【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】

かねてより注目していたANDROMEDA Sがいよいよ発売となりました。

世界限定2000個、国内入荷400台とそれなり数が多いように思えますが、各ショップの在庫変動を眺めていると予約でなくなってしまったところも見受けられます。

半数しかなかったIcebergでさえ発売直後に枯渇しなかったんですから、その倍の数が用意されてるならしばらく待つと踏んでおりました。実際には「とりあえず予約しておこう勢」もそこそこ多そうで、今後どれほどキャンセルが出るか全く予想できません。

さてそんなANDROMEDA Sですが、私も狙いを定めていたので試聴の上買おうか買うまいか判断することにしていました。

営業の合間を縫って試聴に繰り出し、結果は「やっぱり欲しい!」ただ何かしらのANDROMEDAを所持していたらスルーしていたと思いますが、所持していないがゆえに物欲が最高潮に。

私が今日フジヤに行った時はギリギリ在庫(キャンセル分)があったのでその場で購入できましたが、フジヤ入荷分はもうダメもしれません。

散財の余韻を楽しみつつも開封は我慢!(流石に人目の付くオフィスでは厳しいですね笑)

これから飲み会なので(なぜ入れたのか)、開封は帰宅後になりますが、思った以上に通常版とは音質傾向が異なるものでしたので改めてレビューしたいと思います。

サラッとスタッフに聞いてきた情報をまとめると

・フジヤエービックでは予約で終了。

・来週月曜日まで取り置き期間が設けられておりその間にキャンセルが出れば順次解放。

・ヘッドホン祭当日、ごく少量だが特価会場に放流される(値引きなしと思われる)

・ファーストロットで400台全数が各販社に分配され二次入荷なし。

・海外で生きている分が追々入ってくる可能性はある。

転売野郎も一部混じっていそうではありますが、予約なしでギリギリ購入できたのは運が良かったのかもしれません。

それではまた明日、祭りにて!

Twitterでフォローしよう