スポンサーリンク

【この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。】

趣味は色々あるのですが、常になにかしらのゲームを進めている私です。

現在進行形でどハマりしているのは"ポケモンUSUM"

ORAS時代はレート対戦もやっていたんですが(レート帯は最高でも1800前半という雑魚です)、第七世代も一度やってみたい、ということで昨年末からしこしことウルトラサンを進めていた次第です。

とりあえず対戦用の準伝をGTSを駆使してかき集めていたのですが、

USUMで新規導入されたウルトラホールで色違いポケモンが出やすいとの噂を聞きました。みかんゼリーのようなウツロイドと黒い衣装を纏ったフェローチェがどうしても欲しいので、自力でゲットできる可能性がそこそこあるならばとことんやってものめり込んでもいいなと。

そこで必要になるのは「ひかるおまもり」

これは持っているだけで色違いポケモンとの遭遇率を3倍に上げてくれる廃人御用達アイテムで、入手手段は図鑑の完成報酬です。

全ポケモンはいつの間にやら800匹を超しているのですが、今作USUMで捕獲できる400匹のみが対象です。難易度としては低めに設定されているものの、それでも4匹捕まえても1%しか進捗しないのでそこそこな労力ですね。

私も本腰を入れて図鑑埋め始めてから3日程度で完成に至ることができたので、図鑑埋めのコツをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

野生で入手できるポケモン

草むら、洞窟、水上などで遭遇できるポケモンは全てクイックボールで捕獲します。

クイックボールは捕獲率を5倍にする特殊なボールで、多くのポケモンは一発で捕まえることができますが、進化後で捕獲率が元々低く設定されているポケモンはクイックボールでも捕まえられないケースが多々有ります。

「みねうち」を覚えたポケモンを先頭に出しておくとボール数個の消費でゲットできる確度が高まります。

進化前ポケモンを捕まえてそのまま一緒に連れて図鑑埋めしているだけで勝手にレベルアップ進化してくれるので、基本的には高レベルみねうち要因1体+進化待ち5体という並びで捕獲に明け暮れるとよいでしょう。

仲間呼びにより進化後ポケモンも低確率ながら乱入してくるので余力があればビリリダマ連鎖をすると効率が上がります。

http://blog.game-de.com/pm-usum/usum_alola_pokedex/

こちらのサイトで設定されている乱入率3%くらいまでならそこそこ来てくれますが、ヤドキングやニョロトノのような1%程度しかないポケモンはオススメしません。

スポンサーリンク

ロム別ポケモン

モンメン/チェリネ、ワシボン/バルチャイのように、サン限定、ムーン限定に設定されたポケモンがいくつか存在します。

自力で両カセットを揃えるのも手ですが、図鑑を完成させる目的だけで別のカセット(サブロム)を入手するのは得策ではありません。

サブロムを買うのは

  • 準伝説を複数欲しい
  • 同時並行できるレートアカウントが欲しい
  • 国際孵化用に別言語カセットを用意しておきたい

などの要因があるならば別ですが、図鑑完成だけならGTSで十分賄えるので、モンメン⇆チェリネみたいな等価交換で出しておけば一晩も経たずに交換成立します。

スポンサーリンク

化石ポケモン

化石ポケモンもサン限定、ムーン限定で設定されています。

サン限定:オムナイト・アノプス・ズガイトス・プロトーガ・チゴラス

ムーン限定:カブト・リリーラ・タテトプス・アーケン・アマルス

これもGTSでオムナイト⇆カブト等それぞれ対応する化石ポケモンを設定しておけば容易に成立します。

ちなみに化石ポケモンの場合、オムスター⇆カブトプスのように進化後同士で交換することも推奨できます。進化前は孵化させることでレベル上げの手間を省けます。また自分のロムで入手できる化石ポケモンいずれかを5体(例えばオムナイト5体)孵化させて、オムナイトと別のロムでしか入手できない進化後化石ポケモンを交換してもらうのも成立しやすいです。

準伝説・伝説ポケモン

ロムごとに1体しか出てこないカプ系や数体しか出てこないウルトラビーストは自力で集めてもいいのですが、基本的に準伝説ポケモンはみんな時間を掛けて厳選すると思いますので図鑑埋めだけならばGTSで済ませられます。

交換レートの低いカミツルギやフェローチェなどを確保して、そこから芋づる式に図鑑の埋まっていないポケモンを連鎖させることが可能です。

私の場合、カミツルギ→フェローチェ→ズガドーン→アクジキング→テッカグヤ→ブルル→テテフ→レヒレ→コケコ→ルナアーラ→ソルガレオ→コスモッグと繋げることができました。

ブイズ

通常進化させるのがやや手間のかかるエーフィやブラッキー・ニンフィア等のブイズも連鎖交換させることが簡単です。

比較的進化させやすいシャワーズ 、ブースター、サンダース(みずのいし、ほのおのいし、かみなりのいしは購入可能)を進化させるのが面倒なブイズと交換してもらいましょう。これもどれか1体確保できれば、

シャワーズ→ブースター→サンダース→リーフィア→グレイシア→ブラッキー→エーフィ→ニンフィアと連鎖できます。

進化が面倒なポケモン

入手するのが面倒なポケモンを後回しにしているとだいたいこれらのポケモンが残ってくるかと思います。

  • ミロカロス
  • ブーバーン・エレキブル
  • ポリゴン2・ポリゴンZ
  • ハンテール・サクラビス(仲間呼び有、確率3%)
  • ヤドキング・ニョロトノ(仲間呼び有、確率1%、おうじゃのしるしはBP交換有)
  • グライオン、マニューラ(するどいきばが入手困難)
  • 通常の通信交換全般(フーディン、ゲンガーなど)
  • なつき進化全般(クロバット、ミミロップ、シルヴァディ等)
  • 石進化全般(フラージェス、チラチーノ、ユキメノコ、ピクシー、プクリン、シャンデラ、ムウマージなど)

「特定アイテムを持たせて通信交換」「入手個数が限られる石進化」

こいつらは過去作で所持していればポケバンク経由で連れてくることを推奨。

ですが、GTSで基本的になんとかなる範疇。連鎖交換も成立しやすいです。

相手方も同じことを考えているので、レベルアップによらない進化後ポケモンは交換レートが高いのが一般的です。

中でも入手しやすい石進化系統のポケモンから連鎖を始めるのが効率的で、ピクシー、プクリンあたりからスタートするとよいでしょう。

特定アイテムを所持する必要のない通信交換進化ポケモンは最終進化前のポケモン(ゴースト、ユンゲラーなど)を要求すると一度の交換で2体分図鑑が埋まるので効率的です。

レベル上げスポット

一通り野生ポケモンを集めたら今度はレベル上げ。

オススメスポットはポニの平野の通称ラッキー道場。低い木から低確率で出てきますが、副産物としてしあわせタマゴを奪い取れるチャンスでもあるので「どろぼう」「なげつける」「みねうち」を覚えたプレッシャーマニューラを連れていくのがオススメ。

GTSのエサ

ガンテツボール入のレート使用率の高いポケモンなどはそれなりに需要がありますが、同じように図鑑埋めをしたい人は世界中にごまんといるわけで、基本的に同ジャンルに属するポケモンであれば比較的交換は成立しやすいので、何か特定の交換用ポケモンを用意する必要は全くありません。

化石系だった自分の持っている化石ポケモン、ブイズだったら別のブイズというようにカテゴリーを合わせるのが早期の交換成立のポイントかと思います。

まとめ

GTSだけで全てを賄うにはあまりに時間が掛かるので、野生産で入手できるポケモンはクイックボール連打、入手困難なポケモンはGTSで連鎖交換を繰り返すのが非常に効率的でした。

私の場合、過去作から多少連れてきたことで150体前後からのスタートだったのですが、3日間(時間にして約20時間)で残り250引を回収できたので、図鑑埋めに困っている方は試してみて下さい。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう