スポンサーリンク

【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】

昨年末のポタフェス以降、なかなか情報が出てこないOPUS#4についての情報をまとめます。

と言っても、参考出展されただけでほぼ決まっていない、というのが実情みたいで

  • AK4497チップをデュアル搭載
  • Android5.1.1ベース
  • 5インチという大画面
  • microSDスロット1基、内蔵容量は検討中
  • USBはB-miniを踏襲予定
  • バランス接続2.5mm搭載(他モデル同様)
  • 価格帯は未定だが20万以内に抑えられれば…
  • 発売時期も未定だが6月頃を目処に出せれば…

価格帯はヘッドホン祭時点でこれから検討していくとのことでしたが、かなり強引に聞き出した目安なのでもっと安くなる可能性があります。OPUSシリーズはモデルに刻まれた数字がそのままグレードに直結するものではなく、DACチップが異なるだけなので、大きければ高いというものではありません。競合を考えると20万超えにはならなさそうです。他メーカーのハイエンドモデルのクオリティが上がっているため、高値でふっかけたとしても#2みたいに後から何万も安くなる未来が視えます。

各社何らかの新プレイヤーを常に開発しているものと思いますが、現在判明しているDAPの中でそれなりに注目度の高そうなモデルは、OPUS#4の他にHiby "R6 Pro"とiBasso "DX220"くらいしかありません。

他メーカーがフラグシップ級を刷新、もしくは新規で投入してきた影響で、DAPの進化はここらで頭打ちな気がしますが、それでも新しいモデルが出ると気になってしまうのはオタクの性ですよねぇ笑

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう