スポンサーリンク

先日ゼノブレイド2のサントラが発売されました。2000個限定のコアクリスタル型USBメモリがamazonのみ、かつゲリラ販売だったので完全に出遅れ、気づいた時には後の祭り… 転売対策としては良かったのかもしれませんが、定価2万に対してヤフオクなどでは8万前後とプレミアが付いています。さすがにそこまで出せないのでハイレゾ配信版をmoraでダウンロードしたんですが、やっぱ良いですね…(しみじみ)

ゼノブレイド2は前作と比較しても全く遜色ないクオリティで、BGMに関しては突出した名曲がある上に全体的に平均点が高く、この部分は間違いなく前作超えと思っています。プレイヤーによって好みが分かれるので一曲だけ選べというアンケートを取ったらバラバラになりそう。

今回はそんなゼノブレイド2のBGMをランキング化してみましょう。正直10曲では全然足りませんが、今作は戦闘曲よりもフィールド曲、イベント曲が非常に優秀。戦闘曲も良いけどフィールド/イベントが強すぎます。主観でしか選んでいませんので異論は認めますよ!

10位 それでも、前へ進め!

後半通常戦闘曲、ロック調のテンポの速い曲で聴く機会が非常に多いですね。前作の後半通常戦闘曲である"機の律動"を踏襲しています。

切り替わるタイミングは主人公が失意のどん底に堕とされ、味方女性陣営からボコボコにされ立ち直った直後から。プレイ済か未プレイかでこの曲をどう感じるかの良し悪しは大きく異なるかもしれません。私はプレイ済みですが、ストーリ上の重要曲でもないのでこの位置としました。

9位 死闘イーラ

本作の敵組織"イーラ"幹部との戦闘曲です。戦闘機会はそれほど多くはありませんが、4話あたりまでで何度か登場します。一言で言うなれば和ロック。和風要素は龍笛しかありませんが、それに加えてエレキ、ベース、ドラム、ヴァイオリンと何でもアリです。

8位 ルクスリア王国(昼)

雪ステージのルクスリア、昼間に流れるフィールド曲。とにかくフィールドとの親和性がずば抜けていて、コーラスが絶望感を醸し出してくれます。ゼノブレイド2は全体的にフィールド曲が秀逸な一作ですが、中でもルクスリア(昼)と後述するスペルビア(昼)の2曲が突出している印象。平原エリアのグーラ領や森エリアのインフィディア、島エリアのリベラリタス、悪名高いダンジョン"エルピス霊洞"なんかもかなり評価は高めです。

7位 絶望と希望、そして

ラスボス曲です。アイオーンに搭乗したメツとの一戦。ボールメイカーがいたのであっさり倒せてしまいましたが、チェインアタック封印などの縛りを入れると結構強敵だったり。

イントロはそれほどでもなくて、1分15秒〜あたりのリズムが変わる部分が素晴らしい!メツの演説も相まって思い出補正の高い一曲です。

6位 Incomming!

主に味方陣営に関わるボス曲です。メレフ戦、サクラ戦、ジーク(3戦目)で流れますね。

個人的にはジーク3戦目の印象が強く、おちゃらけムードなジークのテーマ(雷轟!アルティメット!)の1~2戦目とは打って変わって本気モードなんだと思わせてくれます。メレフ戦後には貯水タンクを破壊、サクラ戦はハナJKが覚醒するので、プレイヤーによっては誰の印象が強いかは変わるかもしれませんね。

5位 スペルビア帝国(昼)-赤土を駆け抜けて-

ここから5強は外すことができなく、順位に悩みました。全部良いのでランキングなど最早無意味!

まずは荒野エリアのスベルビア帝国のテーマ、フィールド曲の中では群を抜いています。この曲だけタイトルが付いているが作成陣の力の入れっぷりが伺えます。帝国と言うと作品によっては悪の象徴のようなイメージがありダークな曲調が似合うのですが、今作では味方陣営かつ世界を牛耳っているわけではなくこのエリアで展開が大きく変わるぞ!と思われてくれますね。

 

4位 One Last You

ここから先はイベント曲です。個人的にRPGにおける歌詞入り挿入歌が高い順位に食い込んでくることは少ないのですが、今作でその常識をぶち壊してくれました。スタッフロールまで見入ったゲームなんて久しぶりすぎます。最後ハナが駆け寄るシーンがズル過ぎてもう涙腺が決壊してしまいます!

3位 Drifting soul

直訳すると「さまよう魂」といったところ。歌詞入りと歌詞なしのヴァイオリン.verの2種類が存在、歌詞なしは7話ニアが吹っ切れるシーン、歌詞入りは最終話のイベントで流れます。個人的にはニアの歌詞なしの印象が濃いのですが、歌詞入りも後からじっくり聴いてみるとJen Bird氏のどこまでも伸びる歌声が頭に残るスルメ系で世界観にマッチしている名曲です。Jen Bird氏を見つけてきた運営に感謝!

Jen Bird氏のホームページはこちら→http://www.jenniferbirdmusic.com/

2位 Counterattack

ゼノブレイド2を代表する屈指の名曲で実質ランクがトップであろう一曲。多分これが一番良いと言う人は多いはず。

各種イベントシーンで流れますが、どれもこれもサビの持っていき方が上手いですね。3分48秒あたりから転調するのもgood!特に印象に残っているシーンはホムラが目覚め古代船上でメツと戦う場面、ヒカリのお目覚め、カフェオレちゃん降臨といずれも天の聖杯絡み。味方陣営が覚醒して敵陣を蹂躙するのはどストレートな定番の流れですが、だがそれが良い!

1位 君との未来

個人的に一番推したい曲がコチラ!作中2回流れますが、1回目はモルスの地でメツ&シン戦の途中イベント時。超絶展開でありえねーだろというツッコミはなしで、レックスの大胆な告白(?)からホムラが眠りから目覚め、さらに覚醒する前途となる一曲。ここからCounterattackにつながるのが作中トップレベルで激アツ展開。歌詞なしDrifting soulも7話で流れるので、この回は本当に神掛かっています。

2回目はエンディングでラスボスを倒した後、ホムラが自己犠牲で皆を世界樹から脱出させようとする際に流れます。1回目がレックスからホムラ&ヒカリへ想いを伝えたのに対して、2回目はホムラ&ヒカリからレックスへ想いを巡らせる対比構造になっているのが素晴らしく、徐々にリズムが強くなる曲調が作品にマッチしていますね。

 

スポンサーリンク