【この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。】

Jomo Audioの新作モデル"Trinity"のプレオーダーがスタート。

https://www.jomoaudio.com/products/trinity-universal-iem

こちらのモデルは先日上海で開催されたCanJamで展示されたもので日本ではまだ試聴機会のないモデルです。

Jomo Audioの新フラグシップに位置する新モデルで、最大の特徴は静電ドライバー、ダイナミックドライバー、BAドライバーの3種のドライバーを搭載している点。三位一体を意味するTrinityの名前はここからきているそうです。

構成としては静電ドライバー2基、ダイナミックドライバー1基、BAドライバー4基の計7基。

周波数特性は20Hz〜80000Hz、インピーダンスは30Ω。

ノズル部分の材質はステンレスか真鍮か選択可能。

価格はS$3,799=約¥315,000と当たり前のように30万を突破してきました笑

ファーストロットは12月、セカンドロットは1月、生産数は不明ですがそんなに多くはないでしょうね。

構成が面白いので一度聴いてみたいところですが、到底手の出せない価格なので日本に入ってくるのを待つばかり。

Twitterでフォローしよう