【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】

ラコタハウスで取り扱っているオールデン、ここ数年の価格上昇っぷりをみると売る気があるのか疑わしくなります。

本当に適正価格なのか、2018年初頭現在で海外から直販できるショップを片っ端から見ていきましょう。

非常に数が多いので小分けにチェックしていますが、今回は残りの店舗を全て見ていきます。

第一弾、第二弾は下記から飛べます。気になる店舗名があったら確認してみて下さい。

 

またラコタハウス価格は下記のようになっていますのでご参考までに。

  • 1339 1340 チャッカ/バリー ¥140,400
  • 54321 Vチップ/モディファイド ¥133,920
  • 990 9901 プレーントゥ/バリー ¥136,080

Alden Shoes of Camel

オールデンシューズオブキャメルはアメリカのショップ。日本への直送は今はできないがメールでの相談で解決することも多い。

HP上で取り扱いのラスト、カラーのリストが見づらいが左列 からオーダーフォーム、コンタクトメールに飛ぶことができる。

Context Clothing

アメリカウィスコンシン州の総合衣料ショップ"コンテクストクロウジング"。

価格もまずまずで相談する価値ありでしょうか。

Leffot

アメリカニューヨークとシカゴに店を構えている革靴ショップ。

特徴としては中古靴も取り扱っている点か。状態の把握が難しいが激安だったら試してみてもいいかな。

サイトを見ていたらAldenよりもEDWARD GREENの公式リジェクト品が安くてビックリ。

$900くらいでCHELSEAやBERKLEYが手にできるチャンスがあるかも…

Pelle Line

アメリカニュージャージー州のショップ"ペレライン"です。Pelleは皮革の意。

サイトを漁っていたらチャッカブーツ1340が「Free Shipping&No Tax」の赤文字…!

この価格で無税なら国内で購入するのが阿呆らしくなるほどのアドですよね。

D-Eウィズしかないのが気になりますが押さえておきたいショップです。

その他

Haberdash

→サイト自体消滅、昔は買えたらしい。

North River Outfitter

→スパムが鬱陶しい上に、ケア用品しかない。問い合わせれば在庫はあるだろうが。

Alden for J.crew

→香港のショップ。サイトが重すぎて論外

Renners Boots&Shoes

→アメリカカンザス州のショップ。サイトリニューアル中。

Circle7

→昔はAldenを扱っていたが今はなし。

Need Supply Co.

→同上。

 

海外のマイナーショップも含め購入できそうなショップを片っ端からを覗いてみました。

価格帯はほとんどのお店で$700〜800台、円換算しても8万円台というのがほとんどで国内正規店の割高さが際立ちます。

革製品の輸入は関税が20%掛かるのですが、それ込みでも10万いかないし、リジェクト品ならもっと安い。

マイサイズを認識している方が国内品を選ぶ必要性は皆無だと思います。

が、ラコタハウスで買うメリットはないわけではありません。

常連になってカスタマーリストに載ることができれば、数年に一度開催されるファミリーセールの招待権を得ることができます。どれだけお買い上げすれば招待されるかは不明。企業秘密。

まぁクソ高い正規品を何足か買わなきゃならない時点でセール品の割引分を先払いしているようなもんですし、何足か入手したいなら普段から自分で輸入するのがトータル的に割安なんですけどね。

私は実際に輸入したことのある店はサンフランシスコしかなく(しかも数年前です)、今現在で普通に買えるかどうかも含めてチェックしてみたいと思います。その際に使えそうなショップを一挙まとめるつもりですのでもうしばしお待ち下さい。

 

 

Twitterでフォローしよう