【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】

Dreamはチタン筐体のシングルダイナミック型のハイエンドモデル。

昨年春に発売したものの、生産皇帝の都合で秋頃に完全生産終了してしまいました。数量限定で出すつもりはなかったものの、結果的に世界で500本程度(多くても600本)しか作ることができなかったので、イヤホンにしては珍しく中古でも定価同等以上のプレ値が付けられています。私もDreamは所持しておりますが、今でも欲しい人が沢山いるのも頷ける名機の一つと思っています。

そんなDreamが今回25本限定で復活。VanNuysとコラボして数量限定で復活することが決定しました。

新品はどこにも売っていないし、中古も新品より高いし、Dreamを諦めていた人にとっては朗報になるかもしれません。

標準との違いと入手方法をまとめておきますので、争奪戦に挑む方は予め準備しておくとよいでしょう。

無印との違い

基本的に使用されているドライバーや筐体素材、ケーブルプラグは共通。

相違点としては、本体カラーとケーブルに使用されている一部部材。

カラーは"ビンテージゴールド"。色々試作したようですが、無印のDreamを生産した後に加工処理が必要な特殊メッキを使用。音に影響しないスプリッターやケーブル中間の金属部分は新たに型を起こしチタン製ビンテージゴールドで統一されています。

さらにケーブル分岐前の金属部分には25th記念ロゴと"VanNuys"の文字が印字されています。個人的にはこの部分がイマイチで、カラー変更だけでよかったんじゃないの?って思ってしまいます。

無印版はこんな感じで本体はチタンブラック、ケーブルの金属部分もアルミのブラックです。

プラグ部分はオリジナルのブラックで変更なし。このパーツを変えると音質にも影響を及ぼすため触ることができなかったとのこと。

価格と発売日

販売数は25本限定。

価格は無印より10%程高い¥210,000(税込¥226,800)

違いはカラーのみでダサいロゴが入るおまけ付き。値上げするくらいなら無印をラストロットとして出してくれた方が良かったのではないかと思いますが、それでも欲しい人はごまんといるでしょうからすでに無印を持っている私は今回の争奪戦は外から眺めています。

発売日は具体的に記されておりませんが、予約受付のみなので店頭で売られるものではなさそうです。

予約開始日は11月24日(土) 19:00から、VanNuys Webショップのみです。メールや電話では予約不可なので注意。

受け取りは11月 or 12月のVannuys渋谷店の営業日とのこと。

下記のURLが公式の案内ですが、予約開始時間を過ぎたら有効になるバナーが組まれています。

http://www.vannuys.co.jp/official/vannuys_25th_dita_dream/

ここから購入することができますが、欲しい人が殺到して秒差で取った取れなかったとなる可能性が高いため

予めユーザー新規登録を済ませておき、カート投入後に即決済できるようにしておくとよいでしょう。

http://www.vannuys.co.jp/official/user_registration/

Twitterでフォローしよう