【この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。】

カイルアタウンとは

カイルアタウンはオアフ東部に位置する閑散とした街ですが、近年この周辺のグルメとすぐ近くのカイルアビーチの美しさからアメリカで一、二を争う景勝地としてランクインしている人気スポットです。

カイルアタウンへのアクセスはワイキキ中心部から車でFree Wayを利用して30分程度。ライン61のパリ・ハイウェイで一直線です。

ここへ行く前日に私達が挙式したアロハ・ケ・アクアチャペルはカイルアタウンから10分ほど北上したところ(カハルウ池周辺)にありますが、とにかくこの辺りは自然豊かで人通りも少なく都会の雑踏から離れるには絶好の場所と言えますね。

ホールフーズマーケット

言ってしまえば現地のスーパーマーケットなんですが、全米に400店舗展開する超巨大オーガニック系高級スーパーチェーンです。スーパーとしての規模はそこそこ大型で、土産物を現地価格でまとめて調達することもできます。

コストコほど業務用に特化しておらず、あくまで日常の食卓向き。高級の部類なので日本でいう成城石井を10まわりくらいボリュームをアップしたような印象であると言えば分かりやすいでしょうか。

ホールってのはWhole、つまりクジラですね。クジラのように大きく盛り沢山な食料品がずらりと並んでいるので、ついつい買いすぎてしまうことも。ナッツ類はこちらで何百g単位で購入しておくと、割高な土産物屋で買うよりはコストを抑えられます。

参考までにホームページリンクを貼り付けておきます。英語表記ですがどのような品物があるか写真付きでアップされているので参考になりますよ。

https://www.wholefoodsmarket.com/stores/kailua

ファットボーイズ

カイルアタウンで人気のガーリックチキンのレストランです。

時間帯によって混雑率が変わりますので、開店直後か14時以降に行くと空いている可能性大!

一番人気のガーリックチキンプレートは、ガーリックと言いつつも全くガーリック感なしな甘目のソース。ジューシーな衣がザクッとしてて、とても美味しかったです。少し冷めてもザックリ感は損なわれなかったのでジャンキーな私はテイクアウトしたいくらいでした。

価格は標準サイズで$9.5(¥1,000ちょい)、miniサイズで$7.5(¥800ちょい)。なかなかボリュームがあるので小食の女性はminiでもいいかも。

もっと詳細なメニューはファットボーイズ・レストラングループのHPにてご確認ください。

Fatboy’s

カリフォルニア・ピッツァキッチン

イタリアンもございます。全米で人気のピザレストラン、"カリフォルニア・ピッツァキッチン"。昼からビールを飲める幸せってもんですよ。

屋外のテラス席と空調の効いたダイニングルームの2種類が選べます。晴れているなら外でも十分涼しいのでそちらがオススメ!

 

ピザ2枚とハーフサラダで$40ほどでした。一人1000円くらいの計算!写真で見るとサラダめちゃくちゃでかいんですけど、これがアメリカンのハーフサイズ。日本人4人ならハーフで十分。間違っても通常サイズを頼んじゃいけませんよ〜 メニューなどはホームページを見てくださいね〜

https://www.cpk.com/

ブーツ&キモズ

カイルアならではと言えば、ハワイアン料理で有名なブーツ&キモズではないでしょうか。これ狙いでカイルアタウンを訪れたのに定休日だった!ちくしょう!行く人は営業時間を事前に確認してね。

料理のラインナップはハワイっぽさ満載のプレートとボリューム満点のパンケーキやエッグベネディクト等様々です。店内で食べるなら事前予約必須、場合によっては並ばずに入店できることもありますが、予約しておいたほうが確実です。テイクアウトでオーダーすることもでき、こちらであれば予約なしでもすんなりメシにありつけることもあります。

ここは日本かと思うくらい日本人が多く、午前中からお昼時にかけてはツアー団体も押し寄せるので、時間に余裕を持って訪れると良いでしょう。時間が余れば、付近の雑貨屋を巡っても面白いですよ〜

予約はこちらのホームページからコンタクトしてみましょう!

https://www.bootsnkimos.com/

カイルアタウンからカイルアビーチへのアクセス

徒歩で行くには少し距離がありますが、ビーチへ行くこともできます。徒歩で行く場合もレンタサイクルで行く場合も同様ですので、せっかくなのでビーチにも行ってみるとよいでしょう。

全体マップ

カイルアタウン中心部のショッピングセンター(もしくは斜め向かいのファットボーイズ)を起点として、カイルアロード沿いを歩いていくだけなんですが、注意点としては一つだけ。

「最初に現れた分岐を左に曲がること」

これだけです!

私は曲がらずにまっすぐ行ってしまったが故に30分も運河周辺でうろつくことになってしまいました(笑)

青いラインが私が通った道です。このあたりまで来てしまうと民家だらけで通り抜けできる道もありません。

どうしたものか途方に暮れていると、

親切なおっちゃんが「Hey!ビーチへ行きたいのかい?それならうちの庭を通るとショートカットできるぜハハハ」と手招き。

ありがたく素敵なお庭を通らせてもらい、

本来道のないところからカイルアビーチにたどり着いたのでした。とはいえ…

めっちゃ天気悪い笑

往路も小雨気味だったのですが、この後大雨に見舞われずぶ濡れになりながら帰路につきました。

このような悪天候にもかかわらず何名かはマリンスポーツを楽しんでおり、私も参加したかった!

次来るときは水上スキーやパラセールでもやってみたいと思います。

そんな形で基本的に迷わないと思いますが、ビーチへ行くにはカイルアロードをずっとまっすぐ!途中の分岐路を左に曲がるだけ、と覚えておくだけですんなりたどり着けます。

詳しくはこちらにまとめました。

天候について

上記の海の様子をみると天気がめちゃくちゃ悪いのですが、そもそもオアフ島のイーストエリアは山間部なので天気が崩れやすいのです。雨季も完全に終わっていないこともありますが、「山の天気は崩れやすい」ことはどこでも同じです。よってワイキキでは滅多にないスコールに見舞われる可能性もありますので、レインウェアや折り畳み傘を持参しておくと役に立ちます。というかカイルアタウンに行くなら雨が降る前提で行った方がいいかもしれません。

まとめ

食べ物も美味しく、ビーチも楽しめるカイルアタウン。私の場合はメシがメインでしたが、マリンスポーツも含めるなら丸一日カイルアタウン周辺で過ごすことができます。

ワイキキは人が多すぎる、もっと静かなところへ行きたいという方に非常にオススメできる観光地でした。

Twitterでフォローしよう