【この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。】

100人いたら99人が気になりそうなCampfire AudioのカスタムIEMの進捗が判明致しました。

https://campfireaudio.com/shop/equinox/

その名もEquinox。意味合い的には彼岸の中日とのことで秋分、春分の中間となんとも概念的な名称となっております。

個人的にはこれまでが宇宙に関する名称だったのでそのままBetaでも分かりやすかったものと思いますが

メーカーとしての意思が込められていると思いますので、今後登場するモデルのモチーフになるものが若干変わるのかもしれませんね。

お値段は$1499。現地価格では絶賛大好評のANDROMEDAが$1099、最新のATLASが$1299ですので、Campfireaのイヤホンとしてはかなり高額の部類。

ATLASの国内価格が¥165,000ということを考えるとドルベースで165,000/1299≒¥128

$1499でぶち込むならば日本価格はおおよそ$1499×¥128=¥192,000

20万には収まりそうなものではありますが、代理店的に初のカスタムですからどう転ぶか全く想定できませんね。

Twitterでフォローしよう