【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】

10月5日〜7日に行われたRMAF2018(Rocky Mountain Audio Fest2018)で色々と情報が出てきております。

JH Audioのユニバーサルのパフォーマンスシリーズが刷新されることが判明しました。

以前から新モデルがあると噂されておりましたが、これまでのRoxanneやLaylaがマイナーチェンジされることに。

動画で告知されているのはRoxanneとJH13v2Proの2モデルが新旧比較されておりまして、これがなかなか分かりやすかったので共有させて頂きます。

動画の中では、代表としてRoxanneが引き合いに出されておりました。

RoxanneとBA12基を搭載した多ドラモデルの代表とも言えるモデルで、ONE OK ROCKのメンバー全員がRoxanneのカスタムを使用していたことは有名ですよね。(現在進行形で変わっていないかどうかは知りませんが)

今回刷新されたのは筐体の形状が見直されており、新旧並べてみるとこんな感じ。

左が新型、右が現行。ちょっと分かりにくいのでもう一枚。

ぱっと見ノズル部分が短くなっており、カナルのカーブがキツい方、耳孔自体が小さい方でもフィット感の改善が期待できそうです。若干遠近法が掛かっているっぽく奥に向いて角度が付いただけっぽいのが気になりますが、現行モデルで装着感がイマイチだとしても新型は試してみる価値ありと言えるでしょう!

カスタム、ユニバともに用意されており、ユニバーサルモデルではアクリル筐体を用いたものと金属筐体に変更されたものが存在します。これはLayraなど他の多ドラモデルにも共通して言えることで、ドライバー数が多い=筐体サイズが大きくなりがちであることは変わりませんでした。

私もユニバモデルは耳に合わないのでイマイチJH Audioの真価が理解できていないんだろうなぁと思いつつ、これまで購入することはなかったのですが、今回リニューアルされたシリーズは「もしかしてイケるのでは?」と余計な物欲が湧いてきそうで戦々恐々。これまでフィット感が悪くて敬遠していたのに、それが解決してしまったら買わざるを得ませんやんって笑

正式モデル名、価格、発売日などの情報はアップされていなかったので発売するのは年明け以降になるか…?

JH Audioはモデルチェンジすると旧モデルが投げ売りされるので(今でも特価になるとそこそこ安いですが)

装着感に難がない方は現行を狙うのも一考かと思います。私もそういう選択肢を持てる耳型であってほしかった…!

動画の中ではJH Audio以外のメーカーも紹介されているので、興味のある方は早送りででも見てみると面白いと思いますよ。

Twitterでフォローしよう