素材を与えかつメインゾーンも空になるので、まさに悪夢。ナチュル・ビーストが効果を無効にするなら、こちらは物理的に発動自体させないので、「ロックが外れ発動できるようになった時」のことも考えるようにしましょう。

壊獣

こちらもイヴリースと役割は同じですが、閃刀姫に先行を与えた後、カガリなりシズクなり、もしくは一緒に並んでいる制圧効果持ちを壊獣でリリース、相手のメインゾーンにとどまってもらうことで閃刀魔法の発動を封印します。特にウィドウアンカーを発動できなくさせるのでそれだけでも採用する価値アリ。

ターンを回したらリンク素材にされてしまうので過信はできませんが、攻撃表示で壊獣を送ることでアークロードパラディオン、ヴァレルソードなどの超火力でライフを削りきるプランを取ることも可能。

遅延

魔封じの芳香

魔法カードを罠のように一度セットしてからでないと発動できなくする永続罠。実質的に無効にされているのと同じで、めちゃくちゃキツいです。ウィドウアンカーは速攻魔法なので普通に飛んできますが、羽根箒やツイツイなどで割る対象を増やしたり、機界騎士の特殊召喚条件を満足させたり、併用するカード次第では鬼のようなパワーカードになりえます。

炎舞-玉衝

セットされた相手の魔法罠を発動できなくする永続魔法です。魔封じでセットを強要して玉衝で封印というムーブをここぞの場面で出せたらかっこいいですよね。そうでなくともセットされたウィドウアンカーを防ぐことができますので、永続魔法で場に残ることも相まって機界騎士系のデッキに採用できないこともありません。

ピンポイントメタ

封魔の呪印

ミラーマッチに強くなれるカウンター。ハンド魔法1枚を切る必要がありますが、展開の要となるエンゲージやホーネットビットに当てることができればそのデュエル中はかなり優位に進めることができます。コストがキツいですが魔法の比重が多い閃刀姫で無理なく採用できるのは皮肉でしょうか。

手違い

お互いにサーチを禁じる永続罠。うららは一回限りですが、こちらは除去されない限り効果が持続します。閃刀姫のエンジンは何と言ってもエンゲージなので、これが使えなくなるだけでも拘束力は大きいと言えます。こちらもサーチできなくなるため、先行で可能な限りぶん回して、相手スタンバイフェイズで発動するのがよいでしょう。

対象耐性

閃刀姫の除去手段はジャミングウェーブの追加効果以外全て対象を取ります。よって素で耐性を持っているヴァレルロードや最上級戦艦Kozmoなどはかなり場持ちがよくなります。前者はともかく後者は専用デッキになりますが、今の環境的にアーティファクトが強いのでAFKozmoガチで組んだらそこそこイイところまでいけそうな気がするんですよね。とは言え油断したらジャミングウェーブが飛んでくるので、ここだけはマストで無効にしてやりましょう。

まとめ

基本的にどれか一種類でメタるよりも複合的に役割の異なるメタカードを組み合わせることで効力を発揮します。全てを採用することはできませんが、さくらでカガリ抜きと壊獣の送りつけだけでもかなり辛い場面が多かったので、魔法無効・サーチ無効に頼らずとも対策可能です。

次の制限改訂でどこまで規制してくるか読めませんが、現環境トップシェアを誇る閃刀姫は使う側も使われる側も意識しておかなければならないテーマですので、イイ案が思いついたら更新していきますね。

Twitterでフォローしよう