スポンサーリンク

前回まとめた10万円以下の比較レビューが好評だったので、その続編として20万円以上のハイエンド帯モデルの比較レビューをまとめたいと思います。

ここ数年でユニバーサルモデルの価格高騰が叫ばれていますがカスタムIEMに関しては元々一品一様品のマニアックな製品だったこともあり大きなインフレは起きていないと思います。一部で30万以上、40万以上のモデルも存在しますがそれはごく僅かです。メーカーによっては10万円台でフラグシップをオーダーできるところも中には存在しますが、10~20万の価格帯がミドル〜ミドルハイ、20万以上がハイエンドって位置付けになると思っています。

カスタムIEMはメリットよりもデメリットの方が大きいと考えているので、ファーストオーダーの際は自身の使用用途に合っているか、不利点を享受できるか否かをよく考えると良いでしょう。

カスタムIEMをオーダーする上で「実際自分が欲しい音」と「予算」の兼ね合いが難しいところではありますが

  • 音<価格重視(最初の一台は様子見でエントリークラスから試そう)
  • 価格<音重視(どうせ安くても10万前後するんだから、高くても上の価格帯も検討しよう)

前者なら「カスタムIEMが身体に馴染む」→「やっぱり上のモデルの音が忘れられない」→ 「2本目をオーダー」

後者なら「これはこれで素晴らしい」→ 「別の傾向のハイエンドが欲しい」→ 「2本目をオーダー」

という流れで結局行き着く先は複数オーダーとなりがちです。ぶっちゃけ最初の一本目の判断材料は「好きな音」でも「予算の縛り」でもどっちでもいいので自身が優先したい方針を取ればよいかと思います。「やっぱりこっちを頼んでおけばよかった」とならぬよう事前の試聴比較は必須ですから、ご自身でよくメリットとデメリットを考えてみて下さい。

それではハイエンド帯のオススメモデルを紹介していきましょう!

(10~20万のミドルレンジ帯は紹介したいモデル数が多すぎるので後回しです笑)

スポンサーリンク

Vision Ears

VE6 XControl

かつてのフラグシップモデル"VE6XControl" トップ落ちしましたが全く色褪せず今尚オンリーワンの音を奏でるモデル。

スイッチを下げると低域を増強したVE6X1、スイッチを上げるとX1時と比べてフラットなVE6X2となります。ドライバー構成はいずれも

他のモデルにも共通して言えることですが、Vision Earsの音作りは硬質で解像度が極めて高いのが特徴。ボワつくことがなく、不要なところを極限まで削り取ったようなサウンドに私も病み付きになりました。

X1はX2の解像度をそのままに、ベース・バスドラを主とした低域を強調し、X2はX1と比べると低域量が減りますがその代わり楽器ごとの分離感が強まります。スイッチダウンで低域がブワッと増して、スイッチアップで全体を見通せるサウンドに変わります。

スイッチなしのモデルも当然用意されていますが、VE6X1/VE6X2それぞれの価格は¥210,000、

一方両者を切り替えられるVE6XCは¥266,000と差額は¥56,000。

値上がりしてしまったので少し前はそれぞれ1~2万程安かったのですが、どうせオーダーするならばスイッチモデルにする人が圧倒的に多いそうです。私は当初VE6X1の方が気に入っていたのですが、時間が経つにつれてVA6X2も好むようになったのでスイッチ付にして正解だったと思っています。

 VE8

VE8は現行のフラグシップモデル。
音質傾向的には一つ下のVE6XCとは似てもつかず、どちらかと言えばもう一つ下のVE5の系譜を受け継いだモデルです。極めてボーカルが近く、あらゆるアーティストの声をクッキリハッキリ届けてくれます。高域にドライバーを寄せていることもあって音像自体はVE6X2に次ぐレベルクリアー。Vision Earsにおいて解像感が高いのは当たり前ですが、音場が然程広くないので横に広がる生々しさはあまり感じません。音の分離感も強めでボーカルが近いだけなく、各パートのサウンドを明確に聴き分けられます。
反面VE6XCのようなキレのある低音は望めず、スピード感もVE6XCの方が優れています。ラインナップ上のグレードはVE8の方が上ですが方向性が全く異なるため、VE6XCユーザーの琴線に触れるかどうかはなんとも言えません。個人的には分離感は強い方が好みなのですが如何せんやりすぎ感が否めずVE8はオーダーには至りませんでした。純粋な解像感とスピード感で言えばVE6が上回っています。
価格は一気に上がって¥320,000。Vision Earsはドライバースペックに対する価格帯が他のメーカーと比べるとかなり割高な傾向にあります。30万の予算があれば9割以上のカスタムIEMを選べる状況にあるので、よ〜く試聴比較するとよいでしょう。

ちなみにVision Earsでは2本目以降をオーダーする際にファミリー割が適用されます。本国ドイツでも同様で、割引率としては10%程度なので微妙ですが頭に入れておくとよいでしょう。(セール適用で値上げ前と同じくらい)

ポタフェス特価等のセールと併用することはできず、むしろセールの方が安くなるケースがあるので、少しでも安くオーダーしたい方はポタフェスを待つのが最善です。

スポンサーリンク

ULTIMATE EARS

UE LIVE

世界最大のカスタムIEMメーカーULTIMATE EARS。価格帯も10万以下のエントリー帯から20万以上のフラグシップまで幅広く用意されており、ファーストオーダーにこのメーカーを選ぶ人も多いです。
"UE LIVE"はそんなULTIMATE EARSのフラグシップ機で、昨年春に出た最近のトレンドを組み込んだモデルです。
もともとプロユースを前提としているため、耐久に優れる独自のケーブル端子"IPXコネクションシステム"が採用されています。多くのメーカーがMMCXやカスタム2pinを採用しているためリケーブルの際の互換性がない点に注意。"IPXコネクションシステム"自体ケーブルメーカーのEstronとの共同開発で実現したもので従来の2pinやMMCXと比べて耐汗性、耐候性を兼ね備え、アーティストの厳しいライブ環境に耐え得ることができると謳われています。
音質面では低音のパンチ力は強めでモニター系IEMにしては珍しく、ベースの主張が激しく心地よい低域のうねりを感じさせてくれます。他に際立つ楽器はエレキとハイハット。ベース含めたこの3つのパートは存在感が前面に出てきて、ロック形態のサウンドは聴いていて最高にハイになれます。電子音楽も良いのですが、ズッシリした低域に高域にキレが加わるので音量に注意が必要です。
硬質感は抑えめで音の性質としてはウェット。みずみずしいサウンドで音粒の残影がはっきりします。音場はステージモニターを謳っているだけあって広め(後述するLegend Xと比べると劣りますが) 各パートの音がきめ細かくそれでいて迫力も兼ね備えており、その名の通りライブ音源を聴くにはもってこいのモデルです。
価格は¥279,800とカスタムIEMの中でも高額の部類ですが、ユニバーサルモデル"UE LIVE To Go"も併売されているので装着感がユニバーサルでも気にならない方はそちらをオススメします。
スポンサーリンク

EMPIRE EARS

LEGEND X

Empire Earsは米国アトランタに拠点を置くメーカー。とりわけ技術を採用する傾向にあり、カスタムIEM最大と14ドライバーを積んだ"ZEUS"(旧フラグシップ)やドライバーごとに帯域を指定することができるsynX crossover技術を盛り込んだハイブリッド型カスタムIEMは非常に人気が高くなっております。(ハイブリッド型自体は中国Unique Melodyが得意とするもので目新しさはありません)
Legend Xは現行のハイブリッド型モデルのフラグシップモデルでDD2基、BA5基の計7ドライバーを搭載しています。最大の特徴は圧巻の空間表現を有しており、カッチリしたモニターホンでは決して出すことのできないサウンドステージの広さが最大の特徴。10Wayクロスオーバーと細分化されているにも関わらず音のつながりに不自然な部分がありません。DD2基搭載されていることから低音の深い所もしっかり出ており心地が良いです。濃密ながらも質が伴っているのでやかましいと感じることが少なかったですが、低域控えめでとにかくクリアーな音像を求める方にはヒットしないかもしれません。
あらゆる楽器の情報量が多く、弦楽器の残響感が強めで余韻も残ります。個人的に音場の広さは重視しないのですが、ここまで横方向にも縦方向にも広く鳴らしてくれるヘッドホンのような聴き心地の良さがLegend Xのオンリーワンたるポイントでしょうか。
価格は¥272,000。つい最近までユニバーサルと同じく¥233,000だったのですが大きく値上がりしてしまいました。ユニバーサルモデルも存在しますが、あまりに人気が高いため慢性的な在庫不足に陥り、今後増産されるかどうかは未定の状況です。

Nemesis

NemerisはLegend Xの一つ下に位置するハイブリッドモデル。BAドライバーが2つ減り、DD2基-BA3基の計5ドライバーを搭載しています。
Legend Xと異なるポイントは低域の支配力が挙げられます。一音一音が重々しく、かつベースラインが前面に出てくるタイプです。土台を作るように中高域を支えるというより空間全体が低音主体の特徴的なサウンドとなっています。単純に量が多いわけではなく、靄がかかったような低音の曇りは感じません。ボーカルライン、高域サウンドの通り道だけ残してそれ以外はベースが空間全体をコントロールしているような印象を受けます。Legend Xも比較的低域強めのリスニングタイプのモデルですが、低域全体で曲を先導しつつも篭る部分が少ない珍しい音場を形成します。
解像感に関しては音粒がハッキリしており良好で、じっくり聴くと深いところ、高いところまでしっかり鳴らせていると感じました。楽器の分離感もほどよく、低域が支配している分ベースが曲全体をまとめ上げている感が強いです。ただし低域が曲全体をまとめ上げるようなチューニングとなっているので、ベース不在、ドラムが控えめな曲調は相性が悪いように思います。オールラウンドなのはLegend Xですが、低域寄りが好みであればNemesisも候補に入るでしょう。
価格は¥189,000。(若干20万を割っていますがLegend Xとまとめて紹介したかったので当記事に入れております)

JH AUDIO

ROXANNE

JH AUDIOはカスタムIEMの神様-Jerry Harvey-がUltimate Ears社を売却後、2009年に新たに設立した会社です。Jerry Harvey氏は自身が立上げたUltimate Ears社を離れ、自らが本当に作りたいモノを作り続ける為、JH Audioという新しい会社を設立しました。現在も新技術を追い求め新しい作品を作り続ける一方で、過去に手掛けて今も尚色褪せない名機もディスコンにせず残っています。
その一つが"ROXANNE"、Low*4-Mid*4-High*4の計12ドライバーを搭載したマルチBAモデル。JH Audio のサウンドクオリティを支える独自技術 "FreqPhaseテクノロジー"により各帯域の位相を正確に制御し、アーティストが伝えたい音を完璧に再現できる技術です。ユニバーサルモデルでも同じ技術が用いられていますが、鼓膜までの距離は個人差が大きく、装着感の良し悪しも音の捉え方に影響するため、JH Audioのモデルが合わないと感じる要因の多くはこの技術を享受できるか否かに掛かっています。
また独自開発したIEMケーブルは昔から4pin構造となっており、ケーブルの道中で低域可変ダイヤルが組まれています。ダイヤルを回すことで低域調整が可能となっており、これはROXANNEに限らず多くの他モデルと共通です。
私自身"ROXANNE"の実機を所持していないため音質面を細かく語ることはできませんが、昔からこのモデルはJH AUDIOの中でも特に評価が高く、続々と新製品が登場するカスタムIEM市場においても一歩先を行く完成された存在であると思っております。
ユニバーサルモデルでは初代がアクリルシェル、現行は金属シェルとなっており音質傾向が異なる上、先述した "FreqPhaseテクノロジー"の影響でカスタム版と音の捉え方がガラッと変わる傾向にあるようです。
価格は¥232,200。ポタフェスやヘッドホン祭で20万を切るラインまで安くなるのでオーダーするならそのタイミングがオススメ。また64Audioと同じく直販が可能なので、米ドルレートによっては国内でオーダーするより大幅に安く入手できます。直販だとJH CREWに入っておけば、2本目以降のオーダーは常時15%OFFになります。そのため1本目国内のセールで、2本目以降は直販というスタンスで買い物している方が多いです。

64 Audio

N8(ネイト)

64Audioは米国ワシントン州バンクーバーに本社を構えるカスタムIEMメーカー。価格帯としてはエントリーモデルはほとんどなく、20~30万のモデルが主体のハイブランドという位置付けです。世界で初めてイヤホンの筐体に「第二の鼓膜」と呼ばれる「専用モジュール」を搭載し、ミュージシャンの聴覚障害リスクを最小限に抑えることを目的としたカスタムIEMの開発をしました。(APEXテクノロジー)
また最近のモデルには"tiaテクノロジー"と呼ばれる技術も使用されているのも64Audioならではの特徴です。従来のイヤホン設計ではBAドライバーに音導管をつなぎこむことが前提にあり、音導管を通して音導孔から音を出すことが基本でした。"tiaテクノロジー"は、BAドライバーに音導管を使用することなくドライバーから発せられる音を直接、音導孔から放出し、鼓膜へ伝えることのできるチューブレス技術の一つです。音導管を使用しないメリットは多く、音導管内部で各ドライバーから発信された音が混ざったり、フィルターによる音が減衰することを無くすことができます。加えてtiaドライバーはBAドライバーの筐体一部を切り開くことでドライバー自体の共振を拝することができ、ドライバー本来の音を歪みなく耳へ届けることが可能となりました。
"N8"はベーシストであるNathan East氏のシグネチャーモデル。Low*1(DD)-Mid*6-Midhigh*1-tiaHigh*1の計9ドライバーを持つハイブリッド型です。ベーシストのシグネチャーモデルなので当然ベースの表現力が上手いのですが、それ以上に楽器の分解能とボーカルの艶やかさに驚きました。解像感が高いのは言うまでもなく、高域もスーッと伸びているのはtiaドライバーに拠るものと思います。
低域は音が放出された後の余韻が抑えめで、突き抜けていくチューニングが成されているという点でVE6X1にも通じます。あちらの方が全体的に乾いたサウンドでスピード感は段違いですが、低域の音質傾向はやや似ていると感じました。"N8"はピッキングでも指弾きでも後味の良いドスの聴いた低音が楽しめます。ピアノやオルガン、アコーディオンなどの鍵盤による低域は空間表現に直結する部分でもありますが、こちらの方がVE6X1より余韻に深みがあるのでバラードやジャズ調も心地よく聴かせてくれる良モデルです。
価格は¥240,700。ポタフェスやヘッドホン祭等のセールで4~5万程安くなる上、直販が可能なメーカーです。国内代理店を通さずオーダーできるのでGoogle翻訳レベルの英語のやり取りができれば直接オーダーを推奨します。

A12t

続いてBA12基を搭載した"A12t"。
tiaドライバー搭載、APEXテクノロジー採用と64Audioの有する技術が盛り込まれたマルチBAモデルです。イヤモニの出口となる音導孔の数はメーカーによって異なりますが、U12tでは大口径の孔を一つに絞るシングルボアを採用。音導孔自体がアコースティックチャンバーとなり、ドライバーの性能を引き出す設計となっています。
ドライバー構成としては"N8"の低域担当のDD*1基がBA*4基に置き換わったLow*4-Mid*6-Midhigh*1-tiaHigh*1という並び。中高域にドライバーが偏っていることもあり、中高域の解像感がズバ抜けています。Legend Xが支配感の強い低域と広すぎる音場を強みとするならば、こちらは中域の情報量と高域の伸びやかさに軍配が上がりますね。ボーカルも比較的近いのですが、A12tの場合あらゆる音を拾ってくれるので、全パート横並びで押し寄せてくる感覚です。全体的にシャキッとクリアに鳴らせるクール系で、それでいて楽器の繊細なタッチも表現できる万能型に仕上がっています。
分離感も比較的強めで、VE8程強烈ではない聴き疲れしないラインでまとめています。Apexモジュールの影響もあるでしょうが、ハイエンドの中では超高解像度で情報量が多すぎるにも関わらず、スッと鼓膜へ溶け込んでいく様は唯一無二の機種と言えるでしょう。
価格は¥263,800。ユニバーサルモデルも用意されておりそちらは型番がU12tとなります。カスタム版はアクリル、ユニバーサル版ではアルミニウム筐体なので材質違いによる音の変化は留意しておくとよいでしょう。

FitEar

MH335DWSR

FitEarは日本を代表するプロ向けカスタムIEMブランド。メーカー名は須山歯研で、金属床義歯を中心とした歯科技工が本業でした。歯科技工の精密技術を活かして他の医療機器分野(補聴器)に事業拡大し、後に補聴器用イヤーモールドからインイヤーモニターに技術応用してFitEarが生まれました。カスタムIEMの一般ユースが広まったことで新製品開発にも力を入れています。
FitEarもエントリーモデルからハイエンドまで多岐にラインナップされているので最初の一台にオススメされる傾向にあるのですが、私の場合は4本目のカスタムIEMに"MH335DWSR"を選びました。
"MH335DWSR"は"MH335DW"という低域寄りのモニター系IEMのスタジオリファレンス版で、価格だけで言えば上から2番目に位置するモデルです。
音質面ではスピーディに駆け抜けていく低域のソリッド感と中域のみずみずしさが上手く混在している点が挙げられます。ベースやドラム等の低音楽器を筆頭に各楽器パートとボーカルの距離感が絶妙で、低音主体イヤホンにありがちな音像が曇ったりする事象が皆無なのが優秀なポイントです。ボーカルだけではなく楽器全般を分析的に聴きたい、かと言ってボーカルが引っ込んでいるのも困ると言うなれば、MH335DWSRは非常にオススメできる逸品で、低域ドライバーの増加及びチタンボアによる高域改善でトータルバランスに関しては向かうところ敵なしと言ったところ。ボーカルの艶やかさで言えば一つ下のMH334系統の方が向いていますが、特定の音楽ジャンルを絞らず万能に使えるモデルを探しているならばMH335DW系統の方が向いているかと思います。
価格は¥244,000、SRでない通常のMH335DWは¥179,900です。違いは周波数レンジが拡大され、中低域解像度の向上を目的にネットワークを最適化し、高音担当ユニットサウンドポートのチタンチューブが用いられている点。音質面でも若干異なるので聴き比べてみて下さい。

Jomo Audio

Samba

Jomo Audioはシンガポール発のカスタムIEMメーカー。Jomoの由来はCEO-Joseph Mou-から。
当メーカーの現行フラグシップはBA11基を搭載し高域と低域をそれぞれ可変できるスイッチを2つ組まれた"Flamenco"、また本国では静電ドライバー、Dドライバー、BAドライバーを搭載したトリプルハイブリッドモデル"TRINITY"が発売されており日本では上陸待ちといった状況です。
SambaもかつてのフラグシップモデルでLow*2-Mid*2-High*4のBA8ドライバーを搭載。発売当時はアクリル筐体だったのですが、現行ではチタンチューブに切り替えたSambaIIが正式名称となっています。というのも当初ユニバーサルモデルには金属ステムが組み付けられており、カスタムモデルは金属を含まない通常のチューブだったため音質傾向がまるで別物でした。カスタム版もIEM出口に金属をつけることでユニバーサル版に音質傾向を近づけようとした経緯があります。
私が持っている実機版はチタンチューブでない初期Sambaのため現行モデルと若干傾向が異なる可能性が高いのですが、バラードなどゆったり目の曲調は凛とし綺麗目に、激しめなロックやクラブミュージックはパワフルに鳴らせます。公式ではモニター気質という紹介がなされていますが、全帯域を分析的に出力するタイプではなく、引くところは一歩引いて曲中の強調すべきポイントは強くメリハリがしっかりしたリスニング機と思います。Jomo Audioは全体的に高域が刺さる傾向にあるので向き不向きが明らかなメーカーなのですが、濃密なサウンドを求めるならば一度試聴してみて下さい。
価格は¥219,000。Jomo AudioもVision Earsと同じくeイヤホンが代理店です。そのためポタフェスで思い切った特価セールをすることがあるので安く入手するにはセールを狙うとよいでしょう。

参考記事

10万円以下のエントリーモデルのオススメはこちら。

10~20万のミドル〜ミドルハイモデルは数が多すぎるため選定中です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう