【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】

https://time-lover.com/2018/01/14/iriver-ak380cupper-failure/

年末に購入したAK380 Cupperの不具合ですが、曲/アーティスト名情報の不一致はともかく音源データを入れられないのは少々厄介です。

(内容については前回記事を確認願います。)

色々試してみて根本的解決はできていませんが、とりあえずはなんとかなりました。

RippingフォルダとRipping2フォルダの二つ(フォルダ名は適当)に分けて転送したら全音源を移動させることには成功。

AKはフォルダ管理しているので、この中のフォルダツリーはアーティスト→アルバム→曲となります。

しかしながらこのアプリ内でのファイル移動ができないのとすでに立てられているフォルダに音源を入れることができないので

追加で音源を入れようと思ったらRipping3(仮)というように追加でフォルダを立てなければなりません。

音源を入れるたびにフォルダが増殖していくのは非常に管理しづらく、どう運用していくのが正解か悩んでおります。

IRIVER関連会社が運営しているGlooversで直接本体に取り込むにしても、本体の脆さから音源もろとも消滅する可能性すらあるのでPCを介さない音源投入は信頼できません 。どの道HDDに移動させるので本体直入れってメリットじゃないんですよね。

MicroSDだけで完結させるならSDカードを抜いて内部フォルダに数曲パパッと入れてってこともできるんでしょうが、頻繁にSDカードを抜き差ししなければならないのはダルいし本体内蔵256GBを無駄にしてしまうし、、

今後のテーマは全ての音源はネット上から購入しているので数曲単位で所定のアーティストフォルダに格納することで試行錯誤してみます。

Twitterでフォローしよう