【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】

AZLAの新作がポタフェス2019冬で登場しました。

その名もORTA(オルタ)。ポタフェスに向けてメーカーからデモ機が突然送られてきた様子で代理店としても発売時期や価格など練る間もなく出展せざるを得なかったとのこと。

仕様は前作HORIZONと同じくシングルダイナミック。ドライバー径もHORIZONと同等。

筐体形状は初代AZLAよりコンパクトになっており装着感が大きく改善されています。

個人的にはHORIZON>ORTA>>>>>AZLA(MkII含)って感じ。それくらい初代のフィッティングが合わなかったので形状を見直してくれたのはポイントが高いです。

AZLA製品には自社開発しているSednaEarFitが付属しているのですが、今作はカサの部分を改良したSednaEarFit Lightが付いてくるとのこと。硬度をより柔らかくして耳内部への負担を減らした設計となっており、サイズはL/ML/M/MS/S/SSの6サイズが各1セットずつ付属する予定。フィッティングは標準型ほどシビアではないと思われるので多少大きくてもつけ心地は悪くないんじゃないかと思います。またSednaEarFit Lightも単体での販売を予定しておりこちらも楽しみです。

試聴DAPは無印AK380。中高域は粗さがあるが、エレキやベースラインのグイグイ引っ張る感が好みでした。ボーカルが前面に浮き出るような曲によっては違和感を感じるチューニングなので好みは大きく分かれると思います。解像感はそれほど高くはないものの、ノリ良く聴けるタイプのサウンドだったので私としてはなかなか好みでした。

参考出展レベルなので次回登場する頃にはチューニングが変わっている可能性もあります。

発売時期は早ければ2019年1月中にはアナウンスできるとのことで遅くても年度内には出てきそうな印象。

価格帯も未定ですが、HORIZONと変わらないか若干上がる程度(3~4万の間と想定)

昨年の初登場時と比較すると今回のAZLAブースはこじんまりとした感じでしたが、徐々にブラッシュアップされていると思いますので今後も応援していきたいです。

Twitterでフォローしよう