【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】

先日から香港オーディオショウにて発表された新製品の中でめぼしいものをピックアップしていますが、日本のSONYもイヤホン、ヘッドホン、プレイヤーそれぞれ新機種を出すことが判明しました。

特にプレイヤーのDMP-Z1は見た目のインパクトと価格のぶっ飛び具合が話題になっており、前評判はどちらかと言えば最悪の状況。とりあえず現状分かっている情報をまとめるとともに、個人的にココはいかんでしょっていう部分に関して意見しましょう。

DMP-Z1のサイズ感

SONYが新開発した「キャリアブル」な音楽プレイヤー。ウォークマンでも据え置きでもなくキャリアブルと表現しているあたり、メーカーとしてもこの特大サイズをポータブルと言い切るに少し苦しいところでしょうか。

サイズはW138×H68×D279(mm)、重量は約2.5kgとギリギリ持ち運べなくはないが、これをポータブル用途で運用しようと思ったらカバン、もしくはバックパックの大部分をコイツに占拠されることになり、歩きながら使うことは絶望的でしょう。

ちなみに私が今使っているMac Book ProのサイズはW350×H15×D240(mm)、重量は1.8kgなのでサイズに対する重量感はどっこいどっこいでしょうか。無論ノーパソは薄いから持ち運べるわけで、これが厚み7cmもあったらとても持ち歩こうとは到底思えません。

スペック

WMシリーズで用いられたS Master HXというデジタル処理技術を生かしつつ、アナログアンプを新たに搭載。妥協のない音作りを追求した結果、これほどまでに巨大なサイズ感になってしまったとのこと。

  • アナログアンプにはTIの「TPA6120A2」を2基搭載。
  • ロータリーボリュームには、世界最高峰のALPSのRK501をDMP-Z1向けに独自カスタマイズ。
  • DACはAKMの「AK4497EQ」を左右独立で2基搭載。
  • 内部配線にはKIMBER KABLEを採用。
  • 4時間でフル充電可能、再生は9〜10時間程度可能。
  • 画面はウォークマン同様の800x480ピクセルでUIもウォークマンを踏襲。
  • 再生、停止などの物理ボタンも備えているが、ほとんどタッチパネルで動かせる。
  • フロントには4.4mmのバランスと3.5mmのアンバランスの2種類の出力端子を搭載。
  • 256GBの本体ストレージに加えて、microSDXCカードスロット2基搭載。
  • USB給電ではなくACアダプターを採用。
  • USB typeC端子も搭載しており、音源の転送のほかUSB-DACとしても活用できる。従来のSONYポートは廃止。

価格

香港で発表されたので価格表記は香港ドルで$61,880、$1=15円換算するとほぼ90万。

SONYは海外価格よりも日本価格の方が安く売り出す傾向にあるので、前回のWM1Zの価格を参考にすると、

WM1Z 発表価格3,300ユーロ(当時のレートで40万超え)だったのが日本では30万で発売となったのでその割引率は25%弱。

今回はその倍以上の発表価格のため同じようには考えることはできませんが、25%カットしたとして70万付近を定価として販売される可能性はなくはないかなって感じ。

製品としての魅力

ぶっちゃけDMP-Z1はキワモノすぎて全く魅力を感じません。ただただ高いだけの箱で据え置き用途と考えてもどのみちアンプを増設するならば行き着く先はPCオーディオか専用のネットワークを組むかのどちらかになりそうです。私としてはホームオーディオができる環境にないのでポータブルに全振りしているのですが、持ち運ぶならばHugo2のサイズ感・重量感が限界ですね。ただでさえAK380CP/SSのAMP込600g台でも相当重くて使い勝手が悪いのに、誰がこんな巨大な箱を買うのかと言いたくなります笑

音質面が良いのは当然としても、バッテリー持ち10時間、ストレージ256GBしか持たないのも納得できません。そんな図体して既存のフラグシップDAP同等のスペックってよく量産化にGO出したなって思います。

またタッチパネルもウォークマンを踏襲しているとのことですが、これだけ広い天板の中央部しか画面としての役割を果たしていなさそうなのもシュールです。TLで「黒い箱にウォークマン埋め込んだだけやんw」っていう声が聞かれましたが本当にその通りで、音質を追求するあまりそれ以外の部分を全て犠牲にしてしまったのでしょうか。

唯一褒められる点としてはSONYポートを撤廃してUSB Cを採用した点くらいでしょうか。ようやくクソみたいな独自規格を消す動きが見られたので、この部分は素直に褒めたい。WMシリーズの後継に反映されなかったら笑いますが。

ポタ市場が高騰したとは言ってもDAPは30万も出せば最上級、10万台でも90点出せるモデルが増えてきていますから、そんなご時世に使い勝手が最悪なポタ製品を投入しても数は売れないでしょう。信者の方が何人か買ってくれればそれでヨシな製品としか思えませんね。

Twitterでフォローしよう