【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】

10万超えの新製品はもれなくチェックしているのですが、

私の中で久しぶりにヒットしたのがUnique Melody "MAVERIVK II RE;"

ハイブリッド型で一本お買い上げするならコイツになる気がします。

ユニバーサルモデルはなんやかんだダイナミックに行き着くのでハイブリッドってこれまで避けてきたところがあるのですが、音フェスで一度試聴しただけで一聴き惚れしました。お値段によってはゲットしてしまうかも。

MAVERICKってこれだけで一つのシリーズにできるほど数が増えてきたので、これまでのモデルと何が違うのか簡単に比較したいと思います。

MAVERICKシリーズの歴史

MAVERICKはUnique Melodyを代表するモデルの一つではありますが、この名を冠するモデルは現状5種類存在します。

2014年10月、初登場した初代MAVERICK(¥124,400)

2016年10月に発売した200個限定、MAVERICK+(¥145,000)

2017年2月に発売したMAVERICK II(¥149,000)

2017年9月に発売したDignisコラボ MAVERICK II R(¥159,000)

そしてこれから発売しようとしているMAVERICK II RE;(¥??????)

MAVERICK→MAVERICK+の違いは色々ありますが

音導管が合金製に変更、低域用のDDが変更、中域用のBA*1基が変更、ベント孔が2つに増加、筐体形状も若干変更されており、チューニングを変えたというより仕様が完全に変わっているので音質傾向としてはガラッと異なります。

MAVERICK+→MAVERICK IIになると基本的な仕様は同等ですが、音場を狭くして高域のきらびやかさが増強しています。初代MAVERICKが好きな方だと合わないケースが多そうですね。

MAVERICK II→MAVERICK II Rは聴いたことがないので音については言及しませんが、Dignisケースが付属しただけ。

MAVERICK II Re;のスペック

MAVERICK II→MAVERICK II RE;の違いとしては付属ケーブルと筐体デザイン。Beat AudioがMAVERICK II Re;に合わせて専用設計した銀メッキ銅導体ケーブルが搭載されており、ケーブルによってS/Nが向上したことで、チューニングも再調整がなされているそうです。

ケーブルだけの違いかと思いきやドライバーもいじっているので、元となるMAVERICK IIと同じケーブルで聴き比べたらどうのような違いがあるか非常に気になりますね。

価格

完全なる予想ですが、20万に限りなく近い10万円代後半な気がします。

初代MAVERICKからMAVERICK+に変わった時はプラス2万円、現行のMAVERICK II がほぼ15万であることを考えると、5万相当のケーブルが付いて19万円代というのは考えられるラインです。

Beat Audioの汎用ケーブルで銀メッキ銅と言えばSilversonicがありますが、これはだいたい2万円代中盤。

MAVERICK II Re;向けの特注設計でSilversonicをベースに改良している可能性は十分考えられそうですね。

ちなみにMAVERICK IIより安くなる線は絶対にありえませんし、もしそうなったら一瞬で在庫が枯れるでしょう笑

発売日

7月のポタフェス時点では9月上旬予定、

MixWaveのホームページには9~10月予定、

先日の音フェスで質問したところ「現状未定」

とズルズル延びている感じがします笑

それでも遅くとも年内には発売しそうで、次の告知があるとすれば「来週発売します!」か「永遠にお蔵入り」かどちらかでしょう。非常に楽しみです。

【9月21日更新】発売日と価格決定

当サイトのTwitterアカウントを作りました。

更新情報を一早くお届けできるのと管理人もモチベーションアップのため、フォロー頂けると幸いです。

Twitterでフォローしよう