【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】

だいぶ前にカスタム IEMをオーダーしたことを覚えていらっしゃいますでしょうか。

モデル名はFitEar MH335DWSR。最後まで64N8かLegend Xで悩みましたが、低域強めのモニター系カスタムIEMを所持していなかったので直前に試聴したこちらのモデルをチョイスしました。

オーダーしたのは9月の頭だったので3ヶ月半くらい掛かったことになりますが、最初に完成連絡を受けたのは10月中旬でした。納期的には1ヶ月半足らずなので早くもなく遅くもなくってところで標準的な納期でした。そのまま持ち帰ることができると思われましたが…

お店でフィッティング調整をしたところ、どうも左側が耐えられないくらいキツい。これが須山か…と我慢して使うのも考えてみましたが、5分ほどで痛みが出てきたのでギブアップ。

即リフィットに出すことにして、気になる部分を削ってもらった個体が上がってきたのが11月中旬。

経験上一回リフィットに投げれば解決したケースがほとんどだったので、天下の須山さんなら完璧に仕上げてくれる…と期待を込めて装着してみると、

今後はキツキツだった左側が緩々になってしまいました。

早く使いたいしキツいより緩い方がマシとしてそのまま受け取ってもよかったのですが、すでに一回リフィット出しているし満足のいくクオリティになるまで調整依頼した方が後腐れがないと考えて二回目のリフィットへ。

再び1ヶ月くらいのビルドタイムを経て、クリスマス前に受け取ることができました。肝心の装着感はこれまで私がオーダーしたカスタムIEMの中でも完璧なフィット感で、キツすぎず緩すぎず、それでいて遮音性も高く付けていて心地が良いです。

カスタムIEMオーダーでここまで長引いた経験がなかったので、一度リフィット地獄に堕ちると完成まで時間がかかるなぁと身に沁みて感じました。

音質については試聴機と大差なく、カナルに沿って内側から密着されている関係で低域が若干ふくよかになる程度の違いです。1ヶ月ほど使い込んでから実機レビューを書きたいと思いますが、取り急ぎ報告までに。

Twitterでフォローしよう