【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】

中国のオーディオブランドiBasso Audio、日本ではヒビノインターナショナルが代理店を務めていましたが、2016年に登場したDX80を境にパタリと動きがなく、実質的に代理店不在の状況が続いていました。その後発売となったDX200が大好評で、どうしても欲しいカスタマーは直接輸入せざるを得なかったのですが、この7月に大阪の「MUSIN」という会社が代理店業務を務めることとなり、Twitterでも公式アカウントが誕生しています。

ホームページはhttp://www.heylisten.jp/html/company.html

ちょっと企業のホームページとしてはかなり頼りないというか一抹の不安がよぎるのですが、やる気のない有名な代理店に居座られるよりも積極的に活動してくれる無名の代理店の方がコンシューマーにとってはプラスなので是非とも頑張って頂きたいところです。ヒビノインターナショナルも未だにiBassoのページを残しているので代理店として存続しているようですが、代理店同士のバトルになってMUSINが撤退してしまわぬよう注視しておくべきでしょう。

さて今回紹介するのはDX200。MUSINはまだバタバタしているので未だにDX200は平行輸入せざるを得ない状況が続いていますし、これまで個人輸入されたDX200やDX150のサポートをどうするかも決めている最中でしょう。

AMPモジュールによる高い拡張性と単純に価格に対する音質の良さが人気の要因なのですが、個人的には買うなれば試聴したいというのが本音です。現状持っている人に聴かせてもらうしかないのですが、この値段なら試してみてもいいかな〜と思える特価品が出てきたので紹介します。

シンガポールのMusic Sanctuaryでは定期的にデモ機を特価で放出しているのですが

https://music-sanctuary.com/collections/music-sanctuary-special-deals/products/ex-demo-ibasso-dx200

や、安い!DX200のEX DEMOがS$650と通常の半額以下になっています。

シンガポールドルのレートは2018年8月時点で80円前後なので、円換算すると送料込みでも6万弱。

普通に平行輸入しても10万くらいするので4万円ほどカットして手に入る計算です。

まぁデモ機なのでこんなもんなのしょうが、普通に中古品として手放したとしても損はしなさそうです笑

DX200はバッテリーの消耗が激しいという不具合をよく聴くので結論がはっきりするまでは静観するつもりですが、誰か欲しい人お買い上げしてみてもいいんじゃないでしょうか。おそらく1台限定なので早いもの勝ちですよ!

【20180813更新】

本日見てみたらSOLD OUTになっていました… なくなるの早すぎィ!

ライバルが世界中に存在するので思い立ったが買い時ということで、保留するのはダメですね笑

Twitterでフォローしよう