【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】

シンガポールのカスタムIEMメーカー、Jomo Audioから新作カスタムが4種類登場しました。今月東京で開催されるポタフェスで登場するとのことで、近々eイヤ各店舗にも試聴機が送られてくるものと思われます。

現行のSambaやFlamencoは引き続きオーダーでき、その下の6Rや6V2などのページが消えているため、思い切って刷新してきたなという印象です。eイヤホンではこれまで通りオーダーできますが、国内で新作が告知されたタイミングで入れ替わることになりそうですね。

それでは早速見ていきましょう。

Jazz

  • BA2基搭載、2Wayクロスオーバー
  • Cross Sync Uniphase(CSU)搭載
  • S$799(≒6万円代中盤)
  • Effect Audio AresⅡ付属

Salsa

  • BA4基搭載、4Wayクロスオーバー
  • Cross Sync Uniphase(CSU)搭載
  • S$1399(≒12万円強)
  • Effect Audio AresⅡ付属
  • ボーカル強調型のサウンド

Melange

  • いずれもハイブリッド型でDeux(デュー)とQuatre(キャトル)の2種類が存在
  • DeuxだとBA*1,DD*1の2Wayクロスオーバー、QuatreだとBA*3,DD*1の4Wayクロスオーバー
  • Cross Sync Uniphase(CSU)搭載
  • Airflow Control Unit(ACU)搭載
  • DeuxはS$999(9万強)、QuatreはS$1999(≒17万円強)
  • Effect Audio AresⅡ付属
  • Deuxはリラクシーな中低域、Quatreはスパーキーな高音が特徴

Tango

  • BA6基搭載、5Wayクロスオーバー
  • Cross Sync Uniphase(CSU)搭載
  • S$1999(≒17万円強)
  • Effect Audio AresⅡ付属
  • ステージモニター系のサウンド

特徴

どのモデルもCross Sync Uniphase(CSU)という新技術を搭載しています。これは各ドライバーの配置と音導管の長さを調整することで位相を整え全ドライバーの音を歪みなくシンクロさせる技術です。JH Audio freqphase テクノロジーみたいなものでしょうかね。何か特許面で引っかかったりしないか心配です。

Melangeに関してはCSUに加えてAirflow Control Unit(ACU)搭載しています。

これはシェルに埋め込まれたフィルターを交換することで音変えできるシステム。AKG N5005はノズル側でフィルタ交換していましたが、Melangeではシェル上部へ埋め込み式となっています。色によってサウンドが変化し

  • 黒:Balanced
  • 赤:Impact
  • 青:Energetic
  • 銀:Musical

このような特徴を持っているとのことです。1:1のハイブリッドですがお値段17万程になりそうで、かつDuexとQuatreの2つのモデルがあるため、国内では目玉として販売しそうな気がしますね。

付属ケーブルはこれまで同様Effect AudioのAresⅡが標準付属。フラグシップ級のFlamencoやSambaにも用いられています。これだけで2万円くらいしますし、取り回しも良好なので複数本所持したいケーブルです。新作カスタムの最廉価モデルJazzだと実質的に4万円くらいでBA2基が入手できると考えるとかなりお得な気がしますね。

【180707追記】

eイヤホンEST店にて7/7~8限定で試聴会が開催されています。

オーダーもポタフェスで告知されるとのことですが、この2日間ESTに限りオーダーを受け付けるとのことです。

 

Twitterでフォローしよう